11/18のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2882】手荒(てあ)れ:三冬の生活季語「手足荒る」の傍題で、「指荒れ」「肌荒れ」などの形でも用いられる。空気の乾燥する冬は肌の潤いが失われ、かさついた状態になりやすい。◆ヘルパーの手荒れ労り夫(つま)託す(細川玲子) #jhaiku #kigo
11-18 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/17のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2881:別記】本題からは芭蕉の「旅人と我が名呼ばれん初しぐれ」「初しぐれ猿も小蓑をほしげなり」などの名吟が浮かんでくるが、あえて王朝時代を独壇場とする蕪村句を選んだ。それを思わせる人物をズームアップ風に捉えた画家の目を感じさせる一句。 #jhaiku #kigo
11-17 05:01

【今日の季語2881】初時雨(はつしぐれ):その年に初めて降る通り雨をいう初冬の天文季語。「時雨」は単独でも同季の扱いを受けるが、「初」字にはついに冬がやってきたという感慨が籠もる。◆初しぐれ眉に烏帽子の雫かな(蕪村) #jhaiku #kigo
11-17 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/16のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2880】滝涸(か)る:三冬の地理季語「水涸る」の傍題の一つで「涸滝(かれだき)」の名詞形でも。水源地の氷結などによって滝の水量が乏しくなったり、落下が止まったりした姿をいう。◆倒木に獣の匂ひ滝涸るる(加藤寒曠) #jhaiku #kigo
11-16 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/15のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2879:別記】「ちり鍋」の呼称は、熱湯に入れた魚肉がちりちりとちぢれるところから出たものとされ、当初は単に「ちり」と呼ばれた。これに「鍋」を付けるようになったのは、魚肉を蒸した「ちり蒸」と区別したことによるか。 #jhaiku #kigo
11-15 05:01

【今日の季語2879】鱈(たら)ちり:三冬の生活季語「ちり鍋」の個別傍題の一つ。漁期を迎える新鮮なタラの肉をぶつ切りにして豆腐や野菜を入れて食する。この時季の代表的な家庭料理の一つ。◆鱈ちりや波の浮寝の酔に入り(上田五千石) #jhaiku #kigo
11-15 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/14のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2878:別記②】例句の「星…三つ」は同季の天文季語「オリオン」の異名傍題にあたる「三つ星」を指す。これに組型や髪形に用いる「三つ編み」を効かせて「枯枝に編み込む」とした措辞の繊細な面白さ。 #jhaiku #kigo
11-14 05:02

【今日の季語2878:別記①】「枯枝」は「目を細むあまり枯枝の細かさに(松本たかし)」に見るように「かれえ」の読みに従うこともある。《枝》を指す古語にはエダに先行する古形エがあり、カレエはこれを用いたものである。 #jhaiku #kigo
11-14 05:01

【今日の季語2878】枯枝(かれえだ):三冬の植物季語で「裸木」「枯木立」などと並ぶ「枯木(かれき)」の傍題。葉を落として枯れたように見える枝ばかりでなく、枯死して地に落ちた枝をいうのにも用いる。◆枯枝に編み込む星やいつも三つ(対馬康子) #jhaiku #kigo
11-14 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/13のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2877:別記③】古辞書『和名類聚抄』<934頃>飲食部「未醤」の項には「高麗醤」に「美蘇(みそ)」の和訓が見え、これを古代朝鮮語「蜜祖」から出たものと解する新井白石などの説がある。これに従えば「味噌」はこの別字表記にあたると考えられる。 #jhaiku #kigo
11-13 05:30

【今日の季語2877:別記②】「未醤(ミシャウ)」の拗音シャウが和様化したとすればサウの形が期待され、これがソに転じたと見るところに無理がある。一方『日本三代実録』<901>にはすでに現行の「味噌」の表記が見えるところから、漢語「未醤」とは別に作られた和製漢語の可能性もある。 #jhaiku #kigo
11-13 05:25

【今日の季語2877:別記①】古文献には「未醤(=未ダ醤ナラザルモノ)」の字を当てた例が見られ、古形は「醤(ひしお)」に近い食品であったらしい。ミソの呼称はこの音読形から生まれたとも考えられるもののなお疑いが残る。 #jhaiku #kigo
11-13 05:01

