03/30のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。暖かさの増した休日の良い一日を! #kigo
03-30 05:39

【今日の季語1553】糸遊(いとゆう):「陽炎(かげろう)」の傍題の一つで、同義の漢語傍題「遊糸(ゆうし)」に基づいて生まれた別名。地表の温度差で光が揺らめくように見える。◆糸遊に児(ちご)の瞬きやさしさよ(白雄) #jhaiku #kigo
03-30 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -降下四機-
IMGP8867a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.28撮影)

本日の画像は昨日掲載したのと同じ3月28日に撮影したもの。①を撮った14:48から④の15:15までおよそ30分、その間に都合4機の降下姿を捉えることができました。各機の機体記号・機種・所有者は次のとおりです。

① JA3710 セスナ207 (Cessna T207A Turbo Stationair 7) 共立航空撮影    
② JA3899 セスナ206 (Cessna TU206G Turbo Stationair 6 II) 北海道航空
③ JA72XL リバティXL2 (Libety XL-2) ベルハンドクラブ
④ JA3955 パイパーPA28 (Piper PA-28RT-201T Turbo Arrow IV) 個人所有

②は機体に見える「北海道航空」の文字と、民間機検索データベースに定置場所が札幌飛行場とあるところから、この飛行場に飛来した遠来の機体であることが知られます。

③は昨日掲載した画像の最初にも当機の離陸直前の姿が写っているので、二つの画像データからおよそ30分ほどの飛行を済ませて帰着したことがわかります。

③以外の三機は初めて目にするもので、それらの飛翔姿を捉えることができたのはよい仕合わせでした。

IMGP8891a.jpg

IMGP8897b.jpg

IMGP8907a.jpg


03/29のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。花見にふさわしい週末の良い一日を! #kigo
03-29 05:36

【今日の季語1552】木蓮(もくれん):「もくれんげ」「紫木蓮」などとも。花弁の形が蓮に似るところからこの名がある。「白木蓮」も傍題には含まれるが本来は木蓮とは別種。◆木蓮や塀の外吹く俄風(内田百閒) #jhaiku #kigo
03-29 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -待機三態-
IMGP8856a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.28撮影)

開花宣言が数日前に出た都内に比べて、多摩東部は多少遅れてはいるものの、調布飛行場周辺でも次第に花の気配が濃くなってきました。本日の画像はそのような花樹の姿を遠景に置いて撮ったものです。

3枚はいずれも南に向かって発進待機中の単発機の画像。それぞれの機体記号と機種は下記のとおりです。

① JA72XL リバティXL2 (Libety XL-2)
② JA3897 パイパーPA32R (Piper PA-32R-301T Turbo Saratoga SP)
③ JA3979 セスナTU206G (Cessna TU206G)

①は2月18日にも掲載したことがありますが、②③はこのブログでは初お目見えの機体です。

露出時間は①②が1/100秒。③はさらに遅めの1/40秒に設定してみました。③などは飛行中ならばブレが激しくて失敗作に終わったはずですが、滑走中とあって破綻なく写し撮ることができました。プロペラ回転の姿を自然に捉えるには、危うきに遊ぶのは覚悟の上で、これくらいの速さに設定するのが効果的のように思われます。

IMGP8851a.jpg

IMGP8936a.jpg


03/28のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。日ごとに暖かさを増しつつある週末の良い一日を! #kigo
03-28 07:25

【今日の季語1551】雲雀(ひばり):「初雲雀」「揚雲雀(あげひばり)」などの傍題の他「告天子」の漢語別名も。囀りながら空高く舞い上がるのは繁殖期の雄の縄張り宣言。◆永き日も囀りたらぬひばりかな(芭蕉) #jhaiku #kigo
03-28 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -降下二態-
IMGP8802a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.24撮影)

本日も3月24日撮影の蔵出し画像を掲載します。調布飛行場滑走路の北側から降下してくる単発機の2枚連続画像で、②から判読できる機体記号や機名などから、国土地理院所有のJA315G「くにかぜⅢ」セスナ208B(Cessna 208B Grand Caravan)機であることが知られます。機腹に沿って引かれた赤と青の二本線が軽快な印象を与えています。

前々回から問題になっているシャッター速度(露出時間)は、画像データにいずれも1/320と記録されていました。画像①のプロベラが、ブレながらも3枚あるのがはっきり写っているところに、その設定の反映をうかがわせるものがあります。

IMGP8804a.jpg


03/27のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。各地から初花の便りが届き始めた週央の良い一日を! #kigo
03-27 07:38

★通し番号訂正【今日の季語1550】初花(はつはな):「花」の別題の一つで「初桜」と同義の仲春の季語。開いたばかりの桜をいうのに用いる。開花を待ちわびる心がその兆しをいち早く捉えた。◆初花を木の吐く息と思ひけり(本宮鼎三) #jhaiku #kigo
03-27 05:05

【今日の季語1551】初花(はつはな):「花」の別題の一つで「初桜」と同義の仲春の季語。開いたばかりの桜をいうのに用いる。開花を待ちわびる心がその兆しをいち早く捉えた。◆初花を木の吐く息と思ひけり(本宮鼎三) #jhaiku #kigo
03-27 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -画像比較-
IMGP8799a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.24撮影)

本日の画像も前回と同じくシャッター速度比較のために、滑走路に向かうドルニエ228型機をできるだけ同じ角度から速度を変えて撮ったものです。

画像①・②は同じJA32CA機の正面像。発進位置に付くまでに西方向に機首を向ける折が2度あるのを捉えたもので、シャッター速度は①が1/250、②はその半分の1/125となっています。両者を比較すると、速度の遅い②の方がプロペラの回転状態をより連続的に写し取っていることが看取されます。

その後の3枚はやや右側の角度から撮ったもの。画像③・④は上記と同じ機体で、⑤はその後に発進したJA31CA機のものです。シャッター速度は、③が1/125、④が1/200、⑤が1/320に設定してあります。こちらも上記と同様に、シャッター速度を高めるにつれてプロペラの回転像が分断されてゆく状態が見て取れます。あとは好みの問題になりますが、プロペラ機の自然な飛翔姿を撮るには③・④あたりの数値が目安になりそうです。

IMGP8792a.jpg

IMGP8795a.jpg

IMGP8793a.jpg

IMGP8814a.jpg


03/26のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。桜前線が東進を始めた週央の良い一日を! #kigo
03-26 05:28

【今日の季語1549】残雪(ざんせつ):「残る雪」の漢語傍題で「陰雪(かげゆき)」「雪形(ゆきがた)」などとも。農村地帯には遠山に残る雪の形を農作業の目安とする所も。◆残雪に風添ふ日々となりにけり(相馬遷子) #jhaiku #kigo
03-26 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

03/25のツイートまとめ
twryossy

"臭いものには蓋"は情報操作の定番!RT @tokunagamichio: 「数値高く、被曝線量 公表せず」あ〜ぁだな!(今日の毎日新聞) http://t.co/FcB2GUiqCr
03-25 06:26

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春暖の続く週初の良い一日を! #kigo
03-25 06:10

【今日の季語1548】春(はる)コート:「春外套(はるがいとう)」の傍題にあたるが、現代では「外套」の語感が古めかしく感じられるためにこちらを多く用いるようになった。◆鉄橋の雨蕭条と春コート(柴田白葉女) #jhaiku #kigo
03-25 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -単発二機-
IMGP8824a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.24撮影)

画像は昨日の散行の際に滑走路西側の「ふるさとの丘」のいつもよりやや低い位置から撮影したものです。昨日の記事で取り上げたシャッター速度をあれこれ試してみようという魂胆で撮り比べを試みました、それぞれの数値を記しておきます。

①1/250  ②1/320  ③1/160  ④1/200  ⑤1/250

いずれにしてもさしたる違いは見られませんので、プロペラが回転状態にあることを表すにはこの程度の速さがひとつの目安になりそうです。

なお二機の機種は、①②のJA3687がセスナ182P(Cessna 182P Skyline)、③~⑤のJA8891がセスナ208(Cessna 208 Caravan I)であることが機体記号から知られます。

IMGP8825a.jpg

IMGP8828a.jpg

IMGP8829a.jpg

IMGP8831a.jpg


03/24のツイートまとめ
twryossy

放射能による海洋汚染はさらに深刻な事態のはずだが… RT ルッテ首相は「これ以上事態を悪化させないことが重要だ」と応じた。RT @asahi: 安倍首相「クリミア併合は国際法違反」 オランダ首相に http://t.co/d7n2KoY0L5
03-24 10:37

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春の気配定まる週初の良い一日を! #kigo
03-24 06:02

