自転車散行 -下降五態-
IMGP3780a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.26撮影)

本日の画像は6月26日に調布空港のいつもの場所で撮影したものです。

一昨日掲載したJA4188機の離陸から6分後の14:08、今度は滑走路北側からセスナ機が下降してきました。機体記号JA3973と操縦席機腹の文字から、東京航空の所有するセスナ172Pスカイホーク(Cessna 172P Skyhawk)機であることが知られます。

本機の画像はすでに5月1日と2日の当ブログ記事にも収められていて、これが三度目の登場になりますが、その他にも未掲載の画像があり、このところ当飛行場で姿をよく目にする機体です。

⑤は給油を終えて管制塔前を駐機場に戻る本機。そのの背景に、離島に向けて待機中のドルニエ2機を入れてみました。右側は機体記号が読み取れませんが、左側は新型のJA34CA機にあたります。

IMGP3783a.jpg

IMGP3785a.jpg

IMGP3786a.jpg

IMGP3793b.jpg


06/29のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1644】ボート:「貸ボート」「ボート小屋」などの傍題も。他季にもわたる句材だが水辺の遊びとしての本意からすれば夏のものとして扱うのがもっともふさわしい。◆愛犬と文庫数冊ボートの荷(野路斉子) #jhaiku #kigo
06-29 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -空港南風-
IMGP3937a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.27撮影)

本日の画像は、一昨日しばしの梅雨晴間を得て自転車散行に出た折に立ち寄った調布空港で撮ったもの。撮影地点はいつもの滑走路西側の丘麓です。

被写機体JA888Pは共立航空撮影社がパスコ社の運航管理の委託を受けて運航するセスナ208Bキャラバン(Cessa 208B Grand Caravan)型機。すでに当ブログ5月3日の記事に下降機影を載せたことがありますが、今回はその発進場面を捉えたものです。

③の機窓左側に人工衛星の姿が描かれているのは、上記パスコ社が衛星部門にも事業の手を拡げていることを示すものと思われます。

本機は⑤の公園の時計と空港の風向計に見るように、12:31に東寄りの黒南風(くろはえ)を受けて南の空に飛び立っていきました。

IMGP3940a.jpg

IMGP3944a.jpg

IMGP3946a.jpg

IMGP3950a.jpg


06/28のツイートまとめ

twryossy

【今日の季語1643】菊挿(きくさ)す:「挿菊(さしぎく)」の名詞形傍題でも。菊は根分けや蒔種による繁殖法もあるが、この時季に切り取った芽を挿す方法が多く用いられる。◆菊挿して父の愚直に近づけり(宮田正和) #jhaiku #kigo
06-28 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -発着六態-
IMGP3768a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.26撮影)

本日も昨日と同じ6月26日撮影の画像を掲載します。

被写機体のJA4188機はIBEXアビエイション社所有のセスナ172P(Cessna 172P Skyhawk II )型機。これまでにもすでに5/27、6/7、6/19のブログ記事に登場しています。待機場所から滑走路北端に移動した本機は14:02に南に向かって離陸していきました(①~③)。

それからおよそ1時間後の15:11に再び姿を現した本機は飛行場北側から下降し、東寄りの横風を受けてタイアを軋ませながら着陸を果たしました(④~⑥)。

IMGP3769a.jpg

IMGP3776a.jpg

IMGP3854a.jpg

IMGP3857a.jpg

IMGP3863a.jpg


06/27のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1642】金魚草(きんぎょそう):1800年代に輸入されたヨーロッパ原産の多年草。この時季に膨らみのある多彩な花を咲かせ形が似ているところからこの名が出た。◆わが庭の風に泳げる金魚草(一木緋佐子) #jhaiku #kigo
06-27 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(16)-
IMGP3757a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.26撮影)

本日の画像は、昨日3日ぶりの自転車散行に出た折に、調布飛行場西側の丘麓から滑走路を隔てた東邦航空社の格納庫前に駐機中のヘリを撮ったものです。被写機体JA6768は富山県消防防災航空隊所有のベル412EP(Bell 412EP)大型ヘリで、機腹の「とやま」、垂直尾翼の「富山県」と山岳を表すロゴがその所属を示しています。

本機は当ブログ6月3日の記事に格納庫内に収められたその正面像を掲載したことがありますが、その折には機体記号が見えないために正体不明機としておいたもの。その素性が昨日ようやく判明したわけです。

何か動きがあればよいがと他の飛行機を撮影しながらしばらく待機していたのでしたが、残念ながらその間にはめぼしい進展はなく、上に掲載した画像1枚だけに終わってしまいました。次の折には試験飛行の姿をカメラに収めることができるとよいのですが…。


06/26のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1641】子蟷螂(こかまきり・ことうろう):「蟷螂生る」の傍題の一つで「蟷螂の子」とも。仲夏に海綿状の卵嚢から一斉に孵化する。成長した「蟷螂」は三秋の季語。◆子かまきりぞろぞろ生(あ)れて同じ貌(小島良子) #jhaiku #kigo
06-26 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -発進四態-
IMGP3670a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.21撮影)

このところ不安定な天候続きで自転車散行を休んでいるため、本日も蔵出し画像の掲載となります。

撮影日の6月21日は土曜日だったので成果を期待して調布空港に立ち寄ったのですが、時間帯がうまく合わなかったのか、思ったほどの収穫は得られませんでした。

ここに掲げた画像の被写機体は、三山産業社所有のJA4038パイパーPA-46-350P(Piper PA-46-310P Malibu)型機。駐機場などで何度か目にした覚えがあるので当ブログの過去の記事を検索したところ、本年1月24日にその下降体画像が掲載されていました。 そこにはこの機が起こした事故についても触れていますので、興味をお持ちの向きは こちら をご覧下さい。

①は駐機場から発進地点に向かってタキシング中の本機。その後待機場で5分ほど管制塔からの指示を待って発進地点に向かい(②・③)、11:38に滑走を開始して(④)、南の空に上昇していきました。

IMGP3672a.jpg

IMGP3680a.jpg

IMGP3681a.jpg


06/25のツイートまとめ

【今日の季語1640】囮鮎(おとりあゆ):「鮎狩(あゆがり)」の傍題の一つ。様々な漁法の中で鮎の縄張りを守る性質を利用した「友釣り」と呼ばれる釣法に用いられる囮の鮎。◆ひかり合ふ生簀の夜の囮鮎(黒田杏子) #jhaiku #kigo
06-25 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -下降六態-
IMGP3578a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.19撮影)

昨日の東京は午後から土砂降りの俄雨に見舞われ、三鷹・調布市の一部では大粒の雹が1時間も降り続き、仲夏に雪道の趣を呈するという椿事が起きました。この地域はいつもの自転車散行コースに含まれているので、出かけていたらひどい目に遭うところでしたが、朝から所用に出て午後は在宅していたために事なきを得ました。そんな次第で本日も6月19日撮影の画像を掲載します。

本日の被写機体は共立航空撮影社所有のJA8891セスナ208(Cessna 208 Caravan I)。先日の6月17日の記事にあるように、同社は同じ機種を8機使用していて、本機はその中の一機です。そこでも触れましたが、当ブログではその中の5機の画像を掲載していて、残る3機を撮り揃えたいと願っているのですが、本機は残念ながらすでに3月25日に掲載したのと同じ機体です。