【今日の季語2877】味噌仕込(みそしこ)む:三冬の生活季語「味噌搗(みそつき)」の傍題で「味噌造る」などとも。収穫した大豆をよく煮た後それを搗き、麹・塩を加えて熟成させる。翌年秋には食べ頃になる。◆老いてより夫婦気の合ふ味噌仕込み(古賀まり子) #jhaiku #kigo
11-13 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/12のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2876】冬浜(ふゆはま):三冬の地理季語で「冬の浜」「冬渚」などとも。季を表す語を冠した「浜」の季語は各季にあり、それぞれの時季に応じて趣を変える。冬のそれは寂寞とした景色が相応しい。◆冬浜や浪に途切れし轍(わだち)あと(松本たかし) #jhaiku #kigo
11-12 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/11のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2875:別記④】しかし上掲の付合にも見るように、この成語は古くからハラヅツミの形でも用いられていた。これは連濁の通則に従ってツヅミの初拍を濁音化させたものの、濁音連続忌避の意識が働いて二拍目の濁音を清音に替えたものと解される。 #jhaiku #kigo
11-11 05:15

【今日の季語2875:別記③】コヅツミ(小包)におけるヅは、二語が熟合する際に生じる"連濁"によるものであるが、ツヅミ(鼓)のように二拍目に濁音が来る語ではそれが妨げられて、ハラツヅミのツのように清音形を保つのが通例である。 #jhaiku #kigo
11-11 05:11

【今日の季語2875:別記②】俳諧集『新撰犬筑波集』<1532頃>に「下手猿楽に似たる化け物 拍子にも合はぬ狸のはらづつみ」の付合があるところから、これがタヌキのしぐさとされるようになったのは中世以降のことと見られる。 #jhaiku #kigo
11-11 05:02

【今日の季語2875:別記①】タヌキが月夜などに鼓の音を真似て打つことをいう成語「腹鼓(はらつづみ)」は、古くは庶民が善政によって食に満ちた腹を打ち鳴らすことを言う中国の故事「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」の意に用いられた。 #jhaiku #kigo
11-11 05:01

【今日の季語2875】狸(たぬき):三冬の生類季語。キツネと同じイヌ科の動物で山野に生息するが、都市部に姿を見せることも珍しくない。童謡やお伽噺などで親しまれるようになるのは後世のことで、かつては「狐狸妖怪」として恐れられた。◆風落ちて狸穴より夜となれり(安達実生子) #jhaiku #kigo
11-11 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/10のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2874】冬日(ふゆび):三冬の季語で「冬日向」「冬日差」などとも。別題の「冬の日」が《冬の一日》の意の時候季語であるのに対してこちらは冬の太陽や陽射しを指す天文季語として用いられる。◆金色を冬日はぐくみゐたりけり(松崎鉄之介) #jhaiku #kigo
11-10 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/09のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2873:別記】この夜着の名は『御湯殿上日記』天正一六年<1588>の記事に見えるところから、この頃には存在していたことが知られる。「かい」は「かき(掻)」から変化した強意の接頭語で、実質的な意味は「寝巻」に類例を見る「まき(巻)」にある。 #jhaiku #kigo
11-09 05:01

【今日の季語2873】掻巻(かいまき):三冬の生活季語「夜着」の傍題の一つ。袖のついた綿入れ寝具。掛布団として用いたり、「どてら」のように袖を通して室内で着用することもできる。◆掻巻やざぶんざぶんと湖の波(川崎展宏) #jhaiku #kigo
11-09 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/08のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2872:別記】この季材は、その枯衰の姿を冬に相応しいものとして当季に配されたものであろうが、実際は季を問わず存在するので他季に併用されることも珍しくない。#jhaiku #kigo
11-08 05:01

【今日の季語2872】朽葉(くちば):三冬の植物季語。同季別題の「枯葉」や「落葉」が年月を経て朽ち果てたものをいう。地上ばかりでなく水底に堆積したものについて用いることもある。◆山の井に色よきままの朽葉かな(素外) #jhaiku #kigo
11-08 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/07のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2871:別記】旧暦の朔日(ついたち)の語源が《新たな月になる》意の「ツキ(月)タチ(立)」にあることからも知られるように、動詞「立つ」は四季を表す語を冠してその始まりをいうのに用いられる。 #jhaiku #kigo
11-07 05:01