【今日の季語1547】紫雲英田(げんげだ):「紫雲英」の傍題の一つ。緑肥として栽培されるゲンゲに覆われた田が紅紫色に染まる情景は仲春の田園風景にふさわしいものであった。◆おほらかに山臥す紫雲英田の牛も(石田波郷) #jhaiku #kigo
03-24 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -降下二機-
IMGP8638b.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.12撮影)

本日掲載したのは3月12日に調布飛行場西側の丘の上で撮った軽飛行機2機の画像です。

これまではシャッター速度を高めに設定していたのですが、それだとプロペラの回転が静止したような画像になってしまいます。そこで飛翔姿にいま一つ現実感を与えるために、もう少しシャッター速度を遅くして撮ることを試みました。ただそうすると手ブレを起こす可能性が増すことになるので、その兼ね合いがなかなか難しいところです。

本日の画像は4枚とも露出時間を1/125に設定して試写したもの。予測どおり②と④は背景が流れた状態でブレていますが、それがかえって高速動体の臨場感を表すのに効果を上げているように思われ、プロペラの回転状態にも動感があります。今後はこのあたりを一つの目安にしてさらに試行を重ねてみたいと思います。

二機はともに個人所有のもので機種は下記のとおりです。

JA123J パイパーPA28 (Piper PA-28-151 ARCHER)
JA27RY シーラスSR22T (Cirrus SR22T)

IMGP8639b.jpg

IMGP8643b.jpg

IMGP8645b.jpg

03/23のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春の連休最後の良い一日を! #kigo
03-23 05:28

【今日の季語1546】春星(しゅんせい):「春の星」の漢語傍題。「星朧(ほしおぼろ)」とも。大気の澄む冬に比べて春空の星は見える数が少なくなるが、朧に霞む姿に春の趣が。◆春星や光年といふ夢の距離(松本圭司) #jhaiku #kigo
03-23 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -空港麗日-
IMGP8748a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.22撮影)

昨日の調布飛行場は、連休二日目の土曜日とあって滑走路西側の「ふるさとの丘」は家族連れで大賑わい。やや強い南風を受けて、午後の離島定期便はいずれも南に向けて離着陸を重ねていました。本日の画像はそれらの機体を撮ったものですが、すべてドルニエ228型機ということで、いささか曲のないものになってしまいました。

画像①は神津島行き305便JA32CA機が発進体勢に入った姿。本機が14:42に飛び立つと、待ちかねたようにその2分後に新島発206便JA33CA機が北から降下してきました(画像②③)。

それからおよそ30分後の15:12に、今度は同じ機が折り返し新島行207便として飛び立って行きました。その姿を捉えるべく丘の上から滑走路の南端近くまで自転車を走らせて撮ったのが画像④。撮影者も飛行機ともども忙しいことです。

飛行場には春の雲が浮かび、上空からはヒバリの囀りが聞こえてきます。確かな春の気配を感じたひと時でした。

IMGP8753a.jpg

IMGP8755a.jpg

IMGP8769a.jpg


03/22のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。花便りが届き始めた週末の良い一日を! #kigo
03-22 05:43

【今日の季語1545】燕(つばめ):「つばくらめ」「つばくろ」の古名の他「飛燕(ひえん)」「初燕(はつつばめ)」など傍題が多い。仲春に南国から飛来し家の軒先などで雛を育てる。◆帽子屋に帽子あふれてつばめくる(木田千女) #jhaiku #kigo
03-22 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(7)-
IMGP8602a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.12撮影)

今日の画像は3月19日に掲載したのと同じ日に調布飛行場で撮ったもの。①は格納庫からヘリポートに牽引されてゆく機体、②はその静止体、③は飛翔体画像にあたります。

本機はその機体記号JA6630から、東邦航空の所有するアエロスパシアルAS355F2(Aerospatiale AS355F2 Ecureuil 2)型機であることが知られます。なお情報源の一つで日本の民間登録航空機検索データベース「JA Search」によれば、本機は昨年7月11日に中日本航空から東邦航空に所有権が移され、その時点では定置場が仙台空港と記されていますが、あるいは所有者の変更によってこの飛行場に移送されてきたのかも知れません。

IMGP8605a.jpg

IMGP8650a.jpg


03/21のツイートまとめ
twryossy

QT 教育委員会改革の方向性に異議あり: 桜丘便り http://t.co/gNijyvGMHf
03-21 16:21

QT 籾井会長や経営委員は問題発言をしても「個人的な見解」と言って逃げるのに職員は「個人的な見解」を述べられないのです。 http://t.co/trqoIdnV5J 毎日新聞:「みなさまのNHK」が変だ OB、OGが内情語る)
03-21 07:27

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春分を迎えた祝日の良い一日を! #kigo
03-21 05:13

【今日の季語1544】中日(ちゅうにち):「春分」の傍題で二十四節気の一つ。昼と夜の長さが一日の半分ずつあるところからこの別名がある。暦の上ではこの日から仲春後半に。◆杉山の切り株濡るるお中日(大木あまり) #jhaiku #kigo
03-21 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

芽柳
DSCF1387a.jpg
*東京・三鷹 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R (2014.03.17撮影)

今日の画像は、いつもの自転車散行コースの途中、野川公園自然観察センター近くの野川左岸で撮ったもの。一昨日のツイッター季語「芽柳」にちなんで掲載しました。

その記事にあるように、「柳」は単独では晩春の季語になりますが、「柳の芽」とその傍題「芽柳」はそれに先立つ仲春の季語とされ、枝垂れた細枝に萌黄色の新芽が芽吹いたみずみずしさを表すところにこの季語の本意があります。

冬の間は色彩に乏しかったこの河岸もこのところようやく木々の芽が吹き出して春の気配を見せ始めています。芽柳はその先がけの役割を務めているようです。


03/20のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。気温の低下にお気を付けて週央の良い一日を! #kigo
03-20 05:35

【今日の季語1543】春嶺(しゅんれい):「春の山」の漢語傍題。本題や別題「山笑ふ」が柔らかな山姿を思わせるのに対してこちらには残雪を留めて連なる高山のイメージがある。◆春嶺を重ねて四万といふ名あり(富安風生) #jhaiku #kigo
03-20 05:00

とびぃ
季語
0 0

03/19のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。日ごとに日脚の伸びゆく週央の良い一日を! #kigo
03-19 05:53

【今日の季語1542】芽柳(めやなぎ):「柳の芽」の傍題。「柳」単独では晩春になるが、新芽を吹く時季に合わせて仲春の季語とする。細枝が風に揺れる様は春の到来を実感させる。◆芽柳の日ごとに風の重さかな(上野陽子) #jhaiku #kigo
03-19 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -直昇飛機(6)-
IMGP8591a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.撮影)

3月に入ってから身辺雑事や天候の影響で自転車散行に出ない日が多くなってしまいました。本日の画像①は、12日にそれを再開した折に、調布飛行場西側の丘の上から滑走路北側のヘリポートに駐機していた2機のヘリを撮ったものです。

画像②は赤と白に塗装された手前の一機。機体記号JA20NAと機腹に書かれた文字などから、奈良県消防防災ヘリコプター「やまと2000」(ベル式412EP型)であることが知られます。点検整備などのためにここに飛来したものと思われます。

画像③の一機は、これも機体記号JA9672によって、東邦航空の所有するアエロスパシアル社製 Aerospatiale AS332 Super Puma であることが判明します。見るからに力のありそうな機体で、過去のブログ記事によれば、山岳遭難救助や要人輸送などに使用された経歴があります。機体上部カバーが外されたままで置かれている姿を珍しい思いで眺めました。

IMGP8593a.jpg

IMGP8594a.jpg


03/18のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春一番が出番を待つ週初の良い一日を! #kigo
03-18 06:40

笠着00》ツイッター笠着百韻連句「猫の目の」の巻の清書をブログに掲載しました。こちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/ODFVYJcNsw #kasagi
03-18 06:07

【今日の季語1541】鶴帰る(つるかえる):「引鶴(ひきづる)」の傍題の一つで「鶴去る」などとも。越冬のために飛来した鶴はこの頃にV字形の隊列を組んで北方へ帰ってゆく。◆谺(こだま)して鶴帰る日の山河澄む(林 十九楼) #jhaiku #kigo
03-18 05:01

とびぃ
飛行機
0 0

ツイッター笠着百韻連句「猫の目の」の巻 (清書)
DSCF1377a.jpg *東京・三鷹 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R (2014.03.17撮影)

ツイッターのタイムライン上からどなたでも連句の付合に参加できる「笠着連句」、その通巻第二十が3月9日にめでたく挙句を迎えました。これに「校合(きょうごう)」を加えた一巻が完成しましたのでその清書をご覧に供します。