画像①から③までは12:23に滑走路北側から下降してきた本機の機姿。着陸後にUターンして管制塔前を通過(④)、給油所近くでしばらく待機(⑤)の後、牽引車に牽かれて駐機場に向かいました(⑥)。

IMGP3581a.jpg

IMGP3585a.jpg

IMGP3588a.jpg

IMGP3604a.jpg

IMGP3624a.jpg


06/24のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1639】梅雨茸(つゆたけ・つゆきのこ):「きのこ」の読みには「菌」字を用いることも。個別名ではなく梅雨の時季に生える茸の総称。ほとんどは食用にならない。◆梅雨茸の咎あるごとく踏まれけり(田村コト) #jhaiku #kigo
06-24 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -発着六態-
IMGP3503a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.19撮影)

本日も6月19日撮影の蔵出し画像を掲載します。

被写体機のJA72XLはベルハンドクラブ所有のリバティXL2(Libety XL-2)小型単発機。当ブログにはこれまでに4度登場しており、4月4日の記事には飛行場近くのプロペラカフェに隣接する格納庫内で撮った画像を掲載したことがあります。今回のはその発進と帰着の姿を捉えたものです。

駐機場から滑走走行して来た本機はしばらく待機の後、11:57に発進態勢に入り(①・②)、間もなく南に向かって離陸しました。

やがてそれより1時間足らずの12:45に、今度は北側の空に再び姿を現し、昼の陽光を受けて白い機姿をきらめかせながら軽快な降下と着陸の姿を見せてくれました(③~⑥)。

IMGP3507a.jpg

IMGP3616a.jpg

IMGP3618a.jpg

IMGP3620a.jpg

IMGP3622a.jpg


06/23のツイートまとめ
twryossy

@yukayuza ヤマモモの画像をありがとうございます。これならよく解りますね。
06-23 05:58

【今日の季語1638】ハンカチ:「汗拭(あせぬぐい・あせふき)」の洋語傍題で「ハンカチーフ」の短略形。装身具として常住用いられるので季感は薄いが本来は汗をかく夏の必需品。◆ハンカチに負の一日をたたみけり(北見さとる) #jhaiku #kigo
06-23 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

06/22のツイートまとめ
twryossy

ネットで「沙翁(さおう)」と検索すればすぐ解りますよ。後はご自身で。(作者に代わってお答え)RT @luckyfortun: @Asmin_R @twryossy すみません、沙翁とは何か、教えていただけませんでしょうか。
06-22 05:10

【今日の季語1637】楊梅(やまもも):漢名表記に《山桃》の意の熟字訓を与えたもの。梅雨の時季に小さな紫紅色の実を付ける。生食もできるが果実酒用に供されることが多い。◆楊梅の完膚なきまで落ちゐたり(山田みづえ) #jhaiku #kigo
06-22 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -下降五態-
IMGP3535a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.19撮影)

昨日自転車散行に出た折に撮った新たな画像もあるのですが、その前に19日に撮影した分がまだファイルに残っているので、そちらの蔵出しを優先することにします。

本日の画像の被写体は、共立航空撮影社の所有するJA889Kセスナ208Bグランドキャラバン(Cessna 208B Grand Caravan)型機。これと同じ機種の画像はこれまでにも掲載したことはありますが、本機は初めて登場する機体です。

一昨日掲載した中型ヘリ「あおぞら」が格納庫前まで牽引される場景をカメラに収めていると、北の空から軽快な爆音を響かせて紺と白に塗り分けられた姿の良い中型機が下降してきました(①~③)。機首の右側に突き出たパイプ状の排気管がこの機の素性を明かしています。

その後、着陸点からUターンして給油所まで移動走行し(④)、給油後には牽引車に引かれて駐機場に向かいました(⑤)。給油中に開けられたエンジンカバーと両側のハッチバック扉が上がったままなのは、定位置での作業が残っているためなのでしょうか。なにやら故障機が牽かれて行くような趣を呈しています。

IMGP3537a.jpg

IMGP3539a.jpg

IMGP3543a.jpg

IMGP3599a.jpg


06/21のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1636】夏至(げし):二十四節気の一つ。「至」には《極み》の意があり、北半球では太陽の南中高度が最も高く昼がいちばん長い。暦はこの日から仲夏後半に入る。◆夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる(正岡子規) #jhaiku #kigo
06-21 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -同胞二機-
IMGP3458a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.19撮影)

本日も6月19日に撮影した画像を掲載します。

①~③は11:36に調布空港北側から下降してきたJA3987機の機姿。機首に見える「朝日航空」の文字と併せて、同社の所有するセスナ172P(Cessna 172P)型機であることが知られます。

その3分後の11:39にもう一機の下降があり、さらにそれに続いて11:41に今度は上記と同機種のJA4059機が下降してきました(④~⑥)。こちらも上記と同じ会社の所有する機体です。改めて両機を見比べてみると、機腹に引かれた横線の色合いは少し異なるものの見た目はそっくりで、遠目からのとっさの判別は難しいように思われます。

なお図らずも最後の⑥には、下降中の後機と給油を受ける前機の兄弟二機を一つの画面に収めることに成功しました。

IMGP3460a.jpg

IMGP3461a.jpg

IMGP3474a.jpg

IMGP3477a.jpg

IMGP3480a.jpg


06/20のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1635:追記】他季の「鮒」の季語には「初鮒」「子持鮒」(春)、「落鮒」「紅葉鮒」(秋)、「寒鮒」「凝鮒(こごりぶな)」(冬)などがある。 #jhaiku #kigo
06-20 05:01

【今日の季語1635】濁り鮒(にごりぶな):梅雨の頃に産卵期を迎える鮒が増水で濁った川を遡っていく姿を表す季語。「鮒」は四季の詞と結んで用いられ単独では季語にならない。◆濁り鮒腹をかへして沈みけり(高浜虚子) #jhaiku #kigo
06-20 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(15)-
IMGP3516a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.19撮影)

昨日自転車散行の途中に立ち寄った調布飛行場は航空機日和。11:30から13:00の僅か1時間半の間に、同一機の発着を含めて着陸10機、離陸2機の姿をカメラに収めることができました。それらは追々蔵出しをすることにして、本日はその中のヘリの着陸から格納までの画像を掲載します。

正午を少し過ぎた時分に東の空からヘリが回転音を響かせながら飛行場に近付き、進路を変えて管制塔の前を通過し、滑走路北側ヘリポートに向かって低空のホバリング移動を続けています(画像①~③)。②には格納庫の前で本機を出迎える整備士たちの姿も見え、③のヘリポートには牽引車が待機しています。

着陸すると直ちに牽引用の車輪が取り付けられ、牽引車に引かれて格納庫前に運ばれます(画像④・⑤)。④と⑤の撮影時間差は12分。この間に2機が下降してきたために、そちらの撮影に気を取られて気付かなかったのですが、両画面を比べ見る、短時間の中に主回転翼3枚が取り外されていたことが見て取れます。肝心の場面を撮りそびれたのは残念ですが、ヘリのメインローターがそんなに簡単に取り外せるものだったとは意外なことでした。

本機は機腹に記されたJA9441の機体記号と操縦席扉の「あおぞら」の愛称により、東邦航空所有のアエロスパシアルAS350(Aerospatiale AS350 Ecureuil/AStar)型機であることが知られます。なお画像を拡大してみると操縦席後部機腹に「毎日新聞」の文字が見えるので、本機は同新聞社の取材に供されるヘリであることも看取されます。当ブログではもちろん初登場の機体です。

