カルガモの二番子
011es_20110731122833.jpg

武蔵国分寺公園の堀で今年孵ったカルガモは3枚目の画像に写っている一羽だけになってしまっていたのですが、今朝の散歩に立ち寄って見ると、孵って間もない雛の集団が親鳥の後にぴったり付いて泳ぎ回っています。その数は前部で八羽。今度は無事に育って欲しいと願いながら、その愛らしい姿をカメラに収めてきました。

028es.jpg

016es_20110731122833.jpg
*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

とびぃ
野鳥
0

07/30のツイートまとめ
twryossy

いつもRTありがとうございます。差し出口ながら「ゆかし」に「けり」を付けた形は「ゆかしかりけり」が正格。音数律に合わせるには「ゆかしかり」などとしたいところ。RT @ootsuru 草津なる氷室の節句ゆかしけり 公彦 #jhaiku #haiku #kigo #fhaiku
07-30 07:32

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末の良い一日を! #kigo
07-30 07:07

【今日の季語579】氷室(ひむろ):古代以来の習わしで冬に採取した献上用の雪や氷を夏まで貯えるために山陰などに掘った穴。現代でも天然氷を貯蔵する場所をこの名で呼ぶ。◆氷室の戸白雲深く閉しけり(河東碧梧桐) #jhaiku #kigo
07-30 05:00

とびぃ
一般
0

07/29のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末を控えて良い一日を! #kigo
07-29 07:27

【今日の季語578】灼(や)く:「炎(も)ゆ」と同じく文語動詞を用いたもの。太陽の直射光を受けて地上の物が燃え立つような熱さになった状態を詠むのにふさわしい近代の季語。◆壁灼けて落書きふはと抜け出るか(松崎麻美) #jhaiku #kigo 
07-29 05:00

とびぃ
一般
0

07/28のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。雨間の良い一日を! #kigo
07-28 06:57

【今日の季語577】海月(くらげ):「水母」とも書かれ、いずれも中国渡来の熟字。すでに『古事記』にその名が見えるので、古くから身近な海の生物であったことが知られる。◆月さして水母の流離はじまりぬ(小野昭子) #jhaiku #kigo
07-28 05:00

とびぃ
一般
0

07/27のツイートまとめ
twryossy

@kougyoku55 @chicolle このたびの付合によりしっとりと落ち着いた一巻が生まれました。「衆議判」は句を案じるのに加えて、他のご連衆の句を吟味する要素も加わるのでよい修業になりますね。お二人にはまた折を見てお相手をお願いします。 #jrenku  
07-27 12:49

@chicolle @tsfuge @flowtears 一巻満尾のご祝辞ありがとうございます。 #jrenku
07-27 07:10

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週央の良い一日を! #kigo
07-27 05:28

連句》7月7日からTL上で興行されていた三吟歌仙「雨垂」の巻が本日満尾を迎えました。一巻の内容はこちらからご覧下さい。⇒ http://bit.ly/oFe4fy #jrenku
07-27 05:16

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》36 安らかに一巻を閉じるにふさわしいaを頂きます。心地よい一巻の満尾をお祝いいたします。34仕込み終へたる焼鳥の串>35いそいそと夕(ゆう)片設(かたま)けて花見人>36紙風船の軌道やはらか #jrenku
07-27 05:06

【今日の季語576】向日葵(ひまわり):「日車(ひぐるま)」「日輪草(にちりんそう)」などの別名も。旺盛な生命力を感じさせる代表的な夏の花。日本への伝来は17世紀の頃。◆向日葵のゆさりともせぬ重たさよ(北原白秋) #jhaiku #kigo
07-27 05:00

とびぃ
一般
0

ツィッター三吟歌仙「雨垂」の巻 (一巻満尾)
003es_20110727105422.jpg

7月7日からツィッターのタイムライン上で、松翠・水魚のお二人と興行を続けてきた三吟歌仙「雨垂」の巻が本日めでたく満尾を迎えました。

この作品は「膝送り」と称される方式に従い、あらかじめ付順を定めておき、各自が順次複数の候補句を呈示し、次の付句作者がよいと思う句を選ぶ形で付け進めるものです。

個々の付合でどんな候補句が出されたのかについては、ツィッター上のハッシュタグ #jrenku による検索、あるいはこのページ左側にリンクされている私の「ツィッターログ」によってご覧下さい。

I.E. では縦書き画面が正しく表示されないので、FirefoxGoogle ChromeSafari などのブラウザでご覧になることをお勧めします。万一画面が乱れてご覧頂けない場合に備えて横書き本文を添付します。


 
タl三吟歌仙
雨垂
の巻
 
 
 
 
膝送り衆議判
 


初折表
 
発句
 
 
雨垂のはたりと止みて小暑かな
 
 
 
 
宗海
 
晩夏
 
 
 
 
 
照りもいや増す丸き赤茄子
 
 
 
 
 
松翠
 
晩夏
 
第三
 
 
若きシ
フ前評判の高からん
 
 
 
 
 
水魚
 
 
 
 
 
 
髭の面輪
おもわ
に浮かぶほほゑみ
 
 
 
 
 
 
月代の山の端遠き杣
そま
の道
 
 
 
 
 
三秋
 
折端
 
 
 
軒を寄せ合ふ秋の灯火
ともしび
 
 
 
三秋
初折裏
 
折立
 
 
隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒
 
 
 
 
 
 
 
晩秋
 
 
 
 
 
寄贈の鏡銀の剥げたる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横丁に三代続く風呂屋なり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幼馴染みがやがて深みに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慣れた手で黒子の並び辿りゆく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
肌理
きめ
細やかに北国の人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒濤の轟きわたる月の宿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三冬
 
 
 
 
 
一心不乱の十夜法要
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初冬
 
 
 
 
ひと匙の粥の甘さを味はへり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天秤棒を下ろす街角
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
十一
 
 
花降れば花浴びて舞ふ宴たけて
 
 
 
 
 
 
晩春
 
折端
 
 
 
惜春の湖
うみ
暮るるまなうら
 
 
 
 
晩春


名残折表
 
折立
 
 
円居
まとゐ
する物見の岡に風薫る
 
 
 
三春
 
 
 
 
 
間者の掟語り伝へて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まじなひ
を唱へて捜す迷ひ猫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蚊帳吊の穂の残る靴底
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晩夏
 
 
 
 
耕運機駆る青年の玉の汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三夏
 
 
 
 
 
復興の町響く槌音
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆転の優勝に沸くテレビ席
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知らぬ同士の集ふ立ち呑み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
擦り合ひて縁を深める袖と袖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほむら
を燃やす蛇の彫物
 
 
 
 
 
 
十一
 
 
二日月舌のピアスに口付けむ
 
 
 
 
 
 
 
仲秋
 
折端
 
 
 
引つ掻き傷を弄る刈萱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三秋
名残折裏
 
折立
 
 
と死に様見せて崩れ簗
 
 
 
 
 
 
 
 
晩秋
 
 
 
 
 
早瀬のゆきてやがて大河に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喇叭の音間延びさせつつ豆腐売り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕込み終へたる焼鳥の串
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いそいそと夕
ゆう
片設
かたま
けて花見人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晩春
 
挙句
 
 
 
