いわき文音五吟歌仙『初便り』の巻 解題03(初折裏七句目から折端まで)
basyoRkuhi_kisakata02.jpg
※画像はブログ「私の芭蕉紀行」による

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音五吟歌仙「初便り」の巻          宗海捌

                        起首 2016.01.07
                        満尾 2016.03.20

  発句 初便り実を食む鳥の珍しや       遊糸 新年
  脇   新年会に揃ふ顔触れ         笑女 新年
  第三 温泉(いでゆ)宿瀬音聞ゆる窓開けて   宗海 雑
  四   地物野菜の並ぶ朝市         禿山 雑
  五  据え置けば辺りを払う猿茸       俊輔 三秋
  折端  残業終えて裏道の月          女 三秋/月
初裏
  折立 秋出水天気予報は大当たり        糸 仲秋
  二   てるてる坊主揺れる軒先        山 雑
  三  補助輪を外して被るヘルメット      海 雑
  四   投票箱へ制服のまま          輔 雑
  五  つなぐ手に力のこもる下り坂       糸 雑/恋
  六   高ぶる想い雨の後朝          女 雑/恋

  七  移り香のほのかに残る白絣        海 晩夏/恋
  八   合歓咲く木陰望む昼月         山 晩夏/月
  九  島々の名のみ留めて蚶満寺        輔 雑
  十   懐石膳に海老の真薯(しんじょう)    女 雑
  十一 踊りの輪少し崩れて花の宴        糸 晩春/花
  折端  湯暖簾くぐる朧夜の下駄        山 三春

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


  七  移り香のほのかに残る白絣        海 晩夏/恋


七句目は、前二句の恋の名残を引き留めるべく、捌がもう一句恋を続けます。すでに雑が5句続いたので、このあたりで季句に転じることにします。
掲句は、晩夏の季語「白絣(しろがすり)」を用いて、「移り香」を前句に摺り付ける形で恋の情をかすかに漂わせることを目指したものです。


  八   合歓咲く木陰望む昼月         山 晩夏/月


八句目は五飛び遅番禿山氏の担当。三句続いた恋を離れ、前句の季を承けて夏の月を詠んで頂きます。
呈示された候補5句の中では初案「木陰に望む夏の昼月」をもっとも良しと見ました。ただしこれは、単独では三秋の季語となる「月」を夏のものにするために「夏の昼月」としたもののようですが、それよりも「木陰」に季を含ませれば「夏」と言わずに済むし、個別種名を示すことによる具体化も図られるという一石二鳥の効果が生まれます。そのような心積もりに従って、掲句に見るように晩夏の季語「合歓(ねむ)の花」を傍題風に用いた形の一直を加えました。
ちなみに「合歓」という漢名は、葉を合して閉じる様が男女の交合を思わせるところから出たとされています。そこには恋の気分も感じられるので、恋離れにはまことに好都合な句材です。前句の絣の白に合歓の花の紅の映りも良い、恋離れにふさわしい月句が生まれました。


  九  島々の名のみ留めて蚶満寺         輔 雑


九句目は定時四飛びの俊輔氏。夏が二句続いたので雑に戻ります。
呈示された候補五句の中では、前句の「合歓」を付所に、「象潟や雨に西施がねぶの花」の芭蕉句を踏まえた初案「象潟や侘びつくしたるはせを翁」の付筋の良さに目が止まりました。ただしこのままでは、平句には一般に用いない切字があること、中七の説明色が濃すぎること、下五に「はせを翁」を露わに出したことなどに難があって頂戴し兼ねます。そこでこの句想を活かして大幅な一直を加えた掲句に改めました。「蚶満寺(かんまんじ)」は上掲芭蕉句碑の建つ寺の名。「象潟」の名を露わに示すのは付筋が見えすぎることになるので、これに代えて下五に置いたものです。前二句の世界を大きく離れ、新たな展開の期待される九句目が生まれました。

なお今回の解説冒頭に掲げた画像に見えるは、掲句に出る坩満寺境内に建てられた芭蕉句碑。ここには「象潟の雨や西施がねぶの花」(濁点筆者)とあり、これがこの地で詠まれた折の初案ですが、『奥の細道』ではよく知られた上掲の句形に改められており、テニヲハの微妙な入れ換えに芭蕉の苦心のほどが偲ばれます。


  十   懐石膳に海老の真薯(しんじょう)    女 雑


膝送りはこれより四巡目入り。十句目は三飛び早番の笑さんにお願いします。
掲句は、呈示された候補五句の中から選んだ一句に捌が手を加えたもの。一般にはあまり名の知られていない前句の「蚶満寺」をどのようにあしらうかがこの付句の見所です。初案は「懐石膳に独活のしら和え」で、寺の食膳に出されたとおぼしき料理名に転じたのは旨い運びです。ただ、「独活」は食物とは言え植物名でもあるので、打越の「合歓」と同類で差合います。また「しら」は打越「白」との同字を避けたものと見えますが同じ色名として障るので、他の句材と入れ換えたいという一存からこのように改めました。ちなみにこの料理名はその通用表記「真薯」が示すように、本来はシンジョだったのが、後に訛ってシンジョウと長呼されたものです。


  十一 踊りの輪少し崩れて花の宴        糸 晩春/花


十一句目は初折の花の座。ここは五飛び遅番でお待ち兼ねの遊糸さんに花を持って頂きます。前二句に人間の登場しない場の句が続いたので、ここは人情を新たに加えた「起情」の句を付けて頂くことにしました。
呈示された候補5句の中、捌が感じ入ったのが上掲句。中七「少し崩れて」に詞運びの良さがあり、句の内容にも元禄花見踊りを彷彿とさせる華やぎが感じられて、前句の「懐石膳」にも良く映っています。《飲食》の要素に「宴」との近さはあるものの、それを凌駕して余りありと判じて初案のまま頂戴しました。花句にふさわしい華やぎを持った付味の良い十一句目が生まれました。


  折端  湯暖簾くぐる朧夜の下駄        山 三春


膝送りは早くも付合の前半最後に当たる初折裏折端にさしかかりました。この句所は三飛び早番の禿山氏にお願いします。
呈示された候補5句の中から選んだものに一直を加えたのが上掲句です。初案は「春の夕べに向う銭湯」。前句の花見が済んだ夕方に時分を見定めたもので、程よい転じがあって前句によく付いています。ただ下七「向かう銭湯」にはいささかありきたりの感が付きまとうので、ここにいま一つ曲折を持たせたいと考えました。そこでいったんは「春の夕べにくぐる湯暖簾」と案じてみたのですが、もうひと手間加えたのが上掲句です。前句に「下駄」の音を響かせる趣向を構えました。
(この項続く)
関連記事
とびぃ
連句
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5342-cf4a4c1f
trackback