⑥は格納庫に収納された機体。右側に見えるのはすでに5月22日と6月3日に掲載した和歌山県防災航空隊所属のJA6760ベル412EP型機。両機を比べ見るとこちらの方が一回り大きく、5月22日の画像からメインローターが4枚だったことも確認されます。両機が再び飛翔の姿を見せるまでにはまだかなり時間がかかりそうです。

IMGP3521a.jpg

IMGP3523a.jpg

IMGP3531a.jpg

IMGP3573a.jpg

IMGP3591a.jpg


06/19のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1634】桜桃忌(おうとうき):「太宰忌」とも。昭和23年6月13日に入水心中した太宰治の遺体発見の19日を命日として毎年三鷹禅林寺の墓前で法要が営まれる。◆拭けばまた鏡のくもる桜桃忌(あざ蓉子) #jhaiku #kigo
06-19 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -下降四態-
IMGP3357a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.14撮影)

昨日は御徒町まで買い物に出たので自転車散行は取りやめ。そこで本日も6月14日撮影の蔵出し画像で凌がせて戴きます。

撮影場所はいつもと同じ調布飛行場西側の丘麓。一昨日掲載したJA8895機の着陸からおよそ3分後、再び北の空に下降機の姿が見えてきました。画像①~③はその下降態、④は給油所に向かってタキシング中の機姿を捉えたものです。

赤と白に塗り分けられた機体色には見覚えがあるので、帰宅後に機体記号JA4188を手がかりに過去のブログ記事を検索したところ、5月27日と6月7日の記事に掲載したIBEXアビエイション社所有のセスナ172P(Cessna 172P Skyhawk II )と判明しました。本機はこれで3度目の登場になります。

IMGP3359a.jpg

IMGP3367a.jpg

IMGP3371a.jpg


06/18のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1633】桑苺(くわいちご):「桑の実」の傍題。春に開花した桑はこの時季に紫黒色の甘い実を付ける。形状が苺に似るところからこの名があり子供が好んで食べた。◆恋ふるひと皆遙かなり桑苺(安達哲路) #jhaiku #kigo
06-18 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

ツイッター笠着百韻「羚羊の」の巻(清書)
IMGP3317a.jpg
*東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.14撮影)

ツイッターのタイムライン上で興行される飛び入り自由の「笠着連句」、その通巻第廿一が6月10日にめでたく満尾を迎えました。これに「校合(きょうごう)」を加えた一巻が完成しましたのでその清書をご覧に供します。

本巻は、笠着連句の連衆の雨宮風牙さんがNHK俳句の兼題「独活」で二席特選を獲得されたのを記念して入選句を発句に頂いて巻き起こされた百韻です。「初折」から「名残折」に及ぶ四折の懐紙式に則り、一巻の中に花を四句、月を七句詠む「四花七月」を配置する形で付合を進めました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  ツイッター笠着百韻「羚羊の」の巻 (先勝乱吟)
                  起首 2014.04.08
                  満尾 2014.06.10

01 羚羊の滑りし跡や独活群るる       風牙(春)
02  斑雪(はだれ)の道におろす腰篭     宗海(春)
03 蝶追ひて通学班は散り散りに       曙水(春)
04  洗濯物が風にはためく         里代
05 真っ白な建物ならぶ丘の上        悦子
06  帆船の行く水面光りて          水
07 月の夜の鏡に映る吾の顔          悦(秋/月)
08  荷物ほどけば秋の蚊の飛ぶ        牙(秋)
初裏
09 騙し絵の風情となりて捨団扇         海(秋)
10  有るか無きかの薄情け見せ       真葛
11 君待ちて甘露の日和信じたる         代(恋)
12  メールで済ます恋のをはりも        悦(恋)
13 二機持ちのスマホ一つを消す時刻      牙
14  愛用マグで啜るコーヒー         葛
15 チャンドラー並ぶ本棚母譲り        水
16  秋の声聞く北欧の森            代(秋)
17 満月にまた旅に出るスナフキン        悦(秋/月)
18  慣れた手つきで新米を磨ぐ        阿紗(秋)
19 迂闊なり背なに綻び割烹着          葛
20  いつもの道の鐘朧なる           代(春)
21 散る花に毬つき歌は果てもなく        海(春/花)
22  春夕焼けに帰る故郷            悦(春)
二表
23 カーテンの揺れる理科室覗きっこ       水
24  戴帽式はキャンドルを手に         代
25 道逸れず生き来て苦き自分チョコ      葛
26  不器用なれど作る竹馬          牙(冬)
27 クリスマス枕元には何がある        悦(冬)
28  飽かず眺めるモナリザの笑み       葛
29 聞き慣れたヒールの音して君がいる     水
30  グラス合わせてドライマテイーニ     代(恋)
31 涼風に髪をなぶらせ寄り添へる       海(夏/恋)
32  海水浴へ向かふ渋滞           悦(夏)
33 どこからかマフィア映画のテーマ曲     牙
34  鞄の奥底探すケータイ           水
35 嫦娥いま今業平を悩ませて          葛(秋/月)
36  崑崙山は秋晴にあり          摩衆(秋)
二裏
37 駅弁を車窓に置けば凉新た         海(秋)
38  靴ずれ隠しブランドの靴         代
39 慎重に言葉を選ぶ初デート          悦(恋)
40  恋愛成就神頼みする            葛(恋)
41 男坂手を取り下る影一つ         関屋(恋)
42  齧り過ぎてはならぬ青梅          牙(夏)
43 マウスから細胞を採り夢を追い        衆
44  ぐりとぐら来てはしゃぐパーティー     代
45 月光るエメンタールの穴越しに       屋(秋/月)
46  新酒傾け尽きぬ薀蓄           葛(秋)
47 宮仕え豺の祭の贄ならん          牙(秋)
48  ティッシュ受け取る駅の階段       海
49 父母と見上げる顔に花吹雪         水(春/花)
50  クレヨンで描く春の白雲         衆(春)
三表
51 猫の子の戯れる路地裏すなぼこり      屋(春)
52  指一本でスケルツォ弾く         葛
53 蝋燭の数に拘る誕生日           代
54  成りたい夢は街のケーキ屋        悦
55 今夜こそ甘い吐息に包まれて        衆
56  床いちめんの薔薇の花びら        葛(夏)
57 彫り上ぐる守宮のタトゥー太腕に      海(夏)
58  勝負服決めプレゼンへいざ        代
59 マスコミの梯子外しに泣き濡れて      紗
60  暖簾掻き分け蕎麦にありつく       衆(冬)
61 会心の出来念じつつ敷く布団        屋(冬)
62  南米地図はすこし細身で         葛
63 百年の孤独を繰れば弦月に         衆(秋/月)
64  風が板屋を走るうそ寒          海(秋)
三裏
65 障子貼る清涼殿の北廂           代(秋)
66  アンとお花の小間使さん          悦
67 ゆらゆらと水飲鳥が水を呑む        海
68  獲物を狙うもふもふの腕          衆
69 時折は嘘も方便ご愛嬌            葛
70  なにわ女のぼけとつっこみ         代
71 眉顰めここが我慢の寒灸(かんやいと)     海(冬)
72  五右衛門風呂の父の鼻唄          衆
73 酌み交わす酒はぬる燗朧月          水(春/月)
74  熾火(おきび)に滾る浜の壺焼        海(春)
75 殉教の島の踏絵に思ひ寄す          牙(春)
76  しづかにたたむ春のパラソル       紗(春)
77 新色のコスメを添えて花の道        衆(春/花)
78  転職サイト帯に短し           代
名残表
79 山谷を杖授かりて突き進む         屋
80  わけいればあらわるる夏の野        衆(夏)
81 まどろみを打ち破りゆくホトトギス     水(夏)
82  陣に犇(ひし)めく東軍の武者       海
83 張扇唸りいよいよ佳境なり          牙
84  蒲柳の女(ひと)の長き襟足        代
85 しずやしず繰り返し乞う汝が情け      衆(恋)
86  新恋人と越ゆる国境            悦(恋)
87 星纏う分水嶺に風は無し           屋
88  ギアを戻せば軋(きし)む自転車       海
89 弟ともろこし齧る塾帰り          代(秋)
90  秋祭まで寝付けない夜           衆(秋)
91 月光にゆれて答ふる杉の梢(うれ)       紗(秋/月)
92  空をひらりと滑るむささび        海(冬)
名残裏
93 傀儡師手練の技に見惚れをり         衆(冬)
94  後部座席でメーク仕上げて         葛
95 ゆるキャラに似し旧友よ何処なる       仝
96  里の裏山守る観音             屋
97 代々の遺影連なる奥座敷           海
98  黄金色なす春の陽光            衆(春)
99 飛鳥野の見ゆる限りを花の雲         代(春/花)
100 軟東風渡る昼のしづけさ          海(春)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