【今日の季語2871】冬立(ふゆた)つ:二十四節気季語の一つ「立冬」の訓読形傍題で「冬来(ふゆきた)る」「今朝の冬」などとも。別題「木枯し」が吹き始めて季節は次第に冬の様相を呈する。◆爪剪れば冬立つ窓へ光り飛ぶ(鈴木真砂女) #jhaiku #kigo
11-07 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/06のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2870】紫雲英蒔(げんげま)く:晩秋の生活季語。「蓮華草」の別名もあるこの植物は、刈入れの終わった田の緑肥としてこの時季に蒔かれ、仲春の田園に美しい春の彩りを添えてきた。◆紫雲英蒔く川原に所番地なし(阪本坂水) #jhaiku #kigo
11-06 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/05のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2869:別記】例句はこの鳥の縞模様がミズナラの樹の模様に溶け込んでいて、鳥の動きによってその所在を知った、その軽い驚きを樹の縞が動いたと言い留めたところが句眼。 #jhaiku #kigo
11-05 05:01

【今日の季語2869】小啄木鳥(こげら):三秋の鳥類季語「啄木鳥」の個別名傍題の一つ。キツツキ科の中ではもっとも小さいところから古称「けら」に「こ(小)」を冠してこう呼ばれ、樹木の多い都市部にも姿を見せる。◆水楢の縞の動きて小啄木鳥をり(堀口星眠) #jhaiku #kigo
11-05 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/04のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2868:別記】例句が吹きガラス製作の場景を詠んだことは一読して明らか。いまだ形を成さぬ段階にあるガラス塊を、《生まれぬ前》をいう仏教語「未生(みしょう)」を用いて「火玉」に繋いだ、その思い切りの良い運辞が季語と響き合って効果的。 #jhaiku #kigo
11-04 05:01

【今日の季語2868】秋気澄(しゅうきす)む:三秋の時候季語「秋気」の傍題。「澄む」は別題「秋澄む」の他、「空・水・山・物の音」と結んで用いられすべて秋に属する。この動詞の秋季との親和性を示すものである。◆ガラスまだ未生の火玉秋気澄む(いのうえかつこ) #jhaiku #kigo
11-04 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/03のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2867】夜学(やがく):三秋の生活季語。傍題の「夜学生」「夜学校」が示すようにかつては昼間働く人の学ぶ場を指すことが多かったが、秋灯下にひとり勉学や読書に励む意に用いることもできる。◆ややありて遠き夜学の灯も消えぬ(谷野予志) #jhaiku #kigo
11-03 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/02のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2866:別記】中世の連歌論書『至宝抄』<1585>では、冬の「時雨」に対して、秋の具材の一つ「露」を結んで当季に転じたものとされており、当時はこのような解釈もあったことを示している。 #jhaiku #kigo
11-02 05:01

【今日の季語2866】露時雨(つゆしぐれ):晩秋の天文季語。露が一面に降りて時雨が降ったようになる状態にも、草木の葉などに溜まった露の滴るさまが時雨の降るようであることを表すにも用いられる。◆石仏の目より零るる露しぐれ(齋藤幸子) #jhaiku #kigo
11-02 05:00

とびぃ
一般
0 0

11/01のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2865:別記②】これに用いる「玉章」の漢字表記は書簡の美称にあたる漢語で、これを類同の機能を有する和語タマヅサの熟字表記としたもの。これが植物名に転じてもその点はそのまま継承された。 #jhaiku #kigo
11-01 05:02

【今日の季語2865:別記①】この呼び名は《手紙》の美称にあたる古語タマアヅサ(玉梓)の短略形タマヅサから出たもので、カラスウリの種の形状が恋文などの結び文の形を思わせるところからこの雅称が生まれた。 #jhaiku #kigo
11-01 05:01

【今日の季語2865】玉章(たまずさ):晩秋の植物季語「烏瓜」の傍題。本来はカラスウリの種の呼称であったのが、転じて本体そのものを指すようになった。◆玉章の一つ残りし赤さかな(田中 章) #jhaiku #kigo
11-01 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/31のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2864:別記】「仏掌」の熟字表記は、このイモの断面が仏像の手のひらの形に似ているところから生まれたもの。貝原益軒の編んだ『大和本草』<1709>に「仏掌薯(ツクネイモ)」とあるのが早い例で、この頃に案出された和製の漢字表記と見られる。 #jhaiku #kigo
10-31 05:01

【今日の季語2864】仏掌薯(つくねいも):三秋の植物季語。ヤマノイモ科の一種でナガイモなどと同じ栽培種。粘りが強く摺り下ろして「捏(つく)ね」料理に用いるところからこの名で呼ばれる。◆瀬音聞く初瀬の宿のつくねいも(木村雅子) #jhaiku #kigo
10-31 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/30のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2863:別記】「小寒」を音読すれば晩冬の二十四節気季語になるが、和語形「こさむ」を用いた季語は本語以外には存在しない。五拍語である点も句の上下に収まりがよい。 #jhaiku #kigo
10-30 05:01

