芽柳
DSCF1387a.jpg
*東京・三鷹 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R (2014.03.17撮影)

今日の画像は、いつもの自転車散行コースの途中、野川公園自然観察センター近くの野川左岸で撮ったもの。一昨日のツイッター季語「芽柳」にちなんで掲載しました。

その記事にあるように、「柳」は単独では晩春の季語になりますが、「柳の芽」とその傍題「芽柳」はそれに先立つ仲春の季語とされ、枝垂れた細枝に萌黄色の新芽が芽吹いたみずみずしさを表すところにこの季語の本意があります。

冬の間は色彩に乏しかったこの河岸もこのところようやく木々の芽が吹き出して春の気配を見せ始めています。芽柳はその先がけの役割を務めているようです。


03/20のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。気温の低下にお気を付けて週央の良い一日を! #kigo
03-20 05:35

【今日の季語1543】春嶺(しゅんれい):「春の山」の漢語傍題。本題や別題「山笑ふ」が柔らかな山姿を思わせるのに対してこちらには残雪を留めて連なる高山のイメージがある。◆春嶺を重ねて四万といふ名あり(富安風生) #jhaiku #kigo
03-20 05:00

とびぃ
季語
0 0

青栗
DSCF8362a.jpg *東京・国分寺 FUJIFILM X-E1 + KERN-MACRO-SWITAR 50mm F1.8 (2013.07.30撮影)

に関する季語には、仲夏の「栗の花」、晩秋の「」とその傍題「毬栗(いがぐり)・落栗虚栗(みなしぐり)」などを含めて少なからぬものがありますが、画像に見るような「青栗」は含まれていません。また「青」の文字を冠する果実の季語には、仲夏の「青梅」や、晩夏の「青柿青林檎青葡萄青胡桃」などがあり、この点から見ても「青栗」が季語に含まれていないことには違和感を覚えます。

「青栗」を詠んだ句がまったくないわけではありません。

 地に落ちて柿栗青し土用東風  西島麦南

本句は晩夏の季語「土用東風」を本題とするもので、「柿青し(青柿)」はその陰に隠れてはいるもののこれと同季の季語であることに照らせば、「栗青し(青栗)」もまたこれと肩を並べる季語としてふさわしいことに気付きます。

 青栗の刻一刻にゆふまぎる   山口誓子

この句を収める歳時記では本句の季を晩秋としていますが、それは「青栗」を「栗」の傍題と見なすところからきたもので、この扱いには受け入れがたいものを感じます。

このような"季ずれ"を生じさせないためにも、「青栗」を晩夏の季語として新たに立項するのが適切な措置であると考える次第です。

DSCF8366a.jpg


07/31のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。蒸し暑さをしのいで週央の良い一日を! #kigo
08-01 05:22

【今日の季語1312】赤富士(あかふじ):晩夏から初秋の夜明けに富士山の東面が朝日を受けて真っ赤に染まる現象。北斎の「富嶽三十六景」の一つ「凱風快晴」で知られる山容。◆赤富士に露滂沱(ぼうだ)たる四辺かな(富安風生) #jhaiku #kigo
08-01 05:00

とびぃ
季語
0 0

青葉闇
130629-135448-DSCN0132_R.jpg


今日の画像は「いわき四吟文音歌仙」の連衆で北海道在住の禿山氏からメールに添付して送られてきたもの。苫小牧にある北海道大学苫小牧研究林(☞ こちら)を訪れた際にそこで撮影した一枚とのことです。

メールに添えられた説明によれば、ここには北海道の原生林がそのまま残されており、2000町歩を超える地域に一歩足を踏み入れると清流があちこちに沼を作り、そこにサクラマスが泳ぎ、周りは大木が茂って昼なお暗く、季語「青葉闇」さながらの場景が見られるとのこと。

昨日のツイッター「今日の季語」にちなんでお送り下さった氏のご許諾を得て転載させて頂きました。ご芳情に感謝いたします。


07/03のツイートまとめ
twryossy

嬉しいお言葉をありがとうございます。RT @MeiZhi220 @twryossy さま 毎朝今日の季語は何かな?と楽しみにしています。日々の生活の中で微妙な季節感がどんどん薄れていっている今だからこそ、逆に季語を知ることで季節感を味わっています。・・・
07-03 08:39

笠着00》笠着百韻第十七「亀の背に」の巻の清書をブログにアップしました。こちらをご覧下さい⇒ http://t.co/pK41UvW744 #kasagi #kigo
07-03 06:32