06/17のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1632】竹植(たけう)う:「竹移す」「竹酔日(ちくすいじつ)」などの傍題でも。陰暦五月十三日に竹を植えたり移植したりすると枯れないという中国の伝承による。◆竹植ゑて己が余命を測りをり(根本純高) #jhaiku #kigo
06-17 05:00

とびぃ
連句
0 0

自転車散行 -発着六態-
IMGP3297a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.14撮影)

本日の画像はいつもの調布空港西側の丘麓から同じ機体の発進と着陸の姿を捉えたものです。

①~③は旅客ターミナルビル前を移動した後、Uターンして南に向かい発進態勢を取った機姿、④~⑥はそれからおよそ50分後に滑走路北側の空から下降して着陸する姿にあたります。

被写体のJA8895機は、共立航空撮影社の所有にかかるセスナ208キャラバン(Cessna 208 Caravan I)中型機。撮影時にはこの機体をこれまでに何度も撮影していると思いながらシャッターを切ったのでしたが、帰宅後に調べてみると、本機は同社が所有する同型8機の中の1機で当ブログでは初登場の機体であることが判明しました。ちなみにこれまでに掲載した同型機の機体記号と掲載月日(いずれも本年)は下記のとおりです。
 JA889C 2/28
 JA8891 3/25
 JA889E 5/07
 JA8890 5/19

それぞれの機体色もデザインも本日掲載したJA8895機と寸分違わぬものの、図らずもこれで同社の所有する同一機種の8機中5機の機姿を捉えていたことに気付きました。こうなると蒐集欲が出て残る3機も撮り揃えてみたい思いに駆られます。

IMGP3300a.jpg

IMGP3301a.jpg

IMGP3342a.jpg

IMGP3345a.jpg

IMGP3349a.jpg


06/16のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨の中休みに入った週明けの良い一日を! #kigo
06-16 05:34

笠着00》校合を終えた笠着百韻通巻第廿一「羚羊の」の巻の清書をこちらにアップしまましたのでご覧下さい ⇒ http://t.co/cChCHCKxGt #kasagi #kigo
06-16 05:23

【今日の季語1631:別記】「大汐や昼顔砂にしがみつき(一茶)」「昼顔にひと日けだるき波の音(鈴木真砂女)」などのように海辺の光景を配した「昼顔」は「浜昼顔」を詠んだものと解することができる。 #jhaiku #kigo
06-16 05:01

【今日の季語1631】浜昼顔(はまひるがお):各地の海岸に自生するヒルガオ科の多年草。単に「昼顔」と詠まれることもあるが同季別題の「昼顔」とは異なるものとして扱われる。◆浜昼顔とほき汽笛をわれも待つ(小野恵美子) #jhaiku #kigo
06-16 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -発進四態-
IMGP3211a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.09撮影)

本日も6月9日撮影の蔵出し画像を掲載します。撮影場所は調布空港滑走路南側、6月10日に掲載したのと同じ撮影地点で、北に向かって離陸する中型機の機影を捉えたものです。

①の画像では機尾の機体記号の後半が水平尾翼に隠れて半分しか読み取れませんが、ネット検索によりJA882Bと推読されます。操縦席扉に書かれた「朝日航空」の文字と併せて、同社が所有するセスナ208B(Cessna 208B Grand Caravan )型機であることが判明しました。

これと機種を同じくする機体には、当ブログでも掲載したことのある国土地理院所有のJA315G機がありますが、本機をカメラに収めたのはこれが初めてです。ただ残念ながら、遠距離からの撮影により画像が小さめになってしまったため、特に④には大幅なトリミングを加えて拡大したものを掲載しました。

IMGP3212a.jpg

IMGP3214a.jpg

IMGP3215a.jpg


06/15のツイートまとめ
twryossy

このこと承りました。これにて諸件落着ですね。明日にも清書を呈示いたします。 RT @urusinomi: 笠着00》校合 有難うございます。では「28 飽かず眺めるモナリザの笑み」でお願いします。 RT bが落ち着きがあって良いのではないでしょうか。  #kasagi
06-15 17:47

bが落ち着きがあって良いのではないでしょうか。RT @urusinomi: 笠着00校合》(27 クリスマス枕元には何がある)28の代案として aルーベンスの絵飽かず眺めて、 b飽かず眺めるモナリザの笑み、c飽かず眺める写真一枚、などはいかがでしょうか… #kasagi
06-15 05:44

【今日の季語1630:別記】トウスミの呼び名は「燈心」の古称トウシミから転じたもの。「心」をシミと読むのは、この字の中国字音simに母音iを添加して生まれた和製字音にあたる。 #jhaiku #kigo ★ヘッダを訂正しました<(_ _)>
06-15 05:42

【今日の季語1630】トウスミの呼び名は「燈心」の古称トウシミから転じたもの。「心」をシミと読むのは、この字の中国字音simに母音iを添加して生まれた和製字音にあたる。 #jhaiku #kigo
06-15 05:01

【今日の季語1630】とうすみ:「糸蜻蛉(いととんぼ)」の傍題「とうすみ蜻蛉」の短略形。糸のように細い体を持つトンボの形状を、燈油に浸して火をともす燈心にたとえた名称。◆とうすみの糸のいのちの交(つる)むかな(鈴木貞雄) #jhaiku #kigo
06-15 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(14)-
DSCF1804a.jpg *東京・調布 FUJIFILM X-E1 + XC50-230mm F4.5-6.7 OIS (2014.06.10撮影)

本日掲載するのは6月10日撮影の蔵出し画像。①から④までは、これまでにも数度当ブログに登場したことのある大型ヘリJA9672アエロスパシアルAS332L型機が、滑走路南西側にある回転試験場から格納庫前まで牽引車で運ばれてくる場景を撮影したものです。