【今日の季語2863】秋小寒(あきこさむ):晩秋の時候季語「秋寒(あきさむ)」の傍題。冬の寒さほどではないものの、衣類がもう一枚欲しいほどの寒さをいう。◆秋小寒耳に憑(つ)きたる水の音(星野麥丘人) #jhaiku #kigo
10-30 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/29のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2862】野の色(ののいろ):晩秋の地理季語「野山の色」から分出した傍題でもう一方の「山の色」に対する季語。紅葉に彩られた野の美しさを「色」というのみに留めた。◆胸中に犀を遊ばす野の色に(小口 斌) #jhaiku #kigo
10-29 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/28のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2861:別記】《鶴》を指すタヅとツルはすでに奈良時代から両立しており、前者は専ら歌語として用いられた。万葉集には「鶴」字を用いた例はあるが、それは鳥自体を指すものではなく、その字訓を借りて助動詞「つる」を表す万葉仮名とした用字法にあたる。 #jhaiku #kigo
10-28 05:01

【今日の季語2861】田鶴渡(たずわた)る:晩秋の鳥類季語「鶴来(つるきた)る」の傍題で「鶴渡る」とも。この時季になると北国で繁殖を終えたナベヅルやマナヅルなど多種に及ぶ鶴が越冬のために日本南部地域に飛来する。◆朝空は鏡のごとし田鶴わたる(大橋桜坡子) #jhaiku #kigo
10-28 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/27のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2860:別記】本季語を仲秋に配する歳時記もあるが、一方の「松茸」「茸」は晩秋とされていることと整合しないので、こちらも同じ扱いをするのが順当であろう。 #jhaiku #kigo
10-27 05:01

【今日の季語2860】松茸飯(まつたけめし):晩秋の生活季語。松茸を醤油などで味付けして炊き込んだご飯。傍題には他の茸を用いた「茸飯(きのこめし)」もあり、高価な松茸よりもこちらの方が口に入りやすい。◆秋もはや松茸飯のなごりかな(正岡子規) #jhaiku #kigo
10-27 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/26のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2859:別記②】この動詞は「ソバ(稜)タツ(立)」の意に解することができる。ソバには《鋭く角張ったもの》の意があり、類義語のソビエル(聳)や、実が尖った形をしているところからその名が出たソバムギ>ソバ(蕎麦)と源を同じくする。 #jhaiku #kigo
10-26 05:02

【今日の季語2859:別記①】例句の「峙(そばだ)つ」には、《鋭くそびえ立つ》の意とともに《しっかりと立つ》の意も備わる。本句ではあえて「低く」と形容しているところから見て、燈台に対峙(たいじ)する霧笛の存在感を表す後者の意に用いたものであろう。 #jhaiku #kigo
10-26 05:01

【今日の季語2859】霧笛(むてき):傍題も含めてこれを立項する歳時記は見当たらないが、三秋の天文季語「霧」の例句の中にこれを用いた吟が散見するのであえて採り上げた。「霧」から派生した生活季語として扱うのが相応しい。◆燈台に低く霧笛は峙てり(高浜虚子) #jhaiku #kigo
10-26 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/25のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2858:別記】例句の「せせらぐ」は浅瀬などを水が音を立てて流れるさまを表す動詞で、そのような流れをいう「せせらぎ」はその連用形から派生した名詞。古くは終拍が清音のセセラキで、中世には二拍目が濁音のセゼラキの形も用いられた。 #jhaiku #kigo
10-25 05:01

【今日の季語2858】新豆腐(しんとうふ):晩秋の生活季語。その年に収穫した、同季別題「新大豆」で造られた豆腐。水の良い土地で製したものはことのほか滋味に富む。◆新豆腐せせらぐ水に沈めあり(長谷川櫂) #jhaiku #kigo
10-25 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/24のツイートまとめ
twryossy

きっこさんのツイートからこんな川柳が浮かんできました。 臭いもの憲法論議で蓋をする     宗海 https://t.co/YGqVB64Lni
10-24 07:39

臭いもの憲法論議で蓋をする     宗海 #nowar575
10-24 07:29

【今日の季語2857:別記】蕪村例句の「行く人」は《旅人》の意に用いる漢語「行人(こうじん)」の和語形に相当する。本句が芭蕉句「此道(このみち)や行人(ゆくひと)なしに秋の暮」を踏まえた吟であることは改めて言うまでもあるまい。 #jhaiku #kigo
10-24 05:09