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。高湿から来る熱中症にお気を付けて週央の良い一日を! #kigo
07-03 06:16

【今日の季語1283】青葉闇(あおばやみ):「木下闇(こしたやみ)」の傍題の一つ。枝を広げた樹々の青葉が空を覆うように生い茂って昼なお暗いさまを「闇」に引き当てた表現。◆八脚門仁王納めて青葉闇(鎌倉喜久恵) #jhaiku #kigo
07-03 05:00

とびぃ
季語
0 0

苔清水
DSCF2684a.jpg
*東京・国分寺 FUJIFILM X-E1 + KERN-MACRO-SWITAR 50mm F1.8 (2013.06.25撮影)

今日の画像は昨日ツイートした季語「苔清水」にちなんだもの。撮影地は武蔵国分寺公園を水源とする「お鷹の道・真姿の池湧水群」と呼ばれる場所。ここは1985年に選定された全国名水百選の一つにあたる地域です。

流れに足をひたしてザリガニ釣りに興じる子供たちや、ペットボトルを自転車に積んで水を汲みに来る人の姿をよく見かけます。折柄の梅雨期のために湧水量が多く、堰き止め柵の間から清冽な水が勢いよく流れ落ちていました。

下の画像は流れに沿った農家の門前に置かれた無人スタンド。早生のビワが並んでいました。

DSCF2687.jpg


06/27のツイートまとめ
twryossy

笠着00》昨日満尾した笠着百韻「亀の背に」の巻に校合を加えて不備を補いましょう。訂正やお気づきの点などがありましたら「笠着17》【校合】」のヘッダに句番号とタグを添えてお知らせ下さい。校合用礎稿はこちらにあります⇒ http://t.co/mZCPlKaSfA #kasagi
06-27 07:26

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨寒で体調を崩さぬようにお気を付けて週央の良い一日を! #kigo
06-27 05:31

【今日の季語1277】苔清水(こけしみず):「清水」の傍題の一つ。他にも「山・岩・草・庭」などの文字を冠した熟語形で用いるものが多い。道行く人の渇きを癒やす夏の恵み。◆苔清水のぞけばうつる笠の裏(寺田寅彦) #jhaiku #kigo
06-27 05:00

とびぃ
季語
0 0

竹の皮脱ぐ
DSCF1666a.jpg

*東京・国分寺 FUJIFILM X-E1 + NOKTON classic40mm F1.4 (S・C)

歳時記では「竹の皮脱ぐ」を「竹の皮散る」の傍題とともに仲夏の季語としていますが、孟宗竹はこの画像に見るように晩春の頃からすでにそれが始まっています。真竹はこれよりひと月ほど遅れるようです。


04/29のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。朝晩はまだ冷気を感じる週初の良い一日を! #kigo at http://t.co/FqOU98I1yN
04-29 05:10

【今日の季語1218】河豚供養(ふぐくよう):冬を旬とする河豚の時季が終わったこの日に下関で催される供養の行事。「河豚放生(ほうじょう)」などの仏事も併せて行われる。◆時化てゐて明るき沖や河豚供養(岸田稚魚) #jhaiku #kigo
04-29 05:00

とびぃ
季語
0 0

針供養
hari01.jpg

hari02.jpg

2月8日は「針供養」の日でした。

上の2枚の画像は、小学校で同級だった荒井雅子さんが浅草寺の淡島神社で撮影してメールに添付して送って下さったものを、お許しを頂いてこちらに借用しました。

参考までに、昨年のこの日にアップした【今日の季語】を引用します。

【今日の季語042】針供養(はりくよう):関東では二月八日の行事。一年の仕事で折れた針を淡島神社に納めに行き、神前に置かれた豆腐などの柔らかいものに刺して針の労をねぎらう。◆蝶の胸刺したる針も供養せる(中原道夫)

上の画像にはこのとおりの状況が写し撮られていますね。
とびぃ
季語
0

ツィッター歳時記【今日の季語】を始めてから一年が経ちました
ツィッターのタイムライン上で【今日の季語】の投稿を始めたのが昨年12月29日。それから早くも一年が経ちました。

初めは不定時の書き込みだったのが、アプリケーションソフト TweetDeck のスケジュールアップデートの機能を利用することを思い付き、毎朝タイマーを5時にセットして自動送信するようになり、最近ではもっぱらこの方式に従っています。

29日のツィートには、この日を記念して次のようなつぶやきを配信しました。

【今日の季語】行く年:「流るる年」「年送る」などの傍題も。今年も残るところあと僅か。一年を振り返ると改めて歳月の流れ去る早さが痛感され、来し方への感慨を催す。◆船のやうに年逝く人をこぼしつつ(矢島渚男)