紙風船の軌道やはらか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三春

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起首
 
二〇一一
〇七
〇七
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満尾
 
二〇一一
〇七
二七



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

初折表
 発句  雨垂のはたりと止みて小暑かな    宗海 晩夏
 脇    照りもいや増す丸き赤茄子     松翠 晩夏
 第三  若きシェフ前評判の高からん     水魚 雑
 四    髭の面輪(おもわ)に浮かぶほほゑみ      海 雑
 五   月代の山の端遠き杣(そま)の道    翠 三秋/月
 折端   軒を寄せ合ふ秋の灯火(ともしび)  魚 三秋
初折裏
 折立  隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒      海 晩秋
 二    寄贈の鏡銀の剥げたる        翠 雑
 三   横丁に三代続く風呂屋なり       魚 雑
 四    幼馴染みがやがて深みに       海 恋
 五   慣れた手で黒子の並び辿りゆく     翠 恋
 六    肌理(きめ)細やかに北国の人    魚 雑
 七   寒濤の轟きわたる月の宿        海 三冬/月
 八    一心不乱の十夜法要         翠 初冬
 九   ひと匙の粥の甘さを味はへり      魚 雑
 十    天秤棒を下ろす街角         海 雑
 十一  花降れば花浴びて舞ふ宴たけて     翠 晩春/花
 折端   惜春の湖(うみ)暮るるまなうら   魚 晩春
名残表
 折立  円居(まとゐ)する物見の岡に風薫る  海 三春
 二    間者の掟語り伝へて         魚 雑
 三   呪(まじな)いを唱へて捜す迷ひ猫   翠 雑
 四    蚊帳吊の穂の残る靴底        海 晩夏
 五   耕運機駆る青年の玉の汗        魚 三夏
 六    復興の町響く槌音          翠 雑
 七   逆転の優勝に沸くテレビ席       海 雑
 八    知らぬ同士の集ふ立ち呑み      魚 雑
 九   擦り合ひて縁を深める袖と袖      翠 雑
 十    炎(ほむら)を燃やす蛇の彫物    海 恋
 十一  二日月舌のピアスに口付けむ      魚 仲秋/月/恋
 折端   引つ掻き傷を弄る刈萱        翠 三秋
名残裏
 折立  白々と死に様見せて崩れ簗       海 晩秋
 二    早瀬のゆきてやがて大河に      魚 雑
 三   喇叭の音間延びさせつつ豆腐売り    翠 雑
 四    仕込み終へたる焼鳥の串       海 雑
 五   いそいそと夕(ゆう)片設(かたま)けて花見人
                        魚 晩春/花
 挙句   紙風船の軌道やはらか        翠 三春

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
連句
0

thema:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - genre:学問・文化・芸術


07/26のツイートまとめ
twryossy

@chicolle @kougyoku55 雨垂》31白々と死に様見せて崩れ簗>32早瀬のゆきてやがて大河に>33喇叭の音間延びさせつつ豆腐売り>34候補a旅の思ひを馳する夕暮 b物の匂ひの風に乗り来る c仕込み終へたる焼鳥の串☆お待たせしました。次は花の座です #jrenku
07-26 17:15

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》33 場景句から人情を引き出した b にも惹かれましたが、打越から「て」が三連続するので c喇叭の音間延びさせつつ豆腐売り の方を頂きます。なお本日も出講のため付句は夕刻以降に。 #jrenku
07-26 05:10

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。水分補給を忘れずに良い一日を! #kigo
07-26 05:07

【今日の季語575】夏燕(なつつばめ):「燕」は渡来する時季から仲春の季語とされるが、この季節にも餌を求めて飛び回る姿を見かける。その素早い飛翔はこの時季にふさわしい。◆潮の香にひらく改札夏つばめ(奥名春江) #jhaiku #kigo
07-26 05:00

とびぃ
一般
0

ツィッター三吟歌仙「雨垂」の巻 (名残折表折端まで)
005es_20110726060653.jpg

7月7日からツィッターのタイムライン上で、松翠・水魚のお二人と三吟歌仙「雨垂」の巻の興行を始めました。その進行の途中経過をこれより随時ご覧に供します。
個々の付合でどんな候補句が出されたかなどについては、ツィッター上のハッシュタグ #jrenku による検索、あるいはこのページ左側にリンクされている私の「ツィッターログ」によってご覧下さい。

I.E. では縦書き画面が正しく表示されないので、FirefoxGoogle ChromeSafari などのブラウザでご覧になることをお勧めします。万一画面が乱れてご覧頂けない場合に備えて横書き本文を添付します。


 
タl三吟歌仙
雨垂
の巻
 
 
 
 
膝送り衆議判
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起首
 
二〇一一
〇七
〇七
初折表
 
発句
 
 
雨垂のはたりと止みて小暑かな
 
 
 
 
宗海
 
晩夏
 
 
 
 
 
照りもいや増す丸き赤茄子
 
 
 
 
 
松翠
 
晩夏
 
第三
 
 
若きシ
フ前評判の高からん
 
 
 
 
 
水魚
 
 
 
 
 
 
髭の面輪
おもわ
に浮かぶほほゑみ
 
 
 
 
 
 
月代の山の端遠き杣
そま
の道
 
 
 
 
 
三秋
 
折端
 
 
 
軒を寄せ合ふ秋の灯火
ともしび
 
 
 
三秋
初折裏
 
折立
 
 
隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒
 
 
 
 
 
 
 
晩秋
 
 
 
 
 
寄贈の鏡銀の剥げたる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横丁に三代続く風呂屋なり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幼馴染みがやがて深みに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慣れた手で黒子の並び辿りゆく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
肌理
きめ
細やかに北国の人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒濤の轟きわたる月の宿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三冬
 
 
 
 
 
一心不乱の十夜法要
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初冬
 
 
 
 
ひと匙の粥の甘さを味はへり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天秤棒を下ろす街角
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
十一
 
 
花降れば花浴びて舞ふ宴たけて
 
 
 
 
 
 
晩春
 
折端
 
 
 
惜春の湖
うみ
暮るるまなうら
 
 
 
 
晩春



名残折表
 
折立
 
 
円居
まとゐ
する物見の岡に風薫る
 
 
 
三春
 
 
 
 
 
間者の掟語り伝へて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まじなひ
を唱へて捜す迷ひ猫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蚊帳吊の穂の残る靴底
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晩夏
 
 
 
 
耕運機駆る青年の玉の汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三夏
 
 
 
 
 
復興の町響く槌音
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆転の優勝に沸くテレビ席
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知らぬ同士の集ふ立ち呑み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
擦り合ひて縁を深める袖と袖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほむら
を燃やす蛇の彫物
 
 
 
 
 
 
十一
 
 
二日月舌のピアスに口付けむ
 
 
 
 
 
 
 
仲秋
 
折端
 
 
 
引つ掻き傷を弄る刈萱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三秋



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

初折表
 発句  雨垂のはたりと止みて小暑かな    宗海 晩夏
 脇    照りもいや増す丸き赤茄子     松翠 晩夏
 第三  若きシェフ前評判の高からん     水魚 雑
 四    髭の面輪(おもわ)に浮かぶほほゑみ      海 雑
 五   月代の山の端遠き杣(そま)の道    翠 三秋/月
 折端   軒を寄せ合ふ秋の灯火(ともしび)  魚 三秋
初折裏
 折立  隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒      海 晩秋
 二    寄贈の鏡銀の剥げたる        翠 雑
 三   横丁に三代続く風呂屋なり       魚 雑
 四    幼馴染みがやがて深みに       海 恋
 五   慣れた手で黒子の並び辿りゆく     翠 恋
 六    肌理(きめ)細やかに北国の人    魚 雑
 七   寒濤の轟きわたる月の宿        海 三冬/月
 八    一心不乱の十夜法要         翠 初冬
 九   ひと匙の粥の甘さを味はへり      魚 雑
 十    天秤棒を下ろす街角         海 雑
 十一  花降れば花浴びて舞ふ宴たけて     翠 晩春/花
 折端   惜春の湖(うみ)暮るるまなうら   魚 晩春
名残表
 折立  円居(まとゐ)する物見の岡に風薫る  海 三春
 二    間者の掟語り伝へて         魚 雑
 三   呪(まじな)いを唱へて捜す迷ひ猫   翠 雑
 四    蚊帳吊の穂の残る靴底        海 晩夏
 五   耕運機駆る青年の玉の汗        魚 三夏
 六    復興の町響く槌音          翠 雑
 七   逆転の優勝に沸くテレビ席       海 雑
 八    知らぬ同士の集ふ立ち呑み      魚 雑
 九   擦り合ひて縁を深める袖と袖      翠 雑
 十    炎(ほむら)を燃やす蛇の彫物    海 恋
 十一  二日月舌のピアスに口付けむ      魚 仲秋/月/恋
 折端   引つ掻き傷を弄る刈萱        翠 三秋

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


001-1es.jpg
*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

とびぃ
連句
0

07/25のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語574:別記】浴衣が江戸後期の頃まで季語でなかったことは、「鬼灯の種にきはづく(=汚れる)浴衣かな/許六」「おもしろう汗のしみたる浴衣かな/一茶」などに見るように、これが他の季語とともに用いられているところからも知られる。 #jhaiku #kigo
07-25 06:26

