いわき文音五吟歌仙『粥の香に』の巻 解題02(初折裏折立から六句目まで)
hizaneko.jpg
※画像はブログ「猫ジャーナル」より転載


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音五吟歌仙「粥の香に」の巻     宗海捌
                        起首 2016.04.17
                        満尾 2016.07.06

 発句 粥の香に春の眠りを覚ましけり     宗海 三春
 脇   独活和え添えて床上げの膳      禿山 晩春
 第三 山笑ふ友の集へる故郷に        笑女 三春
 四   演歌の後は校歌朗誦         俊輔 雑
 五  夕暮れの川面に浮かぶ月赤し      遊糸 三秋/月
 折端  ちちろのすだく長屋門筋        海 三秋
初裏
 折立 ぐずる子をなだめすかして冬支度     山 晩秋
 二   亭主の膝で眠る三毛猫         女 雑
 三  ドクターの止めるも聞かずジャムを舐め  輔 雑
 四   自慢にならぬ強がりの癖(へき)     糸 雑
 五  ふつふつと汗の噴き出るサウナ風呂    山 三夏
 六   ヨガを済ませて付ける香水       海 三夏

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


初裏
 折立 ぐずる子をなだめすかして冬支度     山 晩秋


膝送りは初折裏に入り、折立は禿山氏の付番。秋をもう一句続けます。三秋の季が二句続いたので、ここはそれ以外の秋に転じなければなりません。
呈示された候補5句の中では、前二句の屋外景を室内に転じた掲句に目が留まりました。初案は「ねだる子をなだめすかしつ冬支度」でしたが、「ねだる」の対象が前句に付けても判然としないことと、中七の助動詞「つ」を助詞《て》の意味に用いたとすると問題が残るし、これを助動詞として扱ったものとしてもここに句切れが生じて発句体になってしまうので、これらの点に修復を加えて掲句の形に改めました。
なお上五には「むずかる子」の別案も浮かびましたが、芭蕉が意を用いた"俗談平話"(日常語)に相当する「ぐずる」をあえて選んで、語の雅俗に関わる面に変化を求めました。


 二   亭主の膝で眠る三毛猫         女 雑


膝送りはしばらく四飛び巡行が続きます。二句目は笑女さんの付番。秋が三句続いたのでここは季を離れて雑にしましょう。前句が人情を起こしたのでそれを一句で捨てずに人情句を続けます。自他の別は問いません。
候補6句の中から、前句の人物の傍に「亭主」がいるとする見立てに従った掲句を選びました。本句は「三毛猫」に焦点を当ててはいますが、それに膝を貸しているご亭