今日の季語:追記】「今日の季語」を始めたのが昨年の今日。本日は開始一周年記念の日。その間皆さんのRTに支えられて一日も休むことなく投稿を続けてきました。これからもよろしくご支援下さるようお願いします。

これをアップロードすると、毎朝リツィートによる拡散をして下さるメンバーを中心に多くのフォロワーの方々から次々に心の籠もったご祝辞が届き始めました。

折角の機会ですので、その嬉しい励ましのツィートを以下に引用させて頂きます。なおタイトルラインから手動によってコピーしましたので、不注意による拾い落としがあるかもしれません。その場合はお許し下さい。

先生一年間ありがとうございました☆ 先生のおかげで無学なわたしが俳句を詠むきっかけになりましたw 来年もがんばります(^^ゞ (しまゆか・@sarukako34)

おめでとうございます。いつもありがとう!(鈴木☆ジョージア・@0_GEORGE_0)

毎朝楽しみにしています。感謝です(みなづき・@minaduki149)

もう一年ですか。早いものですね。毎朝の配信を楽しみにしております。季語を通して、あらめて、日本語の楽しさ、奥深さに触れることができました。二年目もぜひつづけてください。(JJ・@BCRJJ )

おはようございます。毎朝、今日の季語をいただき感謝しております。今後ともよろしくお願いします。(キャセロール編集人・いとうひろし・@casseroleeditor)

毎朝楽しみです。ありがとうございます(coconuts-ここなつ・@coconuts )

おはようございます。毎日ありがとうございました!励みになりました。(中島水魚・@chicolle)

私も一日も休まず投句出来ました。感謝!(ootsuru・@ootsuru )

林義雄先生、ありがとうございます。私は、先生の「今日の季語」のおかげで、更生できたような気がします。私の言動で、ご不快な思いをされたこともあったかと思いますが、全部、反省しております。これからも、お元気でご活躍ください。時節柄、ご自愛ください。<(_ _)> (羊坂 珠音・@hitsujisaka)

先生、本当にありがとうございました! (ka_ru_・@ka_ru_ )

おはようございます。1周年、おめでとうございます。毎朝、母のために先生の「今日の季語」をコピペしてメールで送るのが日課です。母は、先生の季語を読んで、「日本語って素敵ね」とよく言います。私も日本語の素晴らしさに改めて気づかされました。ありがとうございます。(虎(tora)・@seishow )

私こと、一世代会社を続けていて若い人たちに「継続は力なり」を、力説、痛感、実感、感謝、どんなに大切なことか。来年も宜しくご指導をお願い致します。(kani-luck・@kaniluck)

行く年や膝と膝とを突き合せ(漱石)縁あってこその俳句の交わり・・・楽しい1年でした。(ふるさとの泉・@furusatonoizumi)

こちらこそありがとうございます。失いしことば失いしまま師走(憲吉)そんな時もこの俳句の交わりが私の支え・・・ (ふるさとの泉・@furusatonoizumi)

開始一周年おめでとうございます。そして、ありがとうございます。ツイッター初めて3ヶ月ですが、連句という新しい楽しみも見つけられました。(アンテア・@antea24)

一周年おめでとうございます!なかなか俳句はつくれませんが、季語を毎日知れるだけで、あれやこれやと毎日想像できて嬉しいです(^^)これからもよろしくお願いします!(かよよん・@kayoyong)

おはようございます。毎日の季語、一周年おめでとうございます!参考にさせていただき歌集から選歌する習慣がつき、良い勉強になっております。ご書著が書庫にありました。刊行時購入したものでした。(kirakira・@kirakirast)

林先生、一周年おめでとうございます。一日も休まず継続されることは大変なことだと思います。毎日【今日の季語】をツイートしていただき感謝しています。毎日の楽しみをありがとうございます(^-^)/ (トットリくん・@Tottori_Kun)

先生の季語は「行く年」です。季語を毎日毎朝、提出されて今日で一周年だそうです。先生、おめでとうございます^^ツイッターで毎日、季語を頂き、毎日、俳句を詠む。それだけで日々は潤うと思います。来年も宜しくお願いします^^ (M*A*S*H・@kumakakiya)

いつもチェックさせて頂いております。日本人は閉じ込められることが嫌ではありません。あっ、いえ、誤解なきよう。いつもありがとうございます。(嵐山田わん・@juckjiji)