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》31cのご採句ありがとうございます。本日は夕刻まで外出のため、付合が途絶えますのでよろしくお願いします。 #jrenku
07-25 06:06

本日の【今日の季語】はスケジュール送信のタイマー不調に気づかずに発表が遅れてしまいました <(_ _)> #kigo
07-25 06:01

【今日の季語574】浴衣(ゆかた):蒸し風呂に入る際に着用した「湯帷子(ゆかたびら)」を省略した名称。古くは季語としては用いられず、三夏の季語となったのは後代のこと。◆夕影や浅草に行く浴衣がけ(小沢碧童) #jhaiku #kigo
07-25 05:58

とびぃ
一般
0

07/24のツイートまとめ
twryossy

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》差し替え案です。よろしくご吟味を。候補c白々と死に様見せて崩れ簗 #jrenku
07-24 12:47

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》c案は15に「粥の甘さ」があり、遠輪廻になることに気づきました。別案に差し替えますので暫くお待ち下さい<(_ _)> #jrenku
07-24 12:36

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》29二日月舌のピアスに口付けむ>30引つ掻き傷を弄る刈萱>31候補a蟷螂の怒気を籠めたる鎌の先 b裾分けは印ばかりの菌狩 c炊きたての蜂の仔飯のほの甘き☆次は雑に戻りましょう。 #jrenku
07-24 12:31

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》角川版『日本大歳時記』では晩春「薊」の傍題としていましたので失礼しました。歳時記により出入りがあるようなので問題のない「刈萱」に入れ替えましょう。お騒がせしました<(_ _)> #jrenku
07-24 12:04

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》c「傷」と「真薊」の取り合せに心惹かれたのですが、残念ながらこれは晩春の季語。「穂薄」などと差し替えるか。別案あらばお示し下さい。 #jrenku
07-24 05:19

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。良い休日を! #kigo
07-24 05:17

【今日の季語573】河童忌(かっぱき):名作「河童」にちなむ芥川龍之介の忌日。「芥川忌」や俳号に基づく「我鬼忌」の別称も。昭和二年のこの日に三十五歳で自ら命を絶った。◆河童忌の路面電車の火花かな(藤井基史) #jhaiku #kigo
07-24 05:00

とびぃ
一般
0

07/23のツイートまとめ
twryossy

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》同字は三句去(五句去とする座もあり)で差合なしとして扱いますので、この場合は問題ありませんが、気になるならば「彫物」を「刺青」にしてもかまいません。 #jrenku
07-23 16:20

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》25逆転の優勝に沸くテレビ席>26知らぬ同士の集ふ立ち呑み>27擦り合ひて縁を深める袖と袖>28候補 a手を取り渡る夢の浮橋 b炎(ほむら)を燃やす蛇の彫物 cそっと手渡すアパートの鍵 ☆次は月で恋を続けます。#jrenku
07-23 07:01

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》恋の呼び出しに絶好の27aを頂きます。26は「立ち呑み」で行きましょう。 #jrenku
07-23 07:00

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末の良い一日を! #kigo
07-23 06:55

仰せのとおりこの例句では「のうぜんか」ですね。季語は五音(または七音)の音数律に応じて読み方を変えることがあります。 #kigo RT @hatsukowesasohu: 今日の季語571…「凌霄花」は「のうぜんか」とよむのでしょうか?
07-23 05:05

【今日の季語572】大暑(たいしょ):二十四節気の一つ。暑中に入った小暑から数えて15日目。盛夏の時季を迎えて暑さはいよいよ頂点に達する。熱中症にはくれぐれもご用心。◆しづかさの背骨にしづむ大暑かな(森 澄雄) #jhaiku #kigo
07-23 05:00

とびぃ
一般
0

三羽の鳥の仔
020es_20110723073000.jpg

今朝の散歩の途中で出会った幼鳥たちの画像をお目にかけます。

1枚目はカルガモの仔。半月ほど前に10羽近くいたのに、わずか1羽になってしまいました。池の端では、烏に襲われた、亀に食われた、大鯰に呑まれた等々、あれこれの説が唱えられていますが、本当のところはわかりません。せめて1羽だけでも無事に育ってくれればよいのですが…。

2・3枚目はセキレイの若鳥。こちらはすでに親から離れて自立していますが、魚の捕獲術はまだ上達しておらず、何度も失敗を繰り返しています。

4枚目はようやく飛べるようになった雛鳥。かなり近寄っても逃げようとしないので、アップで撮ることができました。雀の仔のようですが、正体は不明。

009es_20110723073000.jpg

011es_20110723072959.jpg

001es_20110723072959.jpg
*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
野鳥
0

07/22のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》26「町」と「街頭」は読みは違っても類義関係で差合います。「雑踏」は微妙なところですね。「店頭」もよいのですが「立ち呑み」がより具体性があってよいかと。お帰りの後にお決め下さい。 #jrenku
07-22 12:43

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》折角のご選句ですが、26「街頭」 は24「町」と差合います。27候補はそのままにして「街頭」を「ジャズバー」などと差し替えましょうか。別案あらばお示しを。 #jrenku
07-22 05:20

@cmerg4s6by @tamatyama @kougyoku55 ご不審を抱かせて相済みません。どうやら昨夜iPhoneでツイッターに入ったまま寝入ってしまった後に一連の寝言が発信されたようです。寝言のツイートとは前代未聞w 何はさて、お騒がせしました<(_ _)>
07-22 05:06

【今日の季語571:追記】ノウゼンは平安時代の古辞書に見えるノウセウから変化した形で「凌霄」の字音レウセウからの転と考えられる。語頭のr音をn音に替えて受容するのは現代韓国語にも見られる特徴で、中国から古代朝鮮を経由して日本に伝わった可能性がある。 #jhaiku #kigo
07-22 05:01

【今日の季語571】凌霄(のうぜん)の花:「のうぜんかずら」とも。枝先に橙黄色の花を数多く付けて樹木や壁を這い上る。花名は「霄(そら)ヲ凌(しの)グ」意の漢語から生まれた。◆大正の恋の色して凌霄花(原田咲子) #jhaiku #kigo
07-22 05:00

とびぃ
一般
0

07/21のツイートまとめ
07-21 21:01

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》29の月の座までは雑を続けましょう。それまでによい折を得て恋の誘いなどもかけたいところです。 #jrenku
07-21 18:34

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》24 cを頂きます。☆22蚊帳吊の穂の残る靴底>23耕運機駆る青年の玉の汗>24復興の町響く槌音>25候補a逆転の優勝に沸くテレビ席 b励ましの寄せ書きの文字あどけなく c競り上ぐる声よどみなき魚の市 #jrenku
07-21 18:33

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。台風一過の良い一日を! #kigo
07-21 06:54

 more...

とびぃ
一般
0

07/20のツイートまとめ
twryossy

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》19円居(まとゐ)する物見の岡に風薫る>20間者の掟語り伝へて>21呪(まじな)いを唱へて捜す迷ひ猫>22候補a雷神の声空に轟くb夜半に覚めたる気がかりな夢c蚊帳吊の穂の残る靴底☆夏は一句で捨ててもかまいません #jrenku
07-20 07:01

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》11と20の件了解しました。その形で治定します。21は転じの面白い a呪(まじな)いを唱へて捜す迷ひ猫を頂戴いたします。 #jrenku
07-20 07:00

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週央の良い一日を! #kigo
07-20 06:58

【今日の季語569】夏帽子(なつぼうし):「麦藁帽(むぎわらぼう)」「パナマ帽」などの総称。ファッションとして用いられるばかりでなく熱中症などから身を守る効果もある。◆遠い日の雲呼ぶための夏帽子(大牧 広) #jhaiku #kigo
07-20 05:00

とびぃ
一般
0

07/19のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》「子」は間を隔てているので同字の障りにはならないし、読みも異なるので輪廻とも言えませんが、気になるならばルビ入りで「黶」に改めてもよいでしょう。 #jrenku
07-19 18:19

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》20b 語り伝ふは間者の掟 >間者の掟語り伝へて の語順改は、下七の四三調と「伝ふは」の破格の解消にとって有効ですね。下七は「語り伝ふる」もありかと思いますがお好みの方で。 #jrenku
07-19 18:19

連句》7月7日からツィッター上で興行中の三吟歌仙「雨垂」の巻、その途中経過をご披露します(初折裏折端まで)⇒ http://bit.ly/oOUO3t #jrenku
07-19 07:25