①は旅客ターミナル前を通過中の本機。後方にはこれから出発する離島便のドルニエ228NG機の姿も見えます。

②③は①に続くもの。②ではやや左側後方から本機の姿を捉えることができました。

④は本機を所有する東邦航空の格納庫前に運ばれ、作業員が機尾の調整作業に取りかかったところ。人の姿が加わると改めて本機の巨大さが実感されます。

⑤は時間的には④に先立つもので、画面①に見えたJA35CA機が、10:51に北方向にむけて離陸した姿を捉えました。時刻表では11:10発とされている三宅島行き405便の少し早めの就航と思われます。飛翔体がないと寂しいので一枚添えてみました。

この日は常用の一眼レフがリュックにずしりとくる重さを軽減すべく、ミラーレス一眼に望遠ズームレンズを装着して持参したのでしたが、連続撮影時に粘るようなタイムラグを感じていまひとつ違和感が残ります。高速移動体の撮影にはやはり一眼レフに軍配が上がるように思われます。

DSCF1806a.jpg

DSCF1807a.jpg

DSCF1820a.jpg

DSCF1815a.jpg


06/14のツイートまとめ
twryossy

うっかり同字を見逃しておりました。100を「軟東風渡る昼のしづけさ」と改めさせて頂きます。 RT @urusinomi: 笠着00校合》②99花の雲と100雲雀東風の雲の扱いは別ですか #kasagi
06-14 12:30

@urusinomi: 笠着00校合》代案として28を再度入れ替えて「飽かず眺めるルーベンスなり」などとしてみたのですが、他の案があればご披露下さい。 #kasagi
06-14 12:29

早速のご指摘ありがとうございます。末尾「る」の三連続はやはり目立ちますね。続) RT @urusinomi: 笠着00校合》 ①28を変更したため27何がある、28眺める、29君がいる、(31寄り添へる)と3句の末尾がそろってしまいましたが構いませんか? #kasagi
06-14 12:29

笠着00校合》ご連衆の皆さまから頂いた改訂案をもとに第一次校合を済ませました。なお疎漏があるやも知れませんので最後のご確認をお願いします。問題がなければこれにて最終治定とさせて頂きます。礎稿はこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm #kasagi
06-14 05:57

笠着00校合》 作者からのご回答がありませんので12「メールで済ます恋の終はりも」の下七を仮名書きの「をはりも」にして治定とさせて頂きます。 #kasagi
06-14 05:41

笠着00感想》摩衆さん、ご懇篤なご感想をお聞かせ下さりありがとうございます。それぞれの句の良い所を巧みに探り宛てて頂き、ご連衆のよい励みになることでしょう。次巻がますます楽しみになりました。 #kasagi
06-14 05:35

【今日の季語1629】苔の花(こけのはな):「花苔」の傍題も。苔は隠花植物なので実際は花を付けないが、この時季に胞子嚢が花のような色や形を呈するところからこの名が出た。◆伝ひきて苔の花より滴れる(浅生田圭史) #jhaiku #kigo
06-14 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -空港雷雲-
IMGP3272a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.13撮影)

昨日の当地は朝から心地好い皐月晴れ、久しぶりに真夏を思わせるような青空が戻ってきましたが、正午を過ぎた時分に一天にわかにかき曇り、雹交じりの強い雨が降り出しました。しかしそれも長くは続かず、再び日差しが戻ってきたので、昼食後にネットの雨雲レーダーで雲行きを確かめてこれなら大丈夫だろうという心証を得て自転車散行に出かけました。本日の画像はそのような空模様を背景に調布飛行場の北側から下降してきたJA27RY機の姿を捉えたものです。

本機は個人所有のシーラスSR22T (Cirrus SR22T)型軽飛行機で、当ブログではすでに3月29日と4月19日にその画像を掲載していますが、何度見ても軽快な飛翔姿には心惹かれるものがあります。

飛行場での待機中にはほんのわずかな通り雨に見舞われましたが、さしたることもなく、それからさらに野川沿いの道に沿って散行を続けて帰宅しました。

IMGP3273a.jpg

IMGP3275a.jpg

IMGP3276a.jpg


06/13のツイートまとめ
twryossy

承りました。こちらの方がすっきりしますね。RT @Mrkmbc: 笠着00校合》44は 「ぐりとぐら来てはしゃぐパーティー」で如何でしょうか。#kasagi
06-13 05:55

いいですね。初案の「見る」を取り除いて対象だけに絞ったことで句の輪郭がくっきりしました。 RT @Mrkmbc: 笠着00校合》84 ですが、「蒲柳の女の長き襟足」は如何でしょうか。#kasagi
06-13 05:53

このこと承知いたしました。RT @kumakakiya: 笠置00校合》ご指摘通りに「汝が」で修正願います。勉強になりました! "@twryossy: …85 「しずやしず繰り返し乞う汝の情け」の「汝の」についてですが… #kasagi"
06-13 05:48

このこと承りました。 RT @urusinomi: 笠着00校合》 28有難うございますご提案の通り「ルーベンスの絵飽かず眺める」でお願いします。絵の印象が少し弱くなりますか。 RT「飽かず眺めるルーベンスの絵」、下七の「六一」調が落ち着きません。… #kasagi
06-13 05:44

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。久しぶりに青空が戻ってきた週末の良い一日を! #kigo
06-13 05:23

【今日の季語1628】植田(うえた):「早苗田」「五月田(さつきだ)」の傍題でも。別題の「田植」が生活季語なのに対してこちらはそれが終わったばかりの田をいうのに用いる。◆谷底にひとひら光る植田かな(越内赤城) #jhaiku #kigo
06-13 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

06/12のツイートまとめ
twryossy

これならば差合はなくなりますね。改案15も「母」のままで差し支えないと見ました。 #kasagi RT @syosui24: では、「父母と見上げる顔に花吹雪(ちちはは)」…イメージが入学式なのです。
06-12 07:58

初案・改案とも「五二」なので問題はありませんね。この点うっかりしていました。ただ「いざ」を句末に置く初案の方が勢いがあっていいのではと思います。RT @Mrkmbc:…唯、お言葉ですが、改案の下七「勝負服決め」は「五二」ではないでしょうか。 #kasagi
06-12 07:53

あ、いけない!51に「猫の子」がいて、「子」は同字で障りますね。 RT @syosui24: @twryossy: 笠着00校合》49「母と子と見上げる顔に花吹雪」 #kasagi で大丈夫でしょうか?
06-12 07:33

それならば障りは解消しますね。なお「顔」は52に「指」がありますが、肢体(人倫)は二句去なので障りなしと見なしましょう。 RT @syosui24: @twryossy: 笠着00校合》49「母と子と見上げる顔に花吹雪」 #kasagi で大丈夫でしょうか?
06-12 07:29

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨空の続く週央の良い一日を! #kigo
06-12 06:22

笠着00校合》12「メールで済ます恋の終はりも」の「終はり」は現代表記「終わり」に基づいた仮名の送り過ぎです。「終り」「をはり」のどちらかで行きたいところですね。 #kasagi
06-12 06:17

笠着00校合》 28「飽かず眺めるルーベンスの絵」、下七の「六一」調が落ち着きません。上下を逆にしてはどうでしょうか。 #kasagi
06-12 06:14

笠着00校合》15「本棚のチャンドラーは母譲り」中七6音で字足らずですね。「チャンドラー並ぶ本棚…」などとしてはどうでしょうか。 #kasagi
06-12 06:10

笠着00校合》49「繋ぐ手と見上げる顔に花吹雪」は同面の41「男坂手を取り下る影一つ」と《手を繋ぐ》の意味要素が通うために輪廻の嫌いが感じられます。 #kasagi
06-12 06:05

笠着00校合》84「蒲柳の女(ひと)の喉仏見る」は、「春の灯や女は持たぬ喉仏 日野草城」が示すように「喉仏」は「蒲柳の女」には似合わしくない印象を受けるのですがどうでしょうか。 #kasagi
06-12 05:59

 more...