本巻もこれまでと同じく「初折」から「名残折」に及ぶ四折の懐紙式に則り、一巻の中に花を四句、月を七句詠む「四花七月」を配置を配置して付合を進めました。ただし季の運びなどについては緩めに運用したところもあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  ツイッター笠着百韻「猫の目の」の巻 (先勝乱吟)

                   起首 2014.01.20
                   満尾 2014.03.09

01 猫の目の細き日多し日脚伸ぶ       真葛(冬)
02  早梅ひそと薫る酒蔵          宗海(冬)
03 旅鞄はやりの色を選ぶらん        里代
04  買ったばかりの図鑑片手に       悦子
05 父語るきれいな川のあった夏       曙水(夏)
06  重機の音の止めば夕立         風牙(夏)
07 信号の点滅数え弧月浮く         松翠(秋/月)
08  朝顔日記今日でおしまい         悦(秋)
初裏
09 スニーカー干して官舎の秋高し       代(秋)
10  丸太のベンチ影舟となる         蛉
11 海底に秘宝眠るといふ噂          葛
12  大吟醸酒満たすぐい呑み         海
13 小上がりの二人何やらよそよそし      牙
14  駅のホームの夜汽車出発         悦
15 狐火と囁きて肩抱かるる          代(恋/冬)
16  冬菫さく新婚の家           阿紗(恋/冬)
17 月細く夜間飛行がふと香る         水(秋/月)
18  流星遥かサン=テグジュベリ        葛(秋)
19 冷やかに紙に滴る青インク         悦(秋)
20  染まらぬままに帰る白鳥         水(春)
21 誰が袖に吹き入れんとや花吹雪       海(春/花)
22  都をどりに心浮き立つ          葛(春)
二表
23 進級はとにもかくにも先ず部活       代(春)
24  喫茶の窓に憂いあずけて         蛉
25 すっきりと今日は晴れてる山日和      悦
26  おにぎりの具は昆布の佃煮        翠
27 正直を売り物にする商売気         葛
28  カリヨン楽士忠実(まめ)に時告ぐ     蛉
29 飽かず見る絵本の原画外は雪        代(冬)
30  聖夜の明かり街に溢れる         悦(冬)
31 マフラーの揃いの模様仕上がりて      海(冬)
32  ちょっと照れつつ手つなぎデート     葛(恋)
33 拝まれて無理に義理チョコ買ひし義理    水(恋)
34  お初の裾にすがる徳兵衛         代(恋)
35 月の夜の客で賑はふ芝居小屋        悦(秋/月)
36  楊枝くはへてエレヂーの虫        蛉(秋)
二裏
37 結局は食欲に負け栗鹿の子         葛(秋)
38  野点の席を照らす木漏れ日        翠
39 弘法の名を留めたる清水影         海(夏)
40  冷し西瓜を囲む幼ら           代(夏)
41 襟元にぽつりと残るシミ赤し        牙
42  警報鳴って閉まる遮断機         悦
43 一筋と辿るこの道違ふらし         葛
44  しぐれてゆくか待ち人は来ず       仝(冬)
45 フィットネス終えて見上る冬の月      代(冬/月)
46  ひとり鏡にアラベスクする        水
47 回転にひねり効かせて金メダル       悦
48  五つの数がうまく揃わぬ         海
49 落花なほ水上バスに迷ひ込み        代(春/花)
50  スカイツリーは鳥曇なる         仝(春)
三表
51 亀鳴くか鳴かぬか尽きぬ酒談義       海(春)
52  課長にゴマをするも一芸         牙
53 万歳を匍匐で裏に崩す膝          蛉
54  出航の朝夫を見送る           悦
55 晴天の予報も嬉し空の色          葛
56  スマホに頼る今日の運勢         水
57 真っ直ぐにぶれぬ生き方夏木立       悦(夏)
58  五月幟に武者が犇めく          海(夏)
59 滝しぶき浴びて心のリフレッシュ      悦(夏)
60  慌てて買うた靴に靴擦れ         牙
61 閉店の貼り紙の文字金釘で         葛
62  忘れ団扇に残る焦げ跡          海(秋)
63 間のびせる村の有線盆の月         代(秋/月)
64  相撲呼び出し小節きかせて        翠(秋)
三裏
65 好きなのはあなただけよとつきし嘘     悦(恋)
66  恋の懺悔を波が呑み込む         海(恋)
67 ハーレーの腰を抱き締め灯台へ       代(恋)
68  DMばかり郵便の束           葛
69 ガラケーで連句打ちすぎ腱鞘炎       水
70  ピアノの詩人憂ひ湛へて         葛
71 決着の白黒付けて下さいな         悦
72  カフェオレ飲んでまずは休憩       紗
73 此処其処と流るる「パリの散歩道」     牙
74  レポート仕上げ爽やかな朝        代(秋)
75 有明の影ほのかなる厨窓          海(秋/月)
76  今日定家忌とこよみ確かむ        葛(秋)
77 まだ固き蕾に宿る花の艶          悦(春/花)
78  十五の春は天空を飛び          代(春)
名残表
79 ペンダント青きを胸に風光る        海(春)
80  舳先の女神異国見詰めて         水
81 椰子の実の打ち寄せらるる無人島      翠
82  帰還兵逝く平成の世に          代
83 秒読みの発射間際の宇宙基地        悦
84  獲物の羽根を散らす大鷹         海(冬)
85 一炊の飯に涙の律義者           葛
86  揮毫頼まれ名言集繰る          水
87 山羊さんのゆうびんごっこきりもなく    代
88  円き舞台にボレロ流るる         海
89 篝火の火の粉浴びたる程近さ        牙
90  いつも人気のゴリラ舎の前        悦
91 不忍池(しのばず)の蓮を惜しむは昼の月   牙(夏/月)
92  柳川鍋にざくの大盛り          海(夏)
名残裏
93 横丁の祭囃子の聞こえ来る         悦(夏)
94  昨日のこともつかぬ分別         葛
95 語り継ぐ津軽の婆のこぎん刺し       代
96  くるみ釦のケープ纏ひて         翠
97 全集の並ぶ書棚の薄埃           葛
98  袴姿で首席卒業             悦(春)
99 盛りなる乙女も花も大笑ひ         水(春/花)
100 蛤の殻はずす塗箸            牙(春)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



03/16のツイートまとめ
twryossy

承りました。そう改めます。 RT @Mrkmbc: …ありがとうございます。そちらでよろしくお願いします。@twryossy: 笠着00》【校合】②87…は典拠となった童謡の題名が「やぎさんゆうびん」なので「山羊さんのゆうびんごっこ」の方が自然では. . #kasagi
03-17 10:29

笠着00》【校合】②87「山羊さんのお手紙ごっこ」は典拠となった童謡の題名が「やぎさんゆうびん」なので「山羊さんのゆうびんごっこ」の方が自然ではないかというご提案を頂きましたが、作者の@Mrkmbcさん、いかがでしょうか。 #kasagi
03-17 05:47

笠着00》【校合】今朝の締切までにDMにより二つのご指摘を頂きました。①同字解消のために86「色紙」を「揮毫」に改めて頂いたのが初案のままになっている、⇒「まとめ」の際の手違いでした。そのように改めます。 #kasagi
03-17 05:47

【今日の季語1540:別記】「牙」を「かび」と読む理由は明らかでないが、古代日本語に《芽吹く》の意を表す「かぶ」という動詞があり、その名詞形「かび」を「芽」に通う「牙」字で表したものと思われる。 #jhaiku #kigo
03-17 05:01

【今日の季語1540】蘆牙(あしかび):「蘆の角」の傍題の一つで「蘆の芽」を指す古語。アシは水辺に群生するイネ科の植物で、仲春の時分に角のようにとがった若芽を出す。◆芦牙の水のつぶやき忘れ潮(佐藤鬼房) #jhaiku #kigo
03-17 05:00

とびぃ
連句
0 0

福島連帯ツアー記録⑤ -原発のない福島を! 県民大集会-
DSCF1244a.jpg *福島・郡山 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R(2014.03.08撮影)

富岡町周辺見学前日の3月8日に郡山市のユラックス熱海会場で標記の県民大集会が開かれ、見学者一行はそれに参加しました。

国分寺医療生協前を7時に出発したマイクロバス(画像⑤)は東北自動車道を経由して11時25分に磐梯熱海I.C.から一般道に出て市内にある会場へ向かいました。当地では画像②に見るような雪の舞う天候にも拘わらず大会役員が各所で道案内役を務めています。