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》16天秤棒を下ろす街角>17花降れば花浴びて舞ふ宴たけて>18惜春の湖(うみ)暮るるまなうら>19候補a結ひ直す草鞋に遠き遍路みち b裸足にて寝転ぶ空に鐘霞む c円居(まとゐ)する物見の岡に風薫る 海☆次は雑で #jrenku
07-19 07:23

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》18折端の風情にふさわしい c惜春の湖(うみ)暮るるまなうら を頂戴します。ご指摘の「下ろす」の重出に気づきませんでした。07「下ろせば」を「仕舞へば」に改めます。後半は/海>魚>翠/に付順を入れ替えましょう。 #jrenku
07-19 07:14

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。連休明けの良い一日を! #kigo
07-19 05:15

【今日の季語568】雲の峰(くものみね):「入道雲」「雷雲」「峰雲」などの傍題も。真っ青な夏空に沸き立つように盛り上がった積乱雲の雄姿を連なる山並みにたとえた表現。◆雲の峰きのふに似たるけふもあり(加舎白雄) #jhaiku #kigo
07-19 05:00

とびぃ
一般
0

ツィッター三吟歌仙「雨垂」の巻 (初折裏折端まで)
001-1es.jpg

7月7日からツィッターのタイムライン上で、松翠・水魚のお二人と三吟歌仙「雨垂」の巻の興行を始めました。その進行の途中経過をこれより随時ご覧に供します。個々の付合でどんな候補句が出されたかなどについては、ツィッター上のハッシュタグ #jrenku による検索、あるいはこのページ左側にリンクされている私の「ツィッターログ」からご覧下さい。

※なお I.E. では縦書き画面が正しく表示されないので、FirefoxGoogle ChromeSafari などのブラウザでご覧になることをお勧めします。万一画面が乱れてご覧頂けない場合に備えて横書き本文を添付します。


 
タl三吟歌仙
雨垂
の巻
 
 
 
 
膝送り衆議判
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起首
 
二〇一一
〇七
〇七
初折表
 
発句
 
 
雨垂のはたりと止みて小暑かな
 
 
 
 
宗海
 
晩夏
 
 
 
 
 
照りもいや増す丸き赤茄子
 
 
 
 
 
松翠
 
晩夏
 
第三
 
 
若きシ
フ前評判の高からん
 
 
 
 
 
水魚
 
 
 
 
 
 
髭の面輪
おもわ
に浮かぶほほゑみ
 
 
 
 
 
 
月代の山の端遠き杣
そま
の道
 
 
 
 
 
三秋
 
折端
 
 
 
軒を寄せ合ふ秋の灯火
ともしび
 
 
 
三秋
初折裏
 
折立
 
 
隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒
 
 
 
 
 
 
 
晩秋
 
 
 
 
 
寄贈の鏡銀の剥げたる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横丁に三代続く風呂屋なり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幼馴染みがやがて深みに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慣れた手で黒子の並び辿りゆく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
肌理
きめ
細やかに北国の人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒濤の轟きわたる月の宿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三冬
 
 
 
 
 
一心不乱の十夜法要
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初冬
 
 
 
 
ひと匙の粥の甘さを味はへり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天秤棒を下ろす街角
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
十一
 
 
花降れば花浴びて舞ふ宴たけて
 
 
 
 
 
 
晩春
 
折端
 
 
 
惜春の湖
うみ
暮るるまなうら
 
 
 
 
晩春




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

初折表
 発句  雨垂のはたりと止みて小暑かな    宗海 晩夏
 脇    照りもいや増す丸き赤茄子     松翠 晩夏
 第三  若きシェフ前評判の高からん     水魚 雑
 四    髭の面輪(おもわ)に浮かぶほほゑみ      海 雑
 五   月代の山の端遠き杣(そま)の道    翠 三秋/月
 折端   軒を寄せ合ふ秋の灯火(ともしび)  魚 三秋
初折裏
 折立  隈取の筆を仕舞へばそぞろ寒      海 晩秋
 二    寄贈の鏡銀の剥げたる        翠 雑
 三   横丁に三代続く風呂屋なり       魚 雑
 四    幼馴染みがやがて深みに       海 恋
 五   慣れた手で黒子の並び辿りゆく     翠 恋
 六    肌理(きめ)細やかに北国の人    魚 雑
 七   寒濤の轟きわたる月の宿        海 三冬/月
 八    一心不乱の十夜法要         翠 初冬
 九   ひと匙の粥の甘さを味はへり      魚 雑
 十    天秤棒を下ろす街角         海 雑
 十一  花降れば花浴びて舞ふ宴たけて     翠 晩春/花
 折端   惜春の湖(うみ)暮るるまなうら   魚 晩春

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


014es.jpg

PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
連句
0 0

07/18のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語567】緑蔭(りょくいん):「翠蔭(すいいん)」とも。じりじり照りつける日差しを避けて青々と茂る樹木の陰に佇んだり座して涼を求めるのは真夏の喜びの一つ。◆緑蔭にあり美しき膝小僧(加古宗也) #jhaiku #kigo
07-18 05:00

とびぃ
一般
0

07/17のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》このことを書き添えるのを失念しましたが、17は初折の花の座ですのでよろしく。 #jrenku
07-17 13:20

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》12肌理(きめ)細やかに北国の人>13寒濤の轟きわたる月の宿>14一心不乱の十夜法要>15ひと匙の粥の甘さを味はへり>候補a天秤棒を下ろす街角b皺を伸ばして渡す釣銭c底光りする黒の太梁(ふとばり) #jrenku
07-17 12:47

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》14釈教の「十夜」の付け、転じが利いてよい付味ですね。これに「粥」で応じた15が、やや親句の気味はあるものの、前句にぴたりと付いて次への展開の要素を含んでいるのでこれを頂きます。 #jrenku
07-17 12:46

【今日の季語566:追記】本日の季語「青柿」は昨年すでにNo.199に取り上げたものでしたので差し替えました。お知らせ下さったflowtearsさんに御礼申し上げます。 #kigo
07-17 11:59

【今日の季語566】胡瓜(きゅうり):栽培法の改良によって季節感の薄れた野菜の一つであるが、水気が多く甘みと歯応えのある今の時季のものが本来の味を教えてくれる。◆いま買ひし花付胡瓜今かじる(小澤 實) #jhaiku #kigo
07-17 11:57

お知らせありがとうございます。投稿済みの検索をせずにアップしてしまいました。急遽差し替えることにいたします。RT @flowtears: @twryossy 「青柿」2010年7月14日にも揚げらてます。「今日の季語」ファンも増殖しているので複数回登場も私は良いと思いますが一応。
07-17 11:40

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暑さに気をつけて良い休日を! #kigo
07-17 07:15

.@kougyoku55 @chicolle ご再案ありがとうございます。お忙しいところを恐縮に存じます <(_ _)> #jrenku
07-17 05:13

【今日の季語566】青柿(あおがき):「柿」は代表的な晩秋の季語だが、「柿若葉」「柿の花」「柿の薹(とう)」など、実の熟する前の姿をとらえた夏の季語としても用いられる。◆青柿の蔕(へた)より青き月夜かな(眞鍋呉夫) #jhaiku #kigo
07-17 05:00

とびぃ
一般
0

信州連句の旅③ -山田温泉・松本-
146es.jpg
【山田温泉】

(三日目)
5時過ぎ起床。朝風呂の前に宿の周辺を散策。6時開業の共同浴場・大湯にて朝風呂。古い湯治場の面影を残す熱い温泉。

8時に朝食を済ませ、9時45分に宿の送迎バスに乗車。途中「一茶ゆかりの里」を見学する一行と別れ、須坂駅まで送ってもらう。長野電鉄にて長野駅に出た後、篠ノ井線に乗り換え松本へ向かう。

駅構内コインロッカーに荷物を預け、市内散策。女鳥羽川河畔の蕎麦屋で昼食の後、古い町並みの面影の残る大手周辺を散策。初めて通る一帯に町歩きの興趣をそそられる。

駅に戻る途中に昼間から開いているギネスバーを発見。レギュラーサイズで喉の渇きを癒やした後、駅前土産店で漬物を購入、中央線「あずさ」24号にて家路に着く。 (この項終わり)