とびぃ
一般
0 0

06/11のツイートまとめ
twryossy

初案でも問題はありませんが、改案の方がさらに具体性が増すように受けとめました。 RT 笠着00校合》④ 90「胸弾ませて待つ秋祭」→「秋祭まで寝付けない夜」に。取り立てて直す必要のない句ですが、詞を変えてより情景が見えるようにしました。… #kasagi
06-11 17:43

70を舞台上の描写と解すると芸能の打越となって障りますね。改案の方が無難かと。 RT 笠着00校合》…72「拍手喝采五右衛門の見得」は…70の「ぼけとつっこみ」と「見得」に似た趣があり障る気がします。「五右衛門風呂の父の鼻唄」にしたらさっぱりしますが、… #kasagi
06-11 17:40

これなら問題ありませんね。承りました。 笠着00校合》② 50「画用紙に描く春の白雲」→「クレヨンで描く春の白雲」に。林先生から指摘された宿題です。付筋は変えずにより素朴にしました^^ #kasagi
06-11 17:35

巻尾に限っては春二句で終わっても差し支えはありませんが、折角なので改案を頂きます。RT @kumakakiya: 笠着00校合》① 98 「黄金に染めし陽はやはらかく 衆」を→「黄金色なる春の陽光 衆(春)」に願います。春を三句続けるのを失念していました^^; #kasagi
06-11 17:34

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。今朝は再び梅雨空に戻った週央の良い一日を! #kigo
06-11 06:01

笠着00校合》百韻「羚羊の」の巻満尾のご祝詞ありがとうございます。早速校合作業を始めましょう。お気づきの点や改案などがありましたら「笠着00校合》」のヘッダに #kasagi のタグを添えてお送り下さい。校合用下書きはこちらに ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm
06-11 05:38

ありがとうございます。なおFBにはこちら(https://t.co/lCvbYdit8h)にも毎日転載しています。RT @Akemi131: @twryossy Facebookにも今日の季語を転載させて頂くことがありますので、よろしくお願い致します。
06-11 05:14

【今日の季語1626】梅雨出水(つゆでみず):「出水」だけでも仲夏の季語になるがこれに「梅雨」を冠して五拍語に仕立てた傍題。この時季の豪雨は川筋に甚大な被害をもたらす。◆草のさき出でて吹かるる梅雨出水(山上樹実雄) #jhaiku #kigo
06-11 05:00

とびぃ
一般
0 0

06/10のツイートまとめ
twryossy

笠着00》百韻「羚羊の」の巻は本日めでたく満尾を迎えました。以後の校合に備えてこれまでのまとめをご覧下さい ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm #kasagi
06-10 07:31

笠着21》100 雲雀東風吹く昼のしづけさ 海(春) 99 飛鳥野の見ゆる限りを花の雲 代 (花) 98 黄金に染めし陽はやはらかく 衆 97 代々の遺影連なる奥座敷 海 96 里の裏山守る観音 屋 #kasagi ☆よい花句が生まれました。早速挙句を付けさせて頂きます。
06-10 07:24

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。安定しない梅雨空にお気を付けて週初の良い一日を! #kigo
06-10 05:38

それぞれの良さを取り合わせた「飛鳥野の見ゆる限りを花の雲」としては如何でしょうか。 RT @kumakakiya: @Mrkmbc …①で花の雲を出してもいいかもしれませんね。 #kasagi
06-10 05:33

①「四方に広がる」にいささか説明の匂いがあり、②「見ゆる限り」がよいと思います。また①「花吹雪」よりも「花の雲」の方が「飛鳥野」の眺望を言うのにふさわしく思われます。続) RT @kumakakiya: @Mrkmbc …①で花の雲を出してもいいかもしれませんね。 #kasagi
06-10 05:30

【今日の季語1625:別記】同じ「五月」の漢字表記に「ごがつ」の読みを用いれば陽暦で初夏、「さつき」と読めば陰暦で仲夏という混乱を生じる。これを防ぐ方策として後者には「皐月」あるいは傍題の「早苗月」を用いる傾向が窺われる。 #jhaiku #kigo
06-10 05:01

【今日の季語1625】皐月・五月(さつき):陰暦五月の異称で陽暦六月に相当する。梅雨期と重なり「五月闇(さつきやみ)」「五月晴(さつきばれ)」などの同季別題にも用いられる。◆田の川の水嵩(みずかさ)もどる皐月かな(河本峰生) #jhaiku #kigo
06-10 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -発着五態-
IMGP3197a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.09撮影)

昨日は梅雨が一段落の気配を見せたものの、午後からは不安定な空模様になるという予報が出ていたので、昼前に3日ぶりの自転車散行に出かけました。

調布飛行場西側のいつもの撮影ポイントで待機していると、10:22にセスナ機が滑走路南側から北に向かって上昇していきました(①)。カメラを通して空港の吹き流しを遠望してみると、弱い北風が吹いていることを示しています。そこで撮影地点を滑走路南側に移して下降機を待つことにしました。すると間もなく先ほどの機体が南の空から降下してきました(②③)。着陸時刻は10:41(④)、そのまま滑走路の東側にある駐機場に向かいました(⑤)。わずか20分の滞空だったわけですが、撮影場所を変えたことが功を奏して同じ機体の発進両態を捉えることが叶った次第です。

本機は東京航空の所有するJA4139セスナ172P(Cessna 172P Skyhawk II)、これまでに当ブログでは2回その機体画像を掲載したことがあります。

IMGP3203a.jpg

IMGP3208a.jpg

IMGP3209a.jpg

IMGP3210a.jpg


06/09のツイートまとめ
twryossy

それよりも摩衆さんご指摘の「丘」と96「山」は同じ山類にあたり三句去りとされる句材なので、そこが障りになりますね。RT @Mrkmbc: 《 笠着00》…「甘樫丘」が「あまかしの」「おかをあおげば」と切れるので 「見はるかす甘樫丘花の雲」に変更した方が良いかと… #kasagi
06-09 15:09

この形はいわゆる「胴切れ」ですね。ただ連句でこれが嫌われるのは第三に限られ、他の句所では差し支えありません。(続 RT @Mrkmbc: 《 笠着00》…「甘樫丘」が「あまかしの」「おかをあおげば」と切れるので 「見はるかす甘樫丘花の雲」に変更した方が良いかと… #kasagi
06-09 15:04

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨空が続く気配を見せる週明けの良い一日を! #kigo
06-09 06:43

【今日の季語1624:別記02】平安期の薬種辞書『本草和名』には漢名「蕺」に「之布岐(しふき/しぶき)」の和訓があり古くはこの名で呼ばれたことを示している。ドクダミの呼び名は《毒を抑える》意の「毒矯(た)み」から出たもので、近世以降の定着と見られる。 #jhaiku #kigo
06-09 05:02

【今日の季語1624:別記01】「十薬」の名は十種の薬効があることに由来するとされるがこれは宛字に基づく俗解で、実際はドクダミの漢名「蕺(しゅう)」に「薬」を添えたシュウヤクの字音読みから出たと見るのが妥当であろう。 #jhaiku #kigo
06-09 05:01