到着した会場ではすでにアトラクションが行われており、昼休みを挟んで13時から県民大集会が始まりました。主催者代表の挨拶の後、作家の大江健三郎氏が、義父にあたる映画監督伊丹万作氏について触れ、「太平洋戦争敗戦後、『自分たちはだまされていた』として自らの責任から逃れようとしている日本人の姿を見て、義父は日本の将来に暗い気持を抱いていた」と述べ、さらに「原発事故後の世論調査では90%が原発廃止に賛成したはずなのに、現在の安倍政権が再稼働を進めていることに対して人々はおかしいと気づきながら自らだまされることを望んでいるのではないか」と訴えました(画像①)。

その後、各界からの挨拶に続き、原子力資料情報室の現状分析(画像③)、強制および自主避難者、有機農業者、除染労働者、高校生からの発言(画像④)がありました。それぞれに切実な内容を持った発言でしたが、最後の高校生の「大人はこれまでいったい何をしてきたのか?」という訴えがことに深く心に染みました。大江氏の言葉と併せて、われわれは"だまされていた"では済まない、原発のない社会実現の責任を担わされていることを忘れるべきではないでしょう。

DSCF1240a.jpg

DSCF1248a.jpg

DSCF1252a.jpg

DSCF1236a.jpg


03/16のツイートまとめ
twryossy

RT @KON32722864: 吉永小百合さん「原子力平和利用なんてない。核というものは、人間とは共存できないものだということを原発事故で初めて自覚した」また、被災地の悲しみを忘れ、東京五輪に浮かれる世相にも疑問を投げかける。 http://t.co/7AM5j1jQV0
03-16 09:05

了解です。お手数かけました。@ootsuru: @twryossy すみません。ツィート間違いでした。削除しました。毎朝お世話になっています。
03-16 09:01

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春暖の定着しつつある休日の良い一日を! #kigo
03-16 07:20

【今日の季語1539:別記】否定の詞を伴って「つぎほがない」のように用いる「つぎほ」は、この語が比喩的に《話をつなぐきっかけ》の意に転じたものである。 #jhaiku #kigo
03-16 05:01

【今日の季語1539】接穂(つぎほ):「接木(つぎき)」の傍題の一つで「接木苗」などとも。幹となる果樹や花木の「砧木(だいぎ)」に対して、それに接合させる枝や若芽を指す名称。◆夜に入れば直したくなるつぎ穂かな(一茶) #jhaiku #kigo
03-16 05:00

とびぃ
原発問題
0 0

03/15のツイートまとめ
twryossy

笠着00》「猫の目の」の巻の校合をひととおり済ませましたので、3月17日午前5時までに確認をお願いします。問題がなければこれを最終稿として治定させて頂きます。⇒ http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-15 11:09

この件に関してご回答がありませんので勝手ながら改案の句形に改めさせて頂きます。 RT @twryossy: 笠着00》【校合】11「丸太のベンチ影絵舟みる」の「影絵舟」が表現として落ち着きません。素直に「影舟となる」などとしてはどうでしょうか。 #kasagi
03-15 10:59

ブログ記事訂正 ⇒ 福島連帯ツアー記録④ -富岡町夜ノ森地区-画像②に誤って昨日のものが掲載されていました。謹んで訂正いたします<(_ _)>http://t.co/cI9w4j7rxV
03-15 10:19

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春暖へ向かいつつある週末の良い一日を! #kigo
03-15 05:18

【今日の季語1538】春の鳥(はるのとり):「春禽(しゅんきん)」の漢語傍題でも。「百千鳥」「囀り」の別題が示すように春はさまざまの小鳥が姿を見せて鳴き交わす季節である。◆重たくて影捨てて飛ぶ春の鳥(八田木枯) #jhaiku #kigo
03-15 05:00

とびぃ
一般
0 0

福島連帯ツアー記録④ -富岡町夜ノ森地区-
DSCF1354a.jpg
*福島・富岡 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R(2014.03.09撮影)

上掲の画像は「花のトンネル」で知られた富岡町夜ノ森地区の景観。以前は夜桜見物に大勢の観光客が押し寄せる名所でしたが、原発事故によって町全域が警戒区域に設定され、そこに近付くことさえ出来ませんでした。その地域が昨日の記事に示したように、つい最近「帰還困難区域」に指定され、画像に見るようなバリケードによって行く手を阻まれてはいますが、その手前までは時間制限付きながら「居住制限区域」として立ち入りができるようになりました。

しかしそこで測定した線量計の数値は、画像②に見るように毎時5.52マイクロシーベルトを示しています。これは年間48.36ミリシーベルトに相当し、放射線業務などに従事する人の上限値50ミリシーベルトにほぼ匹敵するものであり、健康管理の面で「居住」にはほど遠い数値です。

画像③~⑥はその近在で目にした場景。⑥は「警戒区域」に指定された楢葉町に建つ豪邸。この地域に精通している案内役のMさんの話によれば、ここは東電社員の家でその建築費はおよそ七千万円とのこと。かつて我が世の春を謳歌した暮らしぶりの跡を空しく今に留めています。

DSCF1358a.jpg

DSCF1366a.jpg

DSCF1361.jpg

DSCF1360a.jpg

DSCF1368a.jpg


03/14のツイートまとめ
twryossy

笠着00》こちらはa「今日」に対して94に「昨日」が同面に近在するのでb案が良いと見ました。 RT @sakuratukiyo: 校合】98 a袴姿で今日の卒業 b袴姿で首席卒業 #kasagi
03-14 05:05

笠着00》改案お手数でした。甲乙付け難いですが、aは87の子供の世界に通じるものがあるのでbを頂くことにしましょう。 RT @sakuratukiyo: 校合】90 a 園児に人気ゴリラ舎の前 bいつも人気のゴリラ舎の前 #kasagi
03-14 05:05

【今日の季語1537】春の愁(はるのうれい):「春愁(しゅんしゅう)」の和語傍題。「春愁ひ」「春怨」などとも。生気の躍動する季節にふと感じる淡い哀愁をいう情感的季語。◆観音の一面ことに春愁ひ(片山由美子) #jhaiku #kigo
03-14 05:00

とびぃ
原発問題
0 0

福島連帯ツアー記録③ -富岡町仲町行政区-
DSCF1342a.jpg
*福島・富岡 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R(2014.03.09撮影)

見学者一行を乗せたマイクロバスは富岡町駅前から町の中央部に向かいます。案内役は富岡町南に隣接する楢葉町の住民で、現在那須塩原市に避難中のMさん。かつては郵便局員としてこの地域一帯の配達業務に携わった経歴の持ち主で、一軒ごとの苗字を諳んじているという、この地域のガイドにはまことにうってつけのお方。その案内を受けてバスを下り最初に実見したのが①~③の画像に見る場景。人影の途絶えた仲町行政地区の家並みです。

④は参加者の一人が持参した線量計の画面。そこに表示された数値は毎時2.03マイクロシーベルトの線量率を示していました。これを1年あたりの数値に換算すると17.78ミリシーベルトになります。原子力安全委員会が避難基準とする年間20ミリシーベルトを下回っているとはいえ、けっして安心のできる数値ではありません。

これまで富岡町は最初全域が警戒区域に設定され立ち入り禁止となっていましたが、今年3月4日に避難先の郡山で開かれた富岡町議会で、線量率を目安として、低い順から「避難指示解除準備区域」「居住制限区域」「帰還困難区域」の3段階の避難指示区域に再編する見直し案を可決し、国の原子力災害対策本部会議の決定を受けて3月25日から実施されることになりました。ここ仲町地区は2番目の居住制限区域に該当しますが、今後それがどのように具体化されるのかが大きな問題です。

⑤は行く先々で見かけた風景。除染作業によって集められた汚染物質が至る所に山積しています。このような廃棄物が最終的にどんな形で処分されるのか、そのことも気がかりです。原発事故はまことに途方もない後遺症を福島に残したものです。

DSCF1340a.jpg

DSCF1338a.jpg

DSCF1343a.jpg

DSCF1346a.jpg


03/13のツイートまとめ
twryossy

拙案ご納受ありがとうございます。このこと承りました。 RT @syosui24: ご提示の「する」案で改めてください。よろしくお願いします RT @twryossy: 笠着00》【校号】 46「ひとり鏡にアラベスクする」 #kasagi
03-13 07:07

笠着00》【校合】90「動物園のゴリラ舎の前」は「ゴリラ舎」とあれば「動物園」は言わでもの詞。その字数でもっと別のことが言えるように思われますが… http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-13 05:54

笠着00》【校合】98「袴姿で卒業式に」下七の四三調を改めたいですね。 http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-13 05:49