153es.jpg
【共同浴場・大湯 】


155es_20110717080944.jpg
【三頭火句碑】


064es.jpg
【篠ノ井線姨捨駅近辺の展望】


081es.jpg
【松本市内】


094es.jpg
【 同上 】


095es.jpg
【 同上 】

165es.jpg
【 同上 】

 *撮影機材:(1~3枚目)RICOH GR-DIGITALⅡ 28mm f2.4
        (4~8枚目)PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
とびぃ
旅行
0

07/16のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》お尋ねの14c「駅からの道」できれば他の表現に改めた方がよいと思います。また12「北国」から同類の句材が三つ続く嫌いもありますので、松翠さんにご再考願うことにしましょう。 #jrenku
07-16 12:28

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。いつも季語の拡散ありがとうございます。TweetDeck不調のため今朝は定時ツイートが叶いませんでした。週末の良い一日を! #kigo
07-16 05:17

【今日の季語565】閻魔参(えんままいり):陰暦正月十六日の「初閻魔」に対して七月十六日を閻魔の「大斉日」といい、地獄で罪人の呵責をやめ釜の蓋が開く日とされる。◆閻王の紅蓮(ぐれん)の舌の埃かな(富安風生) #jhaiku #kigo
07-16 05:15

とびぃ
一般
0

カルガモの子が孵った
036es.jpg

今朝の散歩で武蔵国分寺公園にさしかかると、池の畔に人だかりがしています。
見るとカルガモの子が池のそこかしこを小さな姿で泳ぎ回っています。
顔見知りの方がいたので尋ねると、3日ほど前に孵ったらしいとのこと。
それも一番いだけではなく、数組の親から孵った様子。
これからしばらくその愛らしい姿を見ることができます。朝の探鳥の楽しみが一つ増えました。

042es.jpg

*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

とびぃ
野鳥
0

07/15のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》11慣れた手で黒子の並び辿りゆく>12肌理(きめ)細やかに北国の人>13候補a凍空に十日の月の昇る頃b寒濤の轟きわたる月の宿c小夜千鳥声ほのかなる月の浜 宗海★冬をもう一句続けましょう #jrenku
07-15 16:00

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》cも味わい深いのですが09に「横」の同字があり三句隔てていないのが残念。すでに恋が二句続いたのでb下五を「北国の人」と恋離れに仕立て直して頂戴します。 #jrenku
07-15 15:57

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末に向けて良い一日を! #kigo
07-15 05:15

.@kougyoku55 @chicolle おはようございます。cをお採り下さりありがとうございます。前句が場の句と言ってもよいものでしたので、「起情」と受け止めて下さったのは的を射た評言にて、嬉しいことです。 #jrenku
07-15 05:06

【今日の季語564】羽抜鳥(はぬけどり):「鳥の替羽(かえば)」とも。鳥の羽は仲夏から晩夏にかけて冬羽から夏羽に抜け替わる。この時季の羽の整わない姿の鳥をこのように呼ぶ。◆昼どきの刻(とき)つくりをり羽抜鶏(清水基吉) #jhaiku #kigo
07-15 05:00

とびぃ
一般
0

信州連句の旅② -須坂-
139es_20110715130302.jpg

(第二日)
5時過ぎに起床。宿の周辺を散策中ヨシキリの鳴き声を聞く。「行々子」の擬声名どおりの賑やかさ。

朝風呂で汗を流して7時30分に朝食。9時に宿のマイクロバスで「連句のつどい」が催される須坂の田中本家に向かう。10時10分から別所真紀子氏の講話「一茶と女流俳諧師」を聴いた後、昼食をとりながら連句実作会が開かれる。

地元ゆかりの名の付いた5席の中の「姫沙羅」の座で捌きを務める。連衆は総勢5人。時間の制約があるので、半歌仙を興行することにして捌きの発句で「梅雨晴」の巻の付合が始まる。およそ3時間で無事に満尾(下記参照)。それぞれの座の捌きによる披講を終え午後4時閉会。

午後5時に宿の迎えの車で信州高山温泉郷にある山田温泉「山田館」へ。旅装を解いて野天風呂へ。夕食の後は本日も別室に設けられた座で付合を楽しんだ後に就寝。 (この項続く)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

田中本家「連句のつどい」/半歌仙『梅雨晴』の巻
                           宗海捌

 発句 梅雨晴の樹々鎮もれるお庭かな    宗海
 脇   無心に遊ぶ仔鴨母鴨        真紀
 第三 古戦場単線ゆるり右に見て       裕
 四   姿変はらぬ山川のあり      ゆふな
 五  手酌酒酌んでながむる昼の月    日早子
 折端  糸瓜の水はボトル三本        な

 折立 たましひは螢となりて残るかに     紀
 二   越前人形俯いたまゝ         裕
 三  恋ひとつ捨ててかろがろ旅鞄      子
 四   口説き文句も啖呵売にて       海
 五  観音をはるかみおろすスカイツリー   裕
 六   凍てし月光ゲ砕く大川        な
 七  手袋の左ばかりが抽斗に        紀
 八   断捨離謳ふ本の増刷         裕
 九  武家屋敷瓦の苔に甲斐の風       子
 十   うつらうつらと猫は居眠る      な
 十一 花篝明日への夢の炎(ほ)となりて   紀
 挙句  節ものどかに水手(かこ)の舟歌  執筆

                 首尾 2011.07.03
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


052es.jpg

060es.jpg

063es.jpg
※PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
連句
0

07/14のツイートまとめ
twryossy

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》付筋明解なaを頂戴します。08寄贈の鏡銀の剥げたる>09横丁に三代続く風呂屋なり>10候補 a道を聞いたが馴れ初めのもと b白い素足にまなこ奪はれ c幼馴染みがやがて深みに 海☆早速恋を試みました。お続け下さい #jrenku
07-14 12:52

別事にかまけてレスが遅れて相済みません。"恋は出るに任せよ"で、いつと決まったものでありませんので、折を窺いましょう。RT @chicolle: @twryossy お伺いしたく。雨垂》08 恋句に移っていくのが宜しいのでしょうか?タイミングがよくわかりません、 #jrenku
07-14 12:14

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暑さに気をつけて良い一日を! #kigo
07-14 05:23

【今日の季語563】蟹(かに):傍題の「沢蟹」「川蟹」などが示すように、山・川・磯に棲む小さな蟹を指すのが本意。食用にする「ずわい蟹」「たらば蟹」などは冬の季語。◆蟹の目が人を見てゐる真昼かな(大竹多可志) #jhaiku #kigo 
07-14 05:01

とびぃ
一般
0

信州連句の旅① -松代-
046es.jpg
【象山神社】

昨年に続いて今年も「季語研究会」の企画・主催による信州連句の旅に参加することができました。そのあらましをここに備忘録として記し置くことにします。

(第一日)
東京駅ホームに同行の方々と落ち合い、9時20分発「あさま」511号に乗車し長野駅に向かう。11時05分長野に到着、宿の送迎バスに乗り換え松代へ。蕎麦の店「日暮し庵」にて昼食。食後は近くの真田宝物館真田邸文武学校を拝観する。

さらに南に足を伸ばし、第二次世界大戦末期に軍部が本土決戦の拠点として、御所、大本営、政府機関などの移転のために、極秘に造営を試みた地下壕の一つ、象山地下壕跡を訪れる。

延べ300万人の住民と朝鮮の人々が強制的に動員されて、約9箇月の間に網の目状に掘削された地下壕の跡を見学する。危険防止のためにヘルメットを着用して壕内約500メートルを往復、計り知れない犠牲によって構築された戦争の痕跡を目の当たりにして往時を偲ぶ。

復路は、山寺常山邸象山神社に立ち寄り、再び送迎バスに乗り込んで今夜の旅宿、国民宿舎松代荘に向かう。鉄分を多く含む錆び色の温泉が看板の一つ。夕食後は同時並行で進められる連句数編の付合に興じた後に就寝。 (この項続く)