【今日の季語1624】十薬(じゅうやく):「蕺(どくだみ)」の異名。この時季に四枚の白い苞片を開きそれが花弁のように見える。漢方では主に解毒剤として重用される。◆十薬や雨に重さのありて降る(菊池登紀子) #jhaiku #kigo
06-09 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

06/08のツイートまとめ
twryossy

笠着00》【参考】百韻の付合は98まで進み、99が最後の花(匂の花)の座にあたります。まだ花をお持ちでない方はぜひどうぞ。これまでのまとめはこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm #kasagi
06-08 11:20

笠着21》97 代々の遺影連なる奥座敷 海 96 里の裏山守る観音 屋 95 ゆるキャラに似し旧友よ何処なる 仝 94 後部座席でメーク仕上げて 葛 93 傀儡師手練の技に見惚れをり 衆(冬) 92 空をひらりと滑るむささび 海(冬) #kasagi
06-08 06:35

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨への備えを固めて休日の良い一日を! #kigo
06-08 05:57

【今日の季語1623】蜈蚣(むかで):数多い節足を有するところから一般には「百足(虫)」の熟字表記が用いられる。他の昆虫を補食するために出す毒液は人間にも激痛を与える。◆百足虫出て罪ある如く打たれけり(吉田春江) #jhaiku #kigo
06-08 05:00

とびぃ
一般
0 0

自転車散行 -下降四態-
IMGP3048a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.05.30撮影)

昨日も梅雨の大雨に阻まれて自転車散行に出られなかったので、昨日と同じ5月30日に撮影した蔵出し画像を掲載します。

被写機体はアジア航測の使用するJA8890セスナ208キャラバン(Cessna 208 Caravan I)中型機で、当ブログではこれまでに3度その画像を掲載したことのある馴染みの機体です。

神津島行き305便のJA35CA機が南に向かって離陸した直後の14:52に、滑走路北側の上空から爆音を響かせて下降してきました。画像④は着陸後に給油所に向かってタキシングする機姿を捉えたものです。

IMGP3050a.jpg

IMGP3052a.jpg

IMGP3058a.jpg


06/07のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨寒にお気を付けて週末の良い一日を! #kigo
06-07 06:27

【今日の季語1622】梅雨(つゆ)めく:「入梅」の傍題の一つで「梅雨に入る」「梅雨始まる」などとも。入梅の時期は沖縄の五月半ばに始まり、ほぼ一月かけて青森まで北上する。◆二夜三夜傘さげ会へば梅雨めきぬ(石田波郷) #jhaiku #kigo
06-07 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -下降四態-
IMGP2997a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.05.30撮影)

昨日は雨で散行に出られなかったので蔵出し画像で凌がせていただきます。

掲載画像4枚は5月30日に調布飛行場西側の丘の中腹で撮影したもの。IBEXアビエイション社所有のJA4188セスナ172P(Cessna 172P Skyhawk II )が滑走路の北側から下降する姿を捉えました。この機体はすでに5月27日の記事にもその画像を掲載しており、これが二度目の登場になります。

IMGP2999a.jpg

IMGP3002a.jpg

IMGP3007a.jpg


06/06のツイートまとめ
twryossy

芒種に限らず二十四節気関連季語は暦の目安として重複を厭わず掲載することにしています。 @imai521: @twryossy 季語 芒種は昨年6月5日出されていませんか
06-06 11:23

「幹事」は商売とは言えないので「傀儡師」と差合うことにはならないでしょうね。 RT @yuzuchan220423: 笠着00》 @twryossy お早うございます。95の 「幹事」と 93の「傀儡師」は、職業の打越となりますか? #kasagi
06-06 10:34

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。今日から仲夏の時季に入った週央の良い一日を! #kigo
06-06 06:06

【今日の季語1621】芒種(ぼうしゅ):二十四節気の一つ。「芒」は稲や麦などの穀の先にある《のぎ》、「種」は《うえる》の意でそれらの種蒔きをする仲夏前半の時節をいう。◆芒種はや人の肌さす山の草(鷹羽狩行) #jhaiku #kigo
06-06 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -空港梅天-
DSCF1794a.jpg *東京・調布 FUJIFILM X-E1 + XC50-230mm F4.5-6.7 OIS (2014.06.05撮影)

関東地方は昨日梅雨入り。これからしばらくは思うように自転車散行に出られない日が続くことになります。昨日の当地は幸いなことに夕方までは何とか持ちそうな空模様だったので、昼食を済ませるとすぐに散行開始。背嚢の荷重軽減のためにミラーレス一眼レフに軽いズームレンズを付けて持参しました。

調布飛行場は梅雨空をいう和製漢語の「梅天」の下、西側の丘麓では紫陽花がそこかしこに花を開き(①)、風速計のプロベラは東寄りを向いて勢いよく回転しています。こういう風向きの日には飛行機の発着が南北いずれの方向になるかが読みがたく、その事を裏付けるように14:24到着の神津島発304便は最近では珍しく南方向から降下してきました(②)。

これに続いて三宅島行き407便が南に向けて飛び立ったのを見送った後、雨の降り出さない中にいつもどおりの敢行を続けるべく飛行場を後にしました。そんな次第で本日はめぼしい画像をお目にかけられないのが残念です。

DSCF1793a.jpg


06/05のツイートまとめ
twryossy

94は前句への依存度が高く一句としての独立性が弱いところに付けにくさの原因があるように思われます。 RT @urusinomi: 笠着00》後が付かないので94取り下げます。停滞させてすみませんでした。☆笠着21》94 身過ぎとなれば是非も無からん 葛 #kasagi
06-05 10:20

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。雨の備えをお忘れなく週央の良い一日を! #kigo
06-05 05:42

【今日の季語1620】麦の穂(むぎのほ):数多い「麦」の傍題の一つ。「穂麦」「熟れ麦」などとも。同季別題の「麦の秋」を迎えた畑では黄色に成熟した麦の穂が収穫を待つ。◆麦の穂を便りにつかむ別れかな(芭蕉) #jhaiku #kigo
06-05 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -発進五態-
IMGP3076a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.02撮影)

本日掲載する画像は6月2日の自転車散行の折に撮影したもの。被写体のJA8600機はアジア航測の所有するガルフストリーム・コマンダー695(Gulfstream Commander 695 Jetprop 980)型機で、これまでに何度か当ブログに登場したことがあり、ここではすっかりお馴染みの機体ですが、その発進姿を捉えたのは今回が初めてです。ちなみに上記会社の運営するサイトによれば、国内に保有されるこの機種に属する機体は本機のみということです。

地を這うような姿で発進位置に付き、しばし待機の後、14:08に南に向かって離陸していきました。

IMGP3081a.jpg

IMGP3083a.jpg

IMGP3086a.jpg

IMGP3088a.jpg


06/04のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。スケジューラーの時刻設定が誤っていたため送信時刻が遅れました <(_ _)> #kigo
06-04 05:17

【今日の季語1619】野茨(のいばら):「茨の花」の傍題の一つで単に「茨(いばら・うばら)」とも。日本全国に自生する低木で西洋種のバラには漢語の「薔薇」の表記を当てる。◆野茨の実に日月の凝りしかな(山本悠水) #jhaiku #kigo
06-04 05:15