【今日の季語2857】秋の暮(あきのくれ):三秋の時候季語。傍題の「秋の夕暮」「秋の夕」が示すように本季語は秋の夕暮れをいうのが本意で、秋の終わりを表すには晩秋の時候季語「暮の秋」を用いる。◆門を出れば我も行く人秋のくれ(蕪村) #jhaiku #kigo
10-24 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/23のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2856:別記】例句には単独では三冬の季語となる「冷たし」も用いられているが、ここでは季語としての働きはないと見るべきであろう。音訳漢語「護謨(ゴム)」には往時の水枕を彷彿させるものがあり、それを病床に持ち込んだ作者の姿が浮かんでくる。 #jhaiku #kigo
10-23 05:01

【今日の季語2856】霜降(そうこう):二十四節気の一つ。前節の「寒露」から半月が過ぎて秋の大気中の露が霜となり、毎年この頃に初霜を見る。今日から晩秋後半に。◆抱き入れし護謨の冷たし霜降に(長谷川かな女) #jhaiku #kigo
10-23 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/22のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2855:別記④】これは改めて言うまでもないことだが、「夜の秋」と使えば、夜の涼しさが秋を感じさせる晩夏の季語になる。「半」字の有無が夏秋を隔てる役割を果たしているところに季語の微妙さが窺われる。 #jhaiku #kigo
10-22 05:35

【今日の季語2855:別記③】ヨハもまたこれと同じ理由で後拍にハを従える形を取ったものであろう。そのハに「半」の頭字音への類推が働いた結果「夜半」なる和様の表記が生まれたものと推測される。ちなみに漢語では「夜半」ではなく「半夜」の形を用いる。 #jhaiku #kigo
10-22 05:24

【今日の季語2855:別記②】《昼夜》の対立は基本的にはヒ(日)とヨ(夜)にあり、両者が一拍語であることから生じる不安定性を回避するために、同じ接尾辞のルを添える形でヒルとヨルの二拍語が生まれたと考えられる。 #jhaiku #kigo
10-22 05:21

【今日の季語2855:別記①】「よわ」の原形にあたる古語ヨハの漢字表記は、平安期頃までは単に「夜」が用いられ、これに「夜半」を当てるようになるのは中世以降。この事実は、ヨハは本来ヨル(夜)と同義であったことを示すものである。 #jhaiku #kigo
10-22 05:20

【今日の季語2855】夜半の秋(よわのあき):三秋の時候傍題「秋の夜(よ)」の傍題。「夜半の」を季名に冠した季語は他の三季にもそれぞれあるが、別題に「夜長」があることからも秋がこれにもっとも似合わしい。◆甲賀衆のしのびの賭や夜半の秋(蕪村) #jhaiku #kigo
10-22 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/21のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2854:別記】これと類同の手法は別題「枯野の露」にも見られる。歳時記には立項されていないが「枯野の虫」と用いることはできる。三冬の「枯薄」に対する「枯野の薄」もあり得るか。 #jhaiku #kigo
10-21 05:01

【今日の季語2854】枯野の色(かれののいろ):単独では三冬となる「枯野」に僅かに残る秋の「色」を添えて晩秋の野辺の場景に転じた地理季語。「末枯野(うらがれの)」などの傍題も。◆もう枯野の色ともちがふ雨の後(能村登四郎) #jhaiku #kigo
10-21 05:00

とびぃ
一般
0 0

10/20のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2853:別記②】本題「火恋し」は、「火」を[ヒィ]と延ばす地域ではこれを5拍の連語とするのに対して、「火」を1拍に発音する地域では「火の恋し」のように助詞を入れて扱う傾向がある。「炉」を語頭に置いた本傍題ではその問題が解消されている。 #jhaiku #kigo
10-20 05:02

【今日の季語2853:別記①】「炉火」単独では三冬の季語「炉」の傍題にあたる。かつては囲炉裏を中心とする農家の生活に欠かせないものであったが今日では僅かに茶事にその跡を留める存在となった。 本季語にはそのような炉端の火を懐かしむ想いも籠もる。 #jhaiku #kigo
10-20 05:01

【今日の季語2853】炉火恋(ろびこい)し:晩秋の生活季語「火恋し」の傍題の一つで「炭火恋し」「火鉢欲し」などとも。秋が深まって肌寒さを覚えると、そろそろ暖を取る火が欲しくなる、その気持を表した季語。◆ひのくにの歌をひとふし炉火恋し(坂本依誌子) #jhaiku #kigo
10-20 05:00

とびぃ
一般
0 0

| HOME | next