008es_20110713121323.jpg
【日暮し庵】

011es_20110713121322.jpg
【真田邸】

012es_20110713121321.jpg
【 同上 】

019es.jpg
【文武学校】

025es.jpg
【象山地下壕跡】

031es_20110713121454.jpg
【 同上 】

039es_20110713121453.jpg
【 同上 】

113es.jpg
【松代荘】

※PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
旅行
0

07/13のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》04鬚の面輪に浮かぶほほゑみ>05月代の山の端遠き杣の道>06軒を寄せ合ふ秋の灯火(ともしび)☆07候補 a縁先に浜風入れて障子張る b隈取の筆を下ろせばそぞろ寒 c茹で上げて盛れる新蕎麦色の良き/海 #jrenku
07-13 07:19

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》06 前句の場景に「しほり」の趣を添えた b 軒を寄せ合ふ秋の灯火(ともしび)を頂きます。なお 05「月白」は脇に色名「赤茄子」があり間に三句を隔てていないので同義の「月代」に表記を替えましょう。 #jrenku
07-13 07:17

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暑さにお気をつけて週央の良い一日を! #kigo
07-13 05:16

【今日の季語562】茅の輪(ちのわ):陰暦六月晦日の「名越の祓」の折に用いられる呪具。社殿の前に茅萱(ちがや)を束ねて大きな輪を作り、これをくぐって無病息災を祈願する。◆萱の香にふれつつ茅の輪くぐりけり(間宮あや子) #jhaiku #kigo
07-13 05:00

とびぃ
一般
0

07/12のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暑さにめげずに良い一日を! #kigo
07-12 05:48

【今日の季語561】夏料理(なつりょうり):「冷素麺」「冷奴」「水貝」など個別の季語にも用いられる夏の料理の総称。食感も見た目にも涼しさを感じさせる工夫がこらされる。◆流れゆく水に声あり夏料理(角川春樹) #jhaiku #kigo 
07-12 05:00

とびぃ
一般
0

07/11のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暑気あたりにお気を付けて週明けの良い一日を! #kigo
07-11 05:32

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》おはようございます。本日は高田馬場にある日本語学校の集中講義があり、夕刻まで不在ですので、付句はどうぞごゆっくりご吟案下さい。 #jrenku
07-11 05:29

【今日の季語560】涼し(すずし):「涼気」あるいは単に「涼(りょう)」とも。暑さの対極にあるものだが、それを求める心が季語の本意としてはたらく。「新涼」は初秋の季語。◆風の道ありて涼しく人の来る(倉田紘文) #jhaiku #kigo 
07-11 05:00

とびぃ
一般
0

07/10のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂05》cの下五改案として「月白の山の端遠き杣(そま)の道」と浮かべてみたのですが如何でしょうか、松翠さん。前句の鬚の人物を樵夫(きこり)に見替えた転じです。 #jrenku
07-10 11:32

.@chicolle @kougyoku55 雨垂05》ところで「鐘」は寺院・教会を思わせますが、それだとこれも表六句に嫌う"釈教"の句材になってしまうので、なるべくはこれを別の詞にした方が無難かと思われます。何か妙案はありませんか>御両所 #jrenku
07-10 11:07

.@chicolle @kougyoku55 雨垂05》c遠く鐘の鳴る>遠し鐘の音 の改案、私も名詞留がよいと考えてました。ただ「遠し」と切るのは発句の句形なので「遠き」と続く形にした方がよいでしょう。(続) #jrenku
07-10 11:06

@chicolle 仰せのごとくbは恋の情が感じられますが、恋は発句以外の表六句では出せませんね。人情がずっと続いてきたので場の句に転じるのもよいでしょう。なお詞を直したいところがあればそれも併せてご提案下さい。 #jrenku
07-10 08:08

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨明けの良い休日を! #kigo
07-10 05:14

【今日の季語559】白南風(しろはえ):「しらはえ」とも。梅雨が明けて夏の陽光がまぶしく照りつける時季に南から吹き寄せるさわやかな季節風。梅雨期の「黒南風」と対をなす。◆白南風や砂丘へもどす靴の砂(中尾杏子) #jhaiku #kigo
07-10 05:00

とびぃ
一般
0

朝の散歩道から -こんなキノコが生えていた-
009es_20110710072521.jpg

今朝はセキレイとは出会えませんでしたが、それが来る池のすぐ裏手の雑木林の中を辿り歩いていると、踏み分け道近くの笹藪に画像のようなキノコを見つけました。

周囲の落葉と同系色であまり目立ちませんが、大きいものは直径10㎝ほどもあろうかというのがそこかしこに生えています。

帰宅してネット図鑑で調べてみると、イグチ科ヤマドリタケ属のススケヤマドリがもっとも近いもののように思われます。もちろん確証の得られないものだし、図鑑の解説では毒にも食にもならないようなことが書いてあるので、あまり食指は動きませんが…

とは言え、名前がわからないというのは気になるもの。どなたか正しい名称を教えて下さいませんか。

010es.jpg

*撮影機材:RICOH GR-DIGITALⅡ 28mm f2.4
とびぃ
散歩写真
0

07/09のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂》02照りもいや増す丸き赤茄子 松翠 03若きシェフ前評判の高からん 水魚 ☆04候補 a鬚の面輪(おもわ)に浮かぶほほゑみ bレンズ外して拭ふ薄紙 c地図を拡げる路地の曲所(まがりと) 宗海★次は月の座です #jrenku
07-09 07:38

.@chicolle @kougyoku55 雨垂》それぞれに句形・内容の趣向を変えて下さりご配慮に感謝します。夏は前2句で打ち切ることにして c若きシェフ前評判の高からん を頂戴します。なお脇の漢字表記はご指摘のとおり「丸き」にしましょう。 #jrenku
07-09 07:37

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末の良い一日を! #kigo
07-09 05:19

【今日の季語558】四万六千日(しまんろくせんにち):この日に参詣するとその日数の功徳があるとされる。浅草観音境内での行事にちなんで「鬼灯市(ほおずきいち)」の別名も。◆鬼灯市風に鳴るもの靡くもの(五所平之助) #jhaiku #kigo
07-09 05:01

とびぃ
一般
0

今朝の散歩道から -カワセミの捕食-
021es_20110709123208.jpg

今朝はカワセミの幼鳥が魚を捕らえた場面に出会いました。

いささか嘴に余る一件だったらしく、何度も振り回すようにしてようやく胃の腑に納めた後、甲高い鳴き声を残して飛び去って行きました。あと数分遅れていたら間に合わなかった、きわどいシャッターチャンスでした。これぞまさしく早起きは三文の得。

自余はその先々でものした画像。まだ至らぬ盛夏の先にある秋が、すでにその姿を仄かに見せている様子です。

005es_20110709123251.jpg

030es.jpg

032es_20110709123207.jpg

*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

とびぃ
野鳥
0 0

07/08のツイートまとめ
twryossy

.@kougyoku55 @chicolle 雨垂01》雨垂のはたりと止みて小暑かな 宗海★発句治定ありがとうございます。爾後のタイトルはこの形にしましょう。なお発句の「雨垂れ」を「れ」を送らない名詞形に改めさせて下さい。水魚さん第三をよろしく。 #jrenku
07-08 05:12

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。雨間の良い一日を! #kigo
07-08 05:09

【今日の季語557】雨蛙(あまがえる):雨が近付くと鳴き出すところからこの名が出た。手足の円盤状の吸盤で枝に張り付いているところから「枝蛙(えだかわず)」の別名でも。◆遠き日のてのひらに乗る雨蛙(苗代碧) #jhaiku #kigo
07-08 05:00

乱吟歌仙をお目に留めて頂き、ご祝辞と細やかな感想を賜りまことに嬉しく存じます。新たな興行が始まりましたのでこちらもご覧頂ければ幸いです。RT @MitaniTakao: 「大地震(おほなゐ)」の満尾おめでとうございます。はじめて「歌仙」を拝見しました。… #jrenku
07-08 05:00

とびぃ
一般
0

07/07のツイートまとめ
twryossy

@kougyoku55 @chicolle 三吟歌仙開巻/発句候補>a雨垂れのはたりと止みて小暑かな b咲き満ちて久しくなりぬ山法師/宗海★松翠さん>いずれかをお選びになり発句の言い残したところを読み取って脇をお付け下さ… (cont) http://deck.ly/~uXvN1
07-07 18:38

ougyoku55 @chicolle 三吟歌仙開巻/発句候補>a雨垂れのはたりと止みて小暑かな b咲き満ちて久しくなりぬ山法師/宗海★松翠さん>いずれかをお選びになり発句の言い残したところを読み取って脇をお付け下さい。季は晩夏または三夏。タグは #jrenku を使用します。
07-07 18:29