笠着00》【校合】44「しぐれて」 45「終えて」 46「アラベスクして」 47「効かせて」と「て」が続き過ぎる嫌いがありますね。46「して>する」に改める案はどうでしょうか。http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-13 05:49

笠着00》【校合】11「丸太のベンチ影絵舟みる」の「影絵舟」が表現として落ち着きません。素直に「影舟となる」などとしてはどうでしょうか。http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-13 05:48

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春の気配が次第に濃くなってきた週央の良い一日を! #kigo
03-13 05:26

【今日の季語1536】地虫穴を出づ(じむしあなをいず):「地虫出づ」の短略傍題でも。地虫は本来コガネムシ科の幼虫をいうが俳諧では冬の間土中に眠る虫一般を指して用いる。◆少年のかさぶた痒(かゆ)く地虫出づ(岩崎健一) #jhaiku #kigo
03-13 05:00

とびぃ
原発問題
0 0

03/12のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春暖が近付く週央の良い一日を! #kigo
03-12 07:25

【今日の季語1535】卒業歌(そつぎょうか):「卒業式」「卒業生」などと並ぶ「卒業」の傍題の一つ。三年前には津波で校舎を流されて例句の状況に置かれた学校も少なくなかった。◆みちのくの瓦礫の中の卒業歌(杉 良介) #jhaiku #kigo
03-12 05:00

とびぃ
一般
0 0

福島連帯ツアー記録② -富岡町駅前-
DSCF1305a.jpg *福島・富岡 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R(2014.03.09撮影)

富岡町は福島県双葉郡の中心地で、総人口およそ1万4千人(2014.02.01現在)。町には東京電力福島第二原子力発電所があり、3年前に甚大な原子炉事故を起こした福島第一原子力発電所の南、ほぼ10㎞圏内に位置しています。

この町は3年前の原発事故の被害を被って全域避難を余儀なくされ、たちまち人住まぬ町と化してしまいました。かつては繁華の地であった風情の残る駅前一帯にも画像に見るような地震と津波による破壊の爪痕が生々しい姿を留めています。放射能汚染が続く限り、この町はこのような状態で放置されることになるでしょう。

DSCF1306a.jpg

DSCF1316a.jpg

DSCF1322a.jpg

DSCF1326a.jpg
とびぃ
原発問題
0 0

福島連帯ツアー記録① -富岡町駅舎-
DSCF1302a.jpg *福島・富岡 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R(2014.03.09撮影)

私が普段定期診断を受けている診療所を経営する三多摩医療生協が、東日本大震災・原発震災から3年目を迎えるのに合わせて、3月8日から9日にかけて一泊二日の旅程で企画した標題ツアーにこのたび参加してきました。その旅の間に撮影した画像を数回にわたってお目にかけることにします。

本日掲載したのは、二日目の最初の見学地でJR常磐線富岡町駅舎のあった場所。ここは1・2枚目の画像に見るように、駅ホーム南側から海を望む場所に位置し、海岸線まではおよそ350メートルという近さにあります。3年前に東日本一帯を襲った地震と津波により駅舎流失などの甚大な被害を受け、現在もなお本線復旧の目処は立っていません。

最後の画像は駅前に建つ震災被害者の慰霊碑。震災から3年目にあたる今日、震災被害によって尊い生命を奪われた多くの方々を追悼するとともに、将来に向けて記憶の念を新たにしたいと願う次第です。

DSCF1310a.jpg

DSCF1314a.jpg

DSCF1328a.jpg

DSCF1312a.jpg


03/10のツイートまとめ
twryossy

承りました。44も典拠句の詞取りとして問題ないと思います。 RT @urusinomi: 笠着00》【校合】③ 43 一筋と来たるこの道違ふらし  44 しぐれてゆくか待ち人も無くとしたいのですが、「しぐれてゆくか」の句そのままは拙いでしょうか。 #kasagi
03-10 12:22

①前後に飲食関連が並ぶ点になお難は残りますが初案の説明調が改善されたのは前進ですね。②と共に承りました。 RT @urusinomi: 笠着00》【校合】①37 難題はひとまづ措いて栗鹿の子 ②70 ピアノの詩人憂ひ顔なりと変更したいのですが… #kasagi
03-10 12:14

おめでとうございます。その記念に次回笠着はご吟を発句として巻を起こすことにしましょう。 RT @tsfuge: 笠着00》昨日満尾の日に、NHK俳句兼題「独活」で拙句が二席特選を頂きました。『羚羊の滑りし跡や独活群るる 天宮風牙』発句体の句でもありますので、… #kasagi
03-10 07:37

笠着00》【校合】「猫の目の」の巻がめでたく満尾を迎えました。校合を済ませて清書版を作成しますので、下記の「礎稿」に基づいて改めたい点などをお示し下さい。 ⇒ http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-10 07:30

笠着00》留守の間に笠着が満尾を迎えていました。ご連衆の皆さん、おめでとうございます。この後いつもの通り校合を済ませて最終満尾としますのでよろしくご協力をお願いします。 #kasagi
03-10 07:09

【今日の季語1533】根分(ねわけ):「株分(かぶわけ)」とも。春先に出た萩や菊などの多年草の新芽を古株から取り分けて植え直す作業。株を増やし花つきを良くする効果がある。◆約束の根分けの株のベルを押す(工藤眞智子) #jhaiku #kigo
03-10 05:00

とびぃ
原発問題
0 0

03/09のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1532】受験子(じゅけんし):「入学試験」の傍題の一つ。《あることをする人》の意を表す「子」を用いると同じ傍題の「受験生」に比べて文語的な語感が生まれる。◆受験子へ火柱上ぐる中華鍋(酒井多加子) #jhaiku #kigo
03-09 05:00

とびぃ
一般
0 0

03/08のツイートまとめ
twryossy

本日、三多摩医療生協の主催する「福島連帯ツアー」に参加して、郡山市>いわき市>楢葉町>富岡町などを一泊二日の旅程で見学してきます。本日は昼前後に郡山で開かれる「原発いらない!福島県民大集会」にも参加する予定です。
03-08 05:34

【今日の季語1531:別記】傍題の「芽ぐむ」を「芽組む」と表記するのは誤り。「~ぐむ」は「涙ぐむ」などと同じく名詞に付いて《内にあるものが形となって外に現れる》意を表す動詞を造る接尾語で動詞の「組む」とは異なる。 #jhaiku #kigo
03-08 05:01

【今日の季語1531】芽吹(めぶ)く:「芽立つ」「芽ぐむ」とも。枝から芽が出ること。主に木の芽について使われる表現で草木全般については別題の「萌ゆ」が用いられる。◆頑なにこらへゐし樹も芽吹きたり(右城暮石) #jhaiku #kigo
03-08 05:00

とびぃ
一般
0 0

03/07のツイートまとめ
twryossy

RT @magosaki_ukeru: 安倍政権:裁判官の危機感、7日朝日「最高裁長官の本来の退官予定は7月。突然辞任。竹崎氏に近い人の解説”辞任前倒し表明すれば官邸は候補者選びが間に合わない。官邸に準備の時間を与えなかったと言うことでないか”」奇手を打たざるをえないほど、今の…
03-07 11:30

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。しばらく続く寒の戻りにお気を付けて週末の良い一日を! #kigo
03-07 06:07

【今日の季語1530】如月(きさらぎ):陰暦二月の異称。季分けでは陽暦の「三月」と同じく仲春に配される。「衣更着」の通用語源表記が示すようにまだ寒さが残る時季である。◆きさらぎやかぞへて仕舞ふ針の数(中尾茉莉子) #jhaiku #kigo
03-07 05:00

とびぃ
一般
0 0

03/06のツイートまとめ
twryossy

かつて大本営が「退却」を「転進」と称したのと同じ幼稚な詐術。 RT @kikko_no_blog: 「政府自民党は…これまでの「武器」という名称をすべて「防衛装備品」に変更する考えを示した」とのこと。出ました!中身は同じなのに呼び名だけを変えて国民を騙す自民党の伝統芸!
03-06 17:24

笠着00》【参考】「猫の目の」の巻は名残裏に入り現在95まで進んでいます。打越の差合を避けるのに97では植物を避けて99の花に備えましょう。途中経過のまとめはこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-06 17:00

95下七の短句らしい詠み口を活かした改案「昨日のこともつかぬ分別」の軽い味が勝れていると見ました。RT @urusinomi: @twryossy @Mrkmbc …94「昨日のことも」か全く変えて「哀れを誘ふ遺児の健気さ」は如何でしょうか。 #kasagi
03-06 12:42

