FC2ブログ
 
自転車散行 -雪客二種-
IMGP7297a.jpg
*東京・小金井/府中/調布 PENTAX K-7+SIGMA 70-300mm f4-5.6 APO DG MACRO (2014.01.24撮影)

昨日の自転車散行の途次、野川右岸を走行中、水辺に佇む二種のサギを見かけたのでカメラに収めました。画像①はアオサギ、②はチュウサギと見られます。サブタイトルに用いた「雪客(せっかく)」というのはサギの異名にあたる漢語。簑をまとって雪中に佇む人物を思わせる姿にふさわしい呼び名ですね。

③④の撮影地点は昨日と同じ「ふるさとの丘」の上。南風を受けて滑走路北側から降下中のドルニエ228型JA33CA機の画像です。④はもっとズームアウトしなければならないところでしたが、ズーミング操作が遅れて機体前半部のみの画像になってしまいました。しかし操縦席窓左側に機種名 Dornier 228 の文字が小さく記されているのを確認できたのは怪我の功名でした。

⑤はその丘の上で花を付けていた寒木瓜(かんぼけ)。「木瓜の花」は晩春の季語ですが、日当たりのよい場所ではすでにこの時季に花を開くところから「寒木瓜」は晩冬の季語とされます。春はすぐそこまで来ているようです。

IMGP7296a.jpg

IMGP7320a.jpg

IMGP7323a.jpg

IMGP7304a.jpg


01/24のツイートまとめ
twryossy

笠着00》【参考】「猫の目の」の巻の付合は現在15まで進んでいます。16も恋を続け、17を月、21を花の座の目安に付け進めましょう。これまでの進行状況はこちらをご覧下さい ⇒ http://t.co/cpnHfM9Zp7 #kasagi
01-24 05:18

今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。寒さが幾分緩む週末の良い一日を! #kigo
01-24 05:14

【今日の季語1488】鍋焼(なべやき):本来は鳥魚の肉や野菜を醤油で味付けして土鍋のまま食べる料理をいう呼び名であったが、後には専ら「鍋焼饂飩」を指すようになった。◆鍋焼ときめて暖簾をくぐり入る(西山泊雲) #jhaiku #kigo
01-24 05:00

関連記事
とびぃ
野鳥
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/1671-3169bd81
trackback