おはようございます。一日も休まずって素晴らしいですね、ありがとうございました。まだまだ勉強したいのでよろしくお願いします(^0^)/ (まりも・@hatihati9 )

先生ツイッター季語発信いつもありがとうございます。お体を大切にこれからも宜しくご指導ください。(桜月夜・@sakuratukiyo)

おはようございます。【今日の季語】一周年おめでとうございます。日々の楽しみをお与えくださった先生に深く感謝いたします。(吾妻誠一・@azumase)

ネ兄 (涙・@flowtears)

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。(茜・@Akane_an)

おかげさまで、この一年が、日本の季節と日本語の美に触れた思い出深い年となりました。また#kigoを通じて多くの方と出会うこともできました。感謝にたえません。まだ続けて頂けるとのこと、大変嬉しく思います。来年が先生にとって益々良い年でありますよう祈念いたします。(Hodaka Kitahara・@SkipKIT)

「音」と「絵」を自己表現及びコミュニケーションの手段としてきた私には「連句」の魅力は新鮮でした。「言葉(文書)」の魅力を知ったことは先生のご指導によるものと感謝しております。今後ともよろしくお願いします。(風牙・@tsfuge)

おはようございます。【今日の季語】一周年おめでとうございます。(Asami R・Asmin_R)

先生おめでとうございます (桜月夜・@sakuratukiyo )

一周年おめでとうございます! (草栞・@aki_sino)

一周年おめでとうございます。 (坦庵・@tannan__)

一周年でしたか。おめでとうございます。以前も申し上げたように思いますが俳句の、歳時記の愛好家として「今日の季語」は日々の暮らしのなかの季節の気づきとして有難く拝見しております。来たる年もどうぞお元気でお続け下さいませ(^-^) (ruriS・@rurri4)

お疲れ様です。毎朝5時出題は大変でしたね。これからもよろしくお願いします。(分楽利八路、ぶらりハチロー、マッサン・@819hachiro)

一周年おめでとうございます、訓練の場として利用させて頂いています。(マンちゃん・@shikunshi)

毎朝ありがとうございます。祝一周年! (砂女・@sunajopon)

祝(^-^)/ (にこかめ Shitara・@nikocame )

振り返れば、この一年は定年退職という私にとって大きな節目となる年でした。ツィッターによる【今日の季語】の投稿を通して全国各地の方々との交流の機会を手にすることができたのは、退職後の生活の大きな励みとなる出来事でした。これからも気力と体力の続く限りは投稿を続けて行きたいと念じておりますので、どうぞよろしくご支援下さい。
とびぃ
季語
3

【今日の季語】のことども
EPSN1668.jpg

昨年末にツィッターを始めました。
継続的に何かをつぶやきたいと思ってあれこれ考えた末にふと思いついたのは《ツィッター歳時記》というアイデア。
早速12月29日から標題のタイトルで、ツィッターの一回分コメント字数(140字)に収まる程度の短い記事を書き始めました。そのサンプルとして、本日の分をご披露いたします。

今日の季語】初花(はつはな):「初桜」と同義。その春に初めて花を付けた桜。見事な枝ぶりの大樹に混じって懸命に花を開かせる初々しい姿には次の春への夢もふくらむ。◆初花を木の吐く息と思ひけり(本宮鼎三) #jhaiku #kigo

*最後の#マークは「ハッシュタグ」と呼ばれる分類記号で、それが何に関する事柄なのかを分類するために使用するもの。ツィッター上での検索に役立つ。

幸いこれをリツィートして下さるフォロワーの方々も増え始め、毎朝5時前後にこれをアップすると、次々に各方面に記事のコピーを拡散して頂けるまでになりました。また、その季語を用いて詠んだ俳句を、毎日多くの方々が披露して下さいます。時にはそれに句を付けてお返しする。これもまことに楽しい。それらのことどもが励みになって、今日まで一日も休むことなしに続いています。

昨日、そのフォロワーのおひとりから、これをブログにまとめてはどうかというリクエストを頂きましたので、ある程度の分量が溜まったら、今後少しずつそのまとめを発表して行きたいと思います。

本日の桜の画像は、朝の散歩の折に近所の公園で撮影したもの。ソメイヨシノは満開、シダレザクラはもう少し先のことになります。

私のツィッターログへは こちら からどうぞ。

EPSN1670.jpg

EPSN1673.jpg

EPSN1679-1.jpg

*撮影機材:R-D1+Travenar 90mm f2.8
とびぃ
季語
0

| HOME |