RT @em54672emi: 思えば民主党政権樹立の前後から今に至るまで日本中の権威が失墜した。西松陸山会をむりやり事件化した司法、健康に影響ないとした政府中枢、メルトダウンしていないと妄言した東大閥学者、そして官製報道のマスコミ…権威という背骨を無くした日本は漂流するしかな…
03-06 07:41

早速ご覧頂きありがとうございます。いささか粘り気味かと気にしていたのでしたが安堵しました。RT @tsfuge:  ベビーカー押す若き父親  糸 雑ファミレスのおまけにもらうドラえもん  女 雑 脂肪気になる減量の日々 山 雑 この三句の渡りは見事ですねぇ。勉強になります!
03-06 07:16

RT @tsfuge: @twryossy ベビーカー押す若き父親         糸 雑ファミレスのおまけにもらうドラえもん   女 雑 脂肪気になる減量の日々         山 雑この三句の渡りは見事ですねぇ。勉強になります!
03-06 07:11

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。仲春を迎えた週央の良い一日を! #kigo
03-06 05:17

95は改案でよいと思います。94も後で上七に手を加えることにしてこのまま続けてはどうでしょうか。 RT @Mrkmbc: @urusinomi 今、拝見しましたが、下げないで雑のものに変更されてはいかがでしょうか。#kasagi
03-06 05:08

【今日の季語1529】啓蟄(けいちつ):二十四節気の一つ。土中に「蟄(かくれ)」ていた虫が戸を「啓(ひらく)」ように穴を出て来る意を表す漢語。暦はこの日から仲春に入る。◆啓蟄の地が吸ふ供華の余り水(皆川白陀) #jhaiku #kigo
03-06 05:00

とびぃ
一般
0 0

いわき文音四吟歌仙『湯の宿や』の巻 解題06(名残裏折立から挙句まで)
DSCF1132a.jpg *東京・立川 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R (2014.02.28撮影)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音四吟歌仙「湯の宿や」の巻         宗海捌

                       起首 2013.10.04
                       満尾 2014.01.31


 発句  湯の宿や山ふところは初紅葉       笑女 仲秋
 脇    秋鮭上る里のせせらぎ         禿山 三秋
 第三  職退いて今宵の月の大きなる       遊糸 三秋/月
 四    熱い紅茶に垂らすウォッカ       宗海 雑
 五   節穴の空いたテーブル指定席        山 雑
 折端   親燕飛ぶ午後の軒先           女 三夏
初裏
 折立  祭笛遠音に届くはけの坂          海 三夏
 二    猫を相手に独り言いふ          糸 雑
 三   買物の腰を休める押し車          女 雑
 四    寿命が延びて流行る町医者        山 雑
 五   ひたすらに通ひ詰めたる恋やまひ      糸 恋
 六    貰ふメールはいつも源氏名        海 恋
 七   子を連れて嬉しげに出る交換所       山 雑
 八    編み目揃わぬ赤いマフラー        女 三冬
 九   加湿器の蒸気に曇る窓の月         海 三冬/月
 十    カード占い徒然のまま          糸 雑
 十一  短冊を結びて壷に花一枝          女 晩春/花
 折端   春の遊びに芸子はべらす         山 三春
名残表
 折立  さざ波の汀に残る桜貝           糸 三春
 二    自転車駐めて地図を拡げる        海 雑
 三   甲高に外語飛び交う浅草寺         山 雑
 四    香具師がサクラに奢る鰻重        女 雑
 五   壇上でしどろもどろの汗を拭き       海 三夏
 六    迷ひ込んだる八重葎径          糸 三夏
 七   黒髪に恋の炎(ほむら)は燃え続く      女 恋
 八    グラス隔てて誘う流し眼         山 恋
 九   先輩の気を引く言葉ふたつ三つ       糸 雑
 十    割り箸割ってつつく突き出し       海 雑
 十一  鍵穴を探し当てたる月明り         山 三秋/月
 折端   宅配便にふるさとの芋          女 三秋
名残裏
 折立  公園をそぞろ歩けば銀杏散る        海 晩秋
 二    ベビーカー押す若き父親         糸 雑
 三   ファミレスのおまけにもらうドラえもん   女 雑
 四    脂肪気になる減量の日々         山 雑
 五   結願を果たす参道花万朶          糸 晩春/花
 挙句   磯の香遠く運ぶ春風           海 三春

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名残裏
 折立  公園をそぞろ歩けば銀杏散る        海 晩秋


付合はこれより名残折裏に移り終局を迎えます。折立は前二句の秋を承けて秋をもう一つ続けることになります。掲句はその時季を前句の「芋」の収穫期にふさわしい晩秋と見定め、そこを付所に「銀杏散る」の季語を選んで付けた「時節」と呼ばれる手法に従ったものです。

 二    ベビーカー押す若き父親         糸 雑


二句目は前句までに秋が三句続いたので季を離れて雑の句に。本句は前句が作者自らのこととして詠んだのに対して、その目に映った人物を描いたもの。内容面から見ていささか前句に近い印象はあるものの、人情を自から他へ移した点に変化をもたらす効果が認められます。

 三   ファミレスのおまけにもらうドラえもん   女 雑


三句目も雑の句を続けます。本句は前句に登場した家族の姿を付所に「ファミレス」を引き寄せ、さらに「おまけ」へと句材を拡げたところに好い付味が感じられます。前句にそのまま付く内容でありながら、次の句のあしらいによっては前句と異なる世界に転じやすい余裕を含んだ付句です。

 四    脂肪気になる減量の日々         山 雑


四句目も雑で行くことにしました。本句は前句の「ファミレス」を付所に、《食物》から《体調管理》へと付筋を伸ばしたもの。太り気味の人物の姿には前句の「ドラえもん」に通う要素も含まれていて面白い味が感じられます。

 五   結願を果たす参道花万朶          糸 晩春/花


五句目は一巻を飾る花の座。俳諧では花の句の前に置かれる句は「花前」と称され、付合の心得では、花前は花の句が詠みにくくならないように軽く付けるのがよしとされますが、上掲句は花を付けるにいささか手強い花前です。さは言え、時にはそれも付合の一興、担当の遊糸さんにはそこをうまくしのいで頂くことにしました。
掲句はその難題を、前句の「脂肪」「減量」という重い漢語に対抗して同種の語を連ねる形で応酬たもの。内容面でも前句の「減量」に「結願」が響き合って、咲き満ちた満開の花を賞翫する心がうまく表出されています。

 挙句   磯の香遠く運ぶ春風           海 三春


付合はいよいよ巻尾に到達しました。挙句は前句との付き具合よりも、安らかにあっさりとして後を引かないような味に仕上げるのがよいとされます。本句は前句の季を承けて春風が磯の香りを運んでくる長閑な場の句でこれに応えたものです。これにて本巻はめでたく満尾を迎えるに至りました。


03/03のツイートまとめ
twryossy

RT @tosa_suigei: これまで、中国や北朝鮮は自由がなく民主主義も無い国であり、彼の国の国民は可愛そうだなあ、自由のために闘う気はないのかなあ、と感じることが多かったが、ここにきて安倍政権を抱える日本と日本人が欧米から同じような眼で見られていることは残念で恥ずかしい…
03-05 20:28

94「去年」95「手毬」はともに新年の季語に含まれていますがその点どうでしょうか。それでも差合にはなりませんが新たに93との季の隔たりの問題が生じるかも…。 RT @Mrkmbc: 笠着20》95 祖母と居てかがり手毬の口伝え 代 94 去年一昨年つかぬ分別 葛 #kasagi
03-05 17:38

RT @novtnerico: 室井佑月 「すでにこの国の報道は、政府の制圧下にあると考えるべきなんでしょうか?」 http://t.co/D2zzR31H8j
03-05 07:46

RT @kogurenob: ぞっとするタンク<福島第一の汚染水保管 満タン運用横行http://t.co/6OxNFucKc4 http://t.co/h49CSm0fwS
03-05 07:42

RT @postoil: 放射能汚染と国民の健康認識、このような図がFBに投稿されました、このフクシマとチェルノブイリの違いはいったいなんでしょうか? http://t.co/MmdMDJzj2m
03-05 07:23

【今日の季語1528:別記02】「風船」が三春の季語に定まったのは近代以降。河東碧梧桐選『続春夏秋冬』(1906-07)に「菜の花の夜を風船落ちにけり 桜磈子」の例があるのは、季語としての独立性が薄かったことを示すものであろう。 #jhaiku #kigo
03-05 05:02

【今日の季語1528:別記01】「風船」は本来《軽気球》を指す名称であったものが、後に玩具の名に転用されたものと見られる。仮名垣魯文『西洋道中膝栗毛』(1870-76)には「気球舩」に「フウセン」の読み仮名を施した例がある。 #jhaiku #kigo
03-05 05:01