ありがとうございます。ね子さんの意欲的なご出句が印象に残りました。RT @nayaantomo: @twryossy 満尾おめでとうございます!挙句は締め切り日を間違えて投句できませんでした( ; ; )毎回とてもいい勉強をさせていただきました。ありがとうございました。ね子
07-07 11:23

@flowtears @aki_sino 満尾のご祝詞ありがとうございます。心に残る一巻が生まれました。次の機会にもぜひ御一座ください。 #jrenku
07-07 07:38

秋にでもまた始めたいと願っています。ご一座できるのを楽しみにしています。 #jrenku RT @BCRJJ: @twryossy 次回はぜひ参加させてください。
07-07 06:36

.@BCRJJ @kougyoku55@antea24 歌仙満尾のご祝詞ありがとうございます。印象に残る作品になりました。 #jrenku #kigo
07-07 06:30

本日満尾を迎えたツィッター乱吟歌仙「大地震(おほなゐ)」の巻の縦書き清書をブログに掲載しましたのでご覧下さい ⇒ http://bit.ly/p8ZG9o #jrenku #kigo #jhaiku
07-07 06:25

祝! 満尾】三ヶ月半に及ぶ付合を経た歌仙「大地震(おほなゐ)」の巻は本日めでたく満尾しました。挙句の吟味結果と一巻全体はこちらをご覧下さい ⇒ http://bit.ly/pJq0uM #jrenku #kigo
07-07 06:17

歌仙「大地震」挙句締切】本日午前5時までに、アンテア・草栞のお二人から3句ご出句がありました。吟味結果の発表までしばらくお待ち下さい。 #jrenku #kigo
07-07 05:09

【今日の季語556】小暑(しょうしょ):二十四節気の一つ。この日から季節は「晩夏」に入り「暑中」の時期が始まる。梅雨と重なるため暑さと湿気に悩まされ寝苦しい夜が続く。◆序破急に小暑の不快指数かな(鈴木しげを) #jhaiku #kig
07-07 05:00

とびぃ
一般
0

舞い降りるカワセミ
022es.jpg

1枚目の画像は、画面上部に見えるカワセミが、枝先に止まっている別のカワセミのいる位置を狙って、今しも舞い降りようとしている瞬間。2枚目は、先住者を追い払ってまんまとその座を奪取したところ。双方とも幼鳥らしかったので、あるいは兄弟同士なのかもしれません。

ところが、せっかくの好位置を占めたというのに、その後そこから数回ダイビングをしても、嘴の先にはいっこうに魚の姿が見えない。狩りの腕はまだまだ親鳥には遠く及ばない様子。

何事もお稽古が大切だよ、幼鳥クン。

024es.jpg

*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

とびぃ
野鳥
0

ツィッター乱吟歌仙「大地震(おほなゐ)」の巻 (祝! 満尾)
037es.jpg

ツィッターのタイムライン上で3月20日に始まった乱吟歌仙「大地震(おほなゐ)」の巻が本日満尾を迎えました。

この連句作品は、東日本大震災で亡くなられた多くの方々への慰霊の念を籠めた発句とそれを承ける脇によって巻き始められたもので、三ヶ月半にわたる付合の船旅を終えて無事挙句の岸に至り着きました。お力添えを頂いたご連衆の皆さんへ感謝の念をこめて捌きより御礼申し上げます。

なお個々の付合の経過については、ページ左側にリンクされている私の「ツィッターログ」をご参照下さい。

I.E. では縦書き画面が正しく表示されないので、Firefox・Google Chrome・Safari などのブラウザでご覧になることをお勧めします。万一画面が乱れてご覧頂けない場合に備えて横書き本文を添付します。



タl乱吟歌仙
大地震
おほなゐ
の巻
 
 
宗海捌
 

初折表
 
発句
 
大地震に失せにし春のいのちかな
 
 
 
 
宗海
 
三春
 
 
 
 
祈るがごとく浮かぶ白蓮
はくれん
 
風牙
 
仲春
 
第三
 
観潮船迎ふる声の賑やかに
 
 
 
 
 
 
 
莉由
 
仲春
 
 
 
 
手をすり抜けた子が走りだす
 
 
 
 
あをめ
 
 
 
 
かくれんぼしているやうなお月さま
 
 
さくら
 
三秋
 
折端
 
 
かたたたことん木の実降る家
 
 
 
アンテア
 
晩秋
初折裏
 
折立
 
新蕎麦を打
て亭主の心馳
 
 
 
 
 
 
 
松翠
 
晩秋
 
 
 
 
知らぬ同士の弾む蘊蓄
 
 
 
 
 
 
 
 
草栞
 
 
 
 
地下鉄に踏切がある銀座線
 
 
 
 
 
 
 
ね子
 
 
 
 
 
寄り道誘うジ
ズが聞こえる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
告白は調子はずれの涙声
 
 
 
 
 
 
 
 
遊糸
 
 
 
 
 
ブログに綴る恋の成り行き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青葉木菟啼いて月夜の露天風呂
 
 
 
 
 
 
 
三夏
 
 
 
 
句会の一座すでに待ち顔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何気なき言葉を辞書で引いてみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひとつ覚えの世辞で世渡り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
十一
 
花筏踏み入るべしと誘はれて
 
 
 
 
 
 
 
 
晩春
 
折端
 
 
牧の仔馬は興味津
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晩春


名残折表
 
折立
 
草臥れし娘背負へば風光る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三春
 
 
 
 
クの底に確かのど飴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
声限り選手の名呼ぶ決勝戦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*もしドラ
読んで赤線を引く
 
 
 
 
 
 
 
 
マフラlの巻き方にさえ秘訣あり
 
 
 
 
 
 
三冬
 
 
 
 
丹精込めて肥やす室咲き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三冬
 
 
 
あの人の面影宿す幼顔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月に一度の逢瀬途絶える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初キスは国際線のゲlト前
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かけまいてくれる運転
 
 
 
 
 
 
羽沖
 
 
十一
 
湖に玉兎きらめく波を立て
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三秋
 
折端
 
 
落武者に似る敗荷
やれはす
の影
 
 
 
 
晩秋
名残折裏
 
折立
 
行く秋に平家語りの琵琶法師
 
 
 
 
 
 
 
 
晩秋
 
 
 
 
故郷
おくに
言葉の響き優しき
 
 
 
 
 
 
 
 
ワンカ
プ一両電車の窓に置く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
記念写真はいつも端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飛花落花あおげば眉に唇に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晩春
 
挙句
 
 
舞ひ納めたる蝶
の羽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三春

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 起首
 
二〇一一
〇三
二〇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 満尾
 
二〇一一
〇七
〇七


*もしドラ…『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』というアニメ本の愛称。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ツィッター乱吟歌仙「大地震(おほなゐ)」の巻  宗海捌
                   起首 2011.03.20
                   満尾 2011.07.07
初折表
 発句 大地震に失せにし春のいのちかな    宗海 三春
 脇   祈るがごとく浮かぶ白蓮(はくれん) 風牙 仲春
 第三 観潮船迎ふる声の賑やかに       莉由 仲春
 四   手をすり抜けた子が走りだす    あをめ 雑
 五  かくれんぼしているやうなお月さま  さくら 三秋/月
 折端  かたたたことん木の実降る家   アンテア 晩秋
初折裏
 折立 新蕎麦を打って亭主の心馳      松翠 晩秋
 二   知らぬ同士の弾む蘊蓄       草栞 雑
 三  地下鉄に踏切がある銀座線      ね子 雑
 四   寄り道誘うジャズが聞こえる     牙 雑
 五  告白は調子はずれの涙声       遊糸 恋
 六   ブログに綴る恋の成り行き      ア 恋
 七  青葉木菟啼いて月夜の露天風呂     め 三夏/月
 八   句会の一座すでに待ち顔     コッコ 雑
 九  何気なき言葉を辞書で引いてみる    子 雑
 十   ひとつ覚えの世辞で世渡り      翠 雑
 十一 花筏踏み入るべしと誘はれて      栞 晩春/花
 折端  牧の仔馬は興味津々         め 晩春
名残折表
 折立 草臥れし娘背負へば風光る       海 三春
 二   リュックの底に確かのど飴      翠 雑
 三  声限り選手の名呼ぶ決勝戦       め 雑
 四   『*もしドラ』読んで赤線を引く    子 雑
 五  マフラーの巻き方にさえ秘訣あり    栞 三冬
 六   丹精込めて肥やす室咲き       翠 三冬
 七  あの人の面影宿す幼顔         牙 雑
 八   月に一度の逢瀬途絶える       め 恋
 九  初キスは国際線のゲート前       子 恋
 十   追っかけまいてくれる運転     羽沖 雑
 十一 湖に玉兎きらめく波を立て       翠 三秋/月
 折端  落武者に似る敗荷(やれはす)の影  め 晩秋
名残折裏
 折立 行く秋に平家語りの琵琶法師      子 晩秋
 二   故郷(おくに)言葉の響き優しき   翠 雑
 三  ワンカップ一両電車の窓に置く     め 雑
 四   記念写真はいつも端っこ       ア 雑
 五  飛花落花あおげば眉に唇に       め 晩春/花
 挙句  舞ひ納めたる蝶々の羽        栞 三春