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(13)-
IMGP3160a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.06.03撮影)

昨日は6月3日の記事にその画像を掲載したばかりの、JA9672アエロスパシアルAS332L型機の試運転状況を目の辺りにすることができました。

①は格納庫から引き出される本機の画像。大きな図体にはモンスターめいた趣があります。

その後機体の屋根と扉が閉じられ(②・③)、管制塔前を空港南に向かい(④)、滑走路西側の一郭にある試運転場で回転翼の試験が開始されました(⑤)。

⑤の画像は、近隣への騒音軽減のために植えられた樹木やフェンスに幾重にもさえぎられていて、試験場所が直視できず、金網を斜め越しの状態で写し撮ったものなので、鮮明さに欠けるのが残念ですがやむを得ません。

今後しばらくこのような試運転が続けられるものと思われます。

IMGP3170a.jpg

IMGP3174a.jpg

IMGP3178a.jpg

IMGP3192a.jpg


06/03のツイートまとめ
twryossy

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。梅雨入り地域が東進しつつある週初の良い一日を! #kigo
06-03 06:14

【今日の季語1618:別記】例句の「わざをぎ」は《業(わざ)・招(をき)》が原義で《役者・俳優》の意を表す和語。後部要素「をぎ」は動詞ヲク(招)の名詞形で語源が示すように古くは清音だったのが後世に濁音化した。 #jhaiku #kigo
06-03 05:01

【今日の季語1618】泥鰌汁(どじょうじる):「柳川鍋」と並ぶ「泥鰌鍋」の傍題。真水に数日放って泥を吐かせた泥鰌を丸煮にし卵や野菜などの具を入れて仕立てた夏の滋養食。◆わざをぎと背中合せや泥鰌汁(山田節子) #jhaiku #kigo
06-03 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

自転車散行 -直昇飛機(12)-
IMGP2994a.jpg *東京・調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.05.30/06.02撮影)

画像①は5月30日、②③は6月2日に、東邦航空の作業用格納庫内部が遠望できる調布飛行場西側の丘麓から撮影したもの。編集段階でトリミングにより画面がおよそ30%ほど拡大されています。

①は5月22日の記事に掲載した和歌山県防災航空隊所属のJA6760ベル412EP型機。一週間のうちに分解作業が進み、機体各部が大幅に取り外された姿を見せています。

②はそれが格納された姿を正面から捉えたもの。左側にこれと同機種かと思われる大型ヘリがもう一機見えますが、その正体は目下のところ不明です。

③は②の右側の格納庫に収められた東邦航空所有JA9672アエロスパシアルAS332L(Aerospatiale AS332L Super Puma)型機。こちらは5月16日の記事にその機姿画像を掲載しました。それ以降に点検修理作業のだいぶ進んだ様子が、風防ガラスのマスキングシートが剥がされていることやメインローターの取り付けが終わっていることなどから窺い知ることができます。

三機の試験飛行を目の辺りにできる好機の到来を待ち望んでいます。

IMGP3094a.jpg

IMGP3095a.jpg


06/02のツイートまとめ
twryossy

笠着00》【参考】百韻の付合は92まで進みました。名残折裏折立の93も冬を続けて匂いの花の春と併せ一面二季の運びとしましょう。これまでのまとめはこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm #kasagi
06-02 11:40

笠着21》92 空をひらりと滑るむささび 海(冬) 91 月光にゆれて答ふる杉の梢(うれ) 紗(秋/月)90 胸弾ませて待つ秋祭 衆(秋) 89 弟ともろこし齧る塾帰り 代(秋) 88 ギアを戻せば軋(きし)む自転車 海 87 星纏う分水嶺に風は無し 屋 #kasagi
06-02 11:31

擬人法なので「応」「答」どちらもありと見ました。作者のご判断に任せます。92は付けさせて頂きます。 RT @yuzuchan220423: 傘着00》 @twryossy曙水さんの指摘の「答ふる」に 問題が… それとも、句そのものを再考すべきでしょうか? #kasagi
06-02 11:30

@yukariconinさん、ありがとうございます。サイクリストの姿をよく見かけました。近くロードレースもあるようですね。RT … 筑波にいらしてたのでしたか。最近は自転車の方も増えヒルクライムに車に自転車積んで来る方々もいらっしゃいます。いつか自転車で筑波を楽しんで下さい。
06-02 10:13

【今日の季語1617】落し文(おとしぶみ):オトシブミ科に属する甲虫。葉を丸めて作った筒状の巣が地上に落ちたその形が巻紙に書かれた手紙に似ているところからこの名が出た。◆落し文卓見は世に容れられず(西山せつ緒) #jhaiku #kigo
06-02 05:00

とびぃ
飛行機
0 0

筑波初夏
DSCF1773a.jpg *茨城・筑波 FUJIFILM X-E1 + XF35mm f1.4R (2014.05.31撮影)

5月31日に義母の三回忌が茨城県筑西(旧下館)市で行われ、その帰りに筑波山腹の「筑波温泉ホテル」に一泊し、翌日帰宅しました。本日の画像はその折に撮影したものです。

①②は折しも筑波神社前広場で行われていた「ガマの油」の口上保存会有志による演技。腰に帯した真剣で切り刻んだ紙吹雪を散らしたりして見物人の注目を集めています。

③④は筑波神社本殿。境内には婚礼を済ませたばかりの新夫婦の姿を見かけました。真夏日だったので伝統的婚礼衣装を纏った花嫁はさぞかし暑い思いをしたことでしょう。

⑤は本殿近くに並ぶ歌碑の一つ。この山を詠んだ万葉集の和歌数首が石に刻まれて並んでいます。

⑥は翌朝ホテルの北窓から撮った筑波山。左が男体山で、右が女体山。今回は試みませんでしたが山頂近くまでケーブルカーが通じています。

DSCF1758a.jpg

DSCF1766a.jpg

DSCF1768a.jpg

DSCF1764a.jpg

DSCF1782a.jpg


06/01のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語1616:別記】俳諧などでは「ぼうたん」の形も用いられるが、実はこちらが本来の漢名でその字音の「牡(ぼう)丹(たん)」にあたる。「ぼたん」は日本伝来後にこれから生じた短縮形。 #jhaiku #kigo
06-01 05:01

【今日の季語1616】牡丹(ぼたん):「富貴草」「白牡丹」などの傍題でも。平安初期に中国から薬用植物として渡来したのが後に観賞に供され「花の王」と呼ばれるに至った。◆牡丹切つて気の衰へしゆふべかな(蕪村) #jhaiku #kigo
06-01 05:00

とびぃ
旅行
0 0

05/31のツイートまとめ
twryossy

笠着00》本日義母の三回忌があり帰宅する明日夕刻まで百韻には出られません。このことお含み置き下さい。 #kasagi
05-31 05:32

笠着00》【参考】百韻の付合は91まで進みました。93から名残折裏に入り99が匂いの花の座となります。それまでに季句を交えて一面二季の運びとしましょう。これまでのまとめはこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/tLzEeEH8Pm #kasagi
05-31 05:28

【今日の季語1615】甘藍(かんらん):傍題「キャベツ」の漢名で「玉菜(たまな)」とも。現在では季感が薄れたが明治期に欧州から渡来した当時は初夏の野菜として珍重された。◆甘藍の玉巻くまへの青さかな(佐川広治) #jhaiku #kigo
05-31 05:00

とびぃ
一般
0 0

| HOME |