【今日の季語1528】紙風船(かみふうせん):「風船」の傍題の一つ。本来の「風船」は紙製のものであったが、後に「ゴム風船」が主流となり「紙」を冠して呼ぶようになった。◆吹き口の銀のしめりや紙風船(岩井英雅) #jhaiku #kigo
03-05 05:00

とびぃ
連句
0 0

03/04のツイートまとめ
twryossy

早速ありがとうございます。なお終止形は「聞こゆ」とヤ行に活用する動詞なので語尾の仮名は「聞こへ」でなく「聞こえ」になります。 RT @sakuratukiyo: 笠着20》93 横丁の祭囃子の聞こへ来る 悦(夏)92 柳川鍋にざくの大盛り 海(夏) #kasagi
03-04 15:36

春三期の違いはありますがどれも春の季語になります。 RT @kanikokun: イカナゴ、シロウオ、ホタルイカ、各漁が始まりましたが、季語は春でよろしいのでしょうか? #kigo #haiku
03-04 15:31

RT @maee2011: 記念日なんていらない。何も終わってない…。記念日作って終わりにしないで。。 3・11の記念日化を検討=「震災教訓受け継ぐ」−安倍首相 (時事ドットコム 2014年3月4日) http://t.co/dhFIN0e9r5
03-04 14:55

RT @forthman: . @motizukinosilo 彼らはどんな問題発言をしても、簡単に撤回できますからね。実際には、社会的立場のある人に、ツイッター感覚でつぶやかれると、実害が発生する可能性があるので困るんですけどね。
03-04 14:53

RT @forthman: 石破氏、ロシアのウクライナへの軍事介入について「日本流に言えば邦人救出という話だ」とロシアを擁護する発言 https://t.co/krqHzF3ous ←本当かな? 本当だとしたら、すごい認識。クリミアの住民はロシア系であっても、ウクライナ国籍じゃ…
03-04 14:52

笠着00》【参考】「猫の目の」の巻は92まで進みました。名残折裏に入る93ももう一句夏を続け、99の花の座と併せて一面二季となる形で運びましょう。途中経過のまとめはこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/cpnHfLSWn7 #kasagi
03-04 12:35

笠着20》92 柳川鍋にざくの大盛り 海(夏) 91 不忍池(しのばず)の蓮を惜しむは昼の月 (夏・月) 牙 90 動物園のゴリラ舎の前 悦89 篝火の火の粉浴びたる程近さ 牙 88 円き舞台にボレロ流るる 海 87 山羊さんのお手紙ごっこきりもなく #kasagi
03-04 12:28

少々無理な感じもありますが、近くに「不忍通り」もあることだし、ルビ付きで使うことにしましょう。 RT @tsfuge: 笠着20》91 不忍池(しのばず)の蓮を惜しむは昼の月 (夏・月) 牙 #kasagi ☆不忍池→しのばずと略して読ませられますか?
03-04 12:27

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。春寒なお続く週初の良い一日を! #kigo
03-04 05:10

【今日の季語1527】暮遅(くれおそ)し:「遅日」の傍題の一つで「暮れかぬる」などとも。三冬の「暮早し」に対する季語で、その時季を過ぎ日が長くなったことへの感慨がこもる。◆軒の雨ぽちりぽちりと暮遅き(一茶) #jhaiku #kigo
03-04 05:00

とびぃ
一般
0 0

いわき文音四吟歌仙『湯の宿や』の巻 解題05(名残表七句目から折端まで)
IMGP8569b.jpg *東京・国分寺 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.03.03撮影)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音四吟歌仙「湯の宿や」の巻         宗海捌

                       起首 2013.10.04
                       満尾 2014.01.31


 発句  湯の宿や山ふところは初紅葉       笑女 仲秋
 脇    秋鮭上る里のせせらぎ         禿山 三秋
 第三  職退いて今宵の月の大きなる       遊糸 三秋/月
 四    熱い紅茶に垂らすウォッカ       宗海 雑
 五   節穴の空いたテーブル指定席        山 雑
 折端   親燕飛ぶ午後の軒先           女 三夏
初裏
 折立  祭笛遠音に届くはけの坂          海 三夏
 二    猫を相手に独り言いふ          糸 雑
 三   買物の腰を休める押し車          女 雑
 四    寿命が延びて流行る町医者        山 雑
 五   ひたすらに通ひ詰めたる恋やまひ      糸 恋
 六    貰ふメールはいつも源氏名        海 恋
 七   子を連れて嬉しげに出る交換所       山 雑
 八    編み目揃わぬ赤いマフラー        女 三冬
 九   加湿器の蒸気に曇る窓の月         海 三冬/月
 十    カード占い徒然のまま          糸 雑
 十一  短冊を結びて壷に花一枝          女 晩春/花
 折端   春の遊びに芸子はべらす         山 三春
名残表
 折立  さざ波の汀に残る桜貝           糸 三春
 二    自転車駐めて地図を拡げる        海 雑
 三   甲高に外語飛び交う浅草寺         山 雑
 四    香具師がサクラに奢る鰻重        女 雑
 五   壇上でしどろもどろの汗を拭き       海 三夏
 六    迷ひ込んだる八重葎径          糸 三夏

 七   黒髪に恋の炎(ほむら)は燃え続く      女 恋
 八    グラス隔てて誘う流し眼         山 恋
 九   先輩の気を引く言葉ふたつ三つ       糸 雑
 十    割り箸割ってつつく突き出し       海 雑
 十一  鍵穴を探し当てたる月明り         山 三秋/月
 折端   宅配便にふるさとの芋          女 三秋

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 七   黒髪に恋の炎(ほむら)は燃え続く      女 恋


七句目は笑女さんの付番。前句からは恋を呼び出す気分もかすかに感じられます。そこでこの句所では二度目の恋の句を仕立てることにしました。掲句は前句の「八重葎」から黒髪のイメージを得て恋の炎を燃やす女性の姿を重ね合わせたもの。『娘道成寺』の清姫を面影としたような趣を備えた恋の句が生まれました。

 八    グラス隔てて誘う流し眼         山 恋


八句目は前句を承けて恋をもう一句続けます。本句は前句の女性について、その所作をこれと見定めて描く「其人」の手法を用いた付句。観念性の強かった前句の人物像に具象性を与える効果が発揮されています。濃厚さの交錯する二つの恋の句によって名残表を派手やかに飾ることができました。

 九   先輩の気を引く言葉ふたつ三つ       糸 雑


恋が二句続いたのでこの句所では「恋離れ」を試みることにします。前句が恋の句である時に、これに付けると恋になるものの、前句から離して付句だけで味わってみると恋の句にならない、そんな具合に仕立てられた付句を「恋離れ」といいます。遊糸さんから呈示された候補5句の中からそのような条件を適えるにふさわしい句として本句を頂戴しました。前句の恋に名残を留めながら次の変化を引き出す効果の期待される九句目が生まれました。

 十    割り箸割ってつつく突き出し       海 雑


十句目は捌きの付番。打越と合わせるとまだ残っている恋の気分を思い切りよく捨てなければなりません。そこで前句を居酒屋のカウンターで酒盃を傾ける男同士の姿と見換えて、その場にふさわしい行為を描く形で転じを試みました。上下両七の中に同音の繰り返しを重ねた詞の遊びも隠れています。

 十一  鍵穴を探し当てたる月明り         山 三秋/月


十一句目は月の座。秋の季で行くことになります。本句は夜遅く自宅に戻り月明かりを頼りに鍵穴を探し当てた人物の姿を描いたもの。前二句の世界からほどよく離れた軽い味の月の句が生まれました。

 折端   宅配便にふるさとの芋          女 三秋


ここは名残折表が終わる折端にあたります。前句が秋に入ったのでこれと同じ季を続けなければなりません。本句は前句に故郷を離れて生活する人物の姿を読み取り、それに親元から送られたと思われる三秋の季語「芋」を配したもの。俳諧では芋とだけ詠めば里芋を指すことになります。なおここではそれを植物の句材として扱っているので打越の「突き出し」とは食物の差合にはならないと判断しました。(この項続く)


03/03のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。飾り雛の並ぶ週初の良い一日を! #kigo
03-03 05:24

笠着20》90 動物園のゴリラ舎の前 悦89 篝火の火の粉浴びたる程近さ 牙 88 円き舞台にボレロ流るる 海 87 山羊さんのお手紙ごっこきりもなく 代 #kasagi ☆88「丸」を「円」に改めます。
03-03 05:15