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


033es.jpg

003es_20110622174148.jpg
 *PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO
とびぃ
連句
0

07/06のツイートまとめ
twryossy

あらら、そうでしたか。これも自粛ムードということでしょうか。RT @otsukenomi: 今年の朝顔市、いつのまにか中止になってた…。 QT @a10luck: RT @twryossy: 【今日の季語555】朝顔市(あさがおいち):… #jhaiku #kigo
07-06 10:40

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨晴間の良い一日を! #kigo
07-06 07:16

【今日の季語555】朝顔市(あさがおいち):毎年7月6日から8日まで東京入谷鬼子母神境内で開かれる。梅雨の時季と重なるので雨に降られることも多いがそれも趣の一つに。◆朝顔市昨日の雨を地に残し(太田佳代子) #jhaiku #kigo
07-06 05:00

とびぃ
一般
0

信州連句の旅から戻りました
127es.jpg

7月2日から4日にかけて催された信州連句の旅に参加して一昨日帰宅しました。
その折の画像の整理が済んだのでその一部をご覧に入れます。

1枚目は最初の宿泊地、松代の朝の風景。
2枚目は会場となった須坂田中本家門前に掲げられたポスター。
3枚目以降は、その庭で孵った十数羽のカルガモたち。
すでに親鳥の羽交(はがい)の下を離れた一番子(5枚目)と、まだ親鳥の庇護の下にある二番子(3・4枚目)たちの愛らしい姿です。 (この項続く)

139es.jpg

135es.jpg

134es.jpg

057es.jpg

(1枚目)   RICOH GR-DIGITALⅡ 28mm f2.4
(2~5枚目) PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
とびぃ
旅行
0

07/05のツイートまとめ
twryossy

@swing1702 フォローありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。
07-05 10:29

お迎えありがとうございます。日中は結構な暑さでしたが中本家の二階座敷を吹き抜ける涼風にしばし暑さを忘れて連句に没頭しました。 RT @antea24: @twryossy お帰りなさいませ。須坂も暑いところではなかったですか?それとも田中家のお庭が涼しげだったかしら。
07-05 10:27

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。雨間の良い一日を! #kigo
07-05 07:28

歌仙「大地震」名残裏五句目治定・挙句募集】五句目を治定しました。吟味結果と挙句の条件はこちらをご覧下さい。⇒ http://bit.ly/kDzTmE (投句締切7月7日午前5時) #jrenku #kigo
07-05 07:26

【今日の季語554】アロハシャツ:「アロハ」の省略形でも。第二次大戦後にハワイから渡来し、当時は海浜で着用されたが、後に街頭や仕事場などでも見かけるようになった。◆帰国して着る勇気なきアロハかな(広田祝世) #jhaiku #kigo
07-05 05:00

歌仙「大地震」名残裏五句目締切】おはようございます。昨日信州から戻りました。締切までにアンテア・羽沖・ね子・あをめの皆さんから都合7句のご出句がありました。吟味結果の発表までもうしばらくお待ち下さい。 #jrenku #kigo
07-05 04:56

とびぃ
一般
0

07/04のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語553】葭切(よしきり):ウグイス科の夏鳥。各地の河沼地に生える葭の茎で巣を作るところからこの名が出た。別名「行々子(ぎょうぎょうし)」は鳴声を模した表記。◆葭切や長江海となるところ(倉本三鶴) #jhaiku #kigo
07-04 05:00

とびぃ
一般
0

07/03のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語552】風鈴(ふうりん):風の立てる音色に涼を感じさせる繊細な工夫が施された夏の風物。「鈴(りん)」は宋音で鎌倉期に中国から渡来したものであることを示す。◆風鈴や目覚めてけふのくらしあり(鈴木真砂女) #jhaiku #kigo
07-03 05:00

とびぃ
一般
0

07/02のツイートまとめ
twryossy

お見送りありがとうございます。あまり時間がなくて半歌仙程度になりそうです。5座ほどで同時興行します。 RT @antea24 @twryossy …本田中さん(と、あちらでは呼び慣わしているとか)で歌仙が巻けるなんて羨ましい。良いご旅行を。
07-02 08:38

.@mick_393 @yu_hori お見送りありがとうございます。行って参ります。
07-02 05:44

昨日の「くちなし」です。 RT @yu_hori: すみません、この読み方は。。 @twryossy: もちろん「梔子」だけでも使用できます。… #kigo RT @hitsujisaka: @twryossy …「梔子の花」か「花梔子」が仲夏・植物の季語で、「梔子の実」が晩秋
07-02 05:43

原形「背きて」のイ音便形ですから旧仮名遣でも「背いて」とすべきです。 RT @SatoToshio: あかん。「背いて」は「背ひて」だったなあ。 QT @SatoToshio: 梔子に背いてゐたり花の人 佐藤俊夫 #haiku #jhaiku #kigo #saezuriha
07-02 05:41

もちろん「梔子」だけでも使用できます。花か実かは句の文脈に委ねることになりますね。 #kigo RT @hitsujisaka: @twryossy …「梔子の花」か「花梔子」が仲夏・植物の季語で、「梔子の実」が晩秋・植物の季語かと思いますが、「梔子」だけでも季語になるのですか。
07-02 05:31

本日より二泊三日の旅程で信州の松代・須坂地方へ連句の旅に出ます。【今日の季語】のアップデートはタイマーを午前5時にセットしてありますので平常通りの送信となる予定です。よろしくお願いします。 #kigo #jhaiku
07-02 05:28

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。週末の良い一日を! #kigo
07-02 05:20

●訂正:昨日の季語「梔子(くちなし)の花」のタイトル 【今日の季語552】は 【今日の季語550】とすべきものでした。謹んで訂正いたします <(_ _)>
07-02 05:19

【今日の季語551】噴水(ふんすい):「吹上げ」の傍題も。公園の池などに仕掛けられた水の噴き上げ装置。日本では明治十年の第一回勧業博覧会で公開されたのが始まりという。◆崩るると見せて噴水立ち上がる(成井 侃) #jhaiku #kig
07-02 05:00

とびぃ
一般
0

信州を旅してきます
029es.jpg
*PENTAX K-7 + SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO

今日から二泊三日の旅程で、「季語研究会」が主催する信州連句の旅に出てきます。

昨年も五月に同じ催しがあり、今年はその二回目。本日は松代に宿泊し、明日は須坂の「田中本家」の座敷で、別所真紀子さんによる講演とご当地の方々も連衆に加わる連句興行が開かれます。

梅雨時の信州は初めて訪れますが、どんな趣なのか今から楽しみです。
ご披露できるような写真が撮れるとよいのですが…

では行って参ります。
とびぃ
身辺雑記
0

07/01のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。しばしの梅雨の晴れ間をよい気分でお過ごし下さい。 #kigo
07-01 05:10

【今日の季語552】梔子(くちなし)の花:夏に 高い香気を放つ純白の花を開く。秋に黄色染料に用いられる実を付けるが、熟しても開かないところからこの名が出たとされる。◆くちなしにいくたびかはる風のみち(相馬沙緻) #jhaiku #kigo
07-01 05:00

とびぃ
一般
0

| HOME | next