【今日の季語1526】よなぼこり:「霾(つちふる)」の傍題で一般には「黄砂」が通用する。「よな」は《火山灰》を指す九州方言だが最近問題のPM2.5もこれに加わる時勢となった。◆よなぼこり蝕まれゆく日が宙に(山内遊糸) #jhaiku #kigo
03-03 05:00

とびぃ
連句
0 0

自転車散行 -直昇飛機(5)-
IMGP8427a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.02.26撮影)

ここ数日自転車散行を休んでしまったので画像が払底してしまいました。やむなく最近撮影した一枚を掲載します。

撮影場所は調布飛行場西側の丘の上。下降機を待つ間にヘリポートで目にした機体移動風景です。回転翼基部に見える機体記号JA21RHと機腹および垂直尾翼に記されたJAXAの文字によって、宇宙航空研究開発機構の所有する川崎BK117C-2型ヘリであることが判明します。

この機体は昨年2月21日に上記機構に納入された比較的新しいもので、11月1日まで名古屋空港で整備点検を受けた後に調布飛行場に移されたことが航空関連ブログの記事によって知られます。定置場も本飛行場とされているので、その飛行姿を見る機会も必ずあるはず。ずんぐりした機体が舞い上がる様子をぜひ目にしてみたいものです。


03/02のツイートまとめ
twryossy

笠着20》88 丸き舞台にボレロ流るる 海 87 山羊さんのお手紙ごっこきりもなく 代 86 揮毫頼まれ名言集繰る 水 85 一炊の飯に涙の律義者 葛 84 獲物の羽根を散らす大鷹 海(冬) 83 秒読みの発射間際の宇宙基地 悦 #kasagi
03-02 18:03

RT @igabin: 安倍はチェック機能をすべて解除しようとしているイエスマンばかりを集めてチェックさせすべての問題をスルーさせるこれは二代目社長によくある手法で社長の顔色を伺う社員ばかりで会社は直ちに倒産することになるすべての人事が総理に集中し総理が右傾化すれば…
03-02 12:35

それは吉報ですね。こういう"太っ腹"は大歓迎w RT @tsfuge: @twryossy 来週3/9放送予定のNHK俳句兼題「独活」で拙句が入選したようです(半信半疑)。確かに太っ腹...w
03-02 07:57

NHKも太っ腹だね RT @otoseyo: 「NHK経営委員長谷川三千子氏の正論」として、「放送番組内容に不満があれば、放送受信料金の支払い拒否ができる」との主張が、全国のNHK放送受信料支払い拒否運動を展開する多数の市民に活用されることになるだろう 植草一秀
03-02 07:48

【今日の季語1525】磯巾着(いそぎんちゃく):海の岩場などに棲息する無脊椎動物。菊の花びらのような触手が刺激を受けると巾着のように口をすぼめるところからこの名が出た。◆磯巾着縮む辛酸舐めしかな(中原道夫) #jhaiku #kigo
03-02 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

いわき文音四吟歌仙『湯の宿や』の巻 解題04(名残表折立から六句目まで)
DSCF0897a.jpg *東京・三鷹 FUJIFILM X-E1 + XF35mmF1.4R (2014.02.13撮影)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音四吟歌仙「湯の宿や」の巻         宗海捌

                       起首 2013.10.04
                       満尾 2014.01.31


 発句  湯の宿や山ふところは初紅葉       笑女 仲秋
 脇    秋鮭上る里のせせらぎ         禿山 三秋
 第三  職退いて今宵の月の大きなる       遊糸 三秋/月
 四    熱い紅茶に垂らすウォッカ       宗海 雑
 五   節穴の空いたテーブル指定席        山 雑
 折端   親燕飛ぶ午後の軒先           女 三夏
初裏
 折立  祭笛遠音に届くはけの坂          海 三夏
 二    猫を相手に独り言いふ          糸 雑
 三   買物の腰を休める押し車          女 雑
 四    寿命が延びて流行る町医者        山 雑
 五   ひたすらに通ひ詰めたる恋やまひ      糸 恋
 六    貰ふメールはいつも源氏名        海 恋
 七   子を連れて嬉しげに出る交換所       山 雑
 八    編み目揃わぬ赤いマフラー        女 三冬
 九   加湿器の蒸気に曇る窓の月         海 三冬/月
 十    カード占い徒然のまま          糸 雑
 十一  短冊を結びて壷に花一枝          女 晩春/花
 折端   春の遊びに芸子はべらす         山 三春
名残表
 折立  さざ波の汀に残る桜貝           糸 三春
 二    自転車駐めて地図を拡げる        海 雑
 三   甲高に外語飛び交う浅草寺         山 雑
 四    香具師がサクラに奢る鰻重        女 雑
 五   壇上でしどろもどろの汗を拭き       海 三夏
 六    迷ひ込んだる八重葎径          糸 三夏

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名残表
 折立  さざ波の汀に残る桜貝           糸 三春


付合はここで折が変わって名残折表に入ります。折立は遊糸さんの担当。「句数」の定めに従って前二句の春をもう一句続けます。本句は前句の「遊び」を付所として浜辺の場景に転じたもの。三春の季語「桜貝」と前句「芸子」の取り合わせに面白い味が感じられます。なお「桜貝」の「桜」が打越の「花」と差合うのではないかという懸念がありますが、それは詞の上のことなので障りにはならないと見ました。初案上五は「寄せる波」でしたが、句末と同じ名詞留めが重なるので掲句の形に改めました。

 二    自転車駐めて地図を拡げる        海 雑


前句で春三句の句数の制約が解けたので再び雑に戻ります。本句は前句の景観を、自転車を走らせる人の目に映った場景と見換えて軽い味に仕立てました。場の句から再び人情句への転じも図られています。

 三   甲高に外語飛び交う浅草寺         山 雑


三句目も雑が続きます。前二句の世界は登場人物が浜辺に自転車を駐めた場景を描いたことになりますが、本句ではそれを繁華な東京の名所に外国人観光客を登場させることによって場面の転換が図られています。これまで出ていなかった釈教の句材を用いたところも変化をもたらす上の効果があります。初案は下五が「百貨店」でしたが、いささか古臭を感じるので掲句の形に改めました。なお上五「甲高に」は形容詞の「甲高く」が一般的ではあるものの、これを形容動詞として用いた初案の方が落ち着くと見てこれをそのまま生かしました。

 四    香具師がサクラに奢る鰻重        女 雑


四句目も雑を続けます。本句は前句の場に「香具師(やし)」を登場させたて転じを図ったもの。初案ではその人物が口上を述べている場面が描かれていましたが、それで行くと屋外句が折立から四句続くことになるので、その点を避けるために作者との協議によって場をを室内に移し、香具師が仲間に鰻重を奢っている場面に改めました。付合の流れに意外性が加わった面白い味の四句目が生まれました。

 五   壇上でしどろもどろの汗を拭き       海 三夏


このあたりで季句を出すことにします。五句目は三夏の季語「汗」を入れて夏の句としました。前句の香具師が仲間に奢った鰻重という設定から、誰ぞが前都知事に送ったとされる5千万円札束事件を思い浮かべ、その弁明に躍起となっている姿を描いた時事句にあたります。

 六    迷ひ込んだる八重葎径          糸 三夏


六句目も夏季を続けます。本句は前句「しどろもどろ」から《迷い》の要素を引き出し、そこから屋外の場景へ質的転換を図ったもの。三夏の季語「八重葎」が次句の新たな展開をもたらす上で効き目がありそうです。(この項続く)


03/01のツイートまとめ
twryossy

RT @buhi_2: 知りたくない病とか想像力欠如? RT @sockskurogohan 見えるか見えないか、臭うか臭わないか。"@buhi_2: 放射能には無関心なのに…RT @tokaiama 放射能汚染は隠蔽するが中国の大気汚染は大宣伝する環境省http://t.c
03-01 06:50

再掲【今日の季語1524】春帽子(はるぼうし):別題の「冬帽子」「夏帽子」がそれぞれ寒暑に対処する実用性が高いのに対して、春にかぶる帽子は装飾性に重きを置くものが多い。◆娘(こ)と二人弁当開く春帽子(熊谷彰子) #kigo 例句の作者名に脱字がありました。<(_ _)>
03-01 06:15

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。三月を迎えた週末の良い一日を! #kigo
03-01 05:06

【今日の季語1524】春帽子(はるぼうし):別題の「冬帽子」「夏帽子」がそれぞれ寒暑に対処する実用性が高いのに対して、春にかぶる帽子は装飾性に重きを置くものが多い。◆娘(こ)と二人弁当開く春帽子(熊谷子) #jhaiku #kigo
03-01 05:00

とびぃ
連句
0 0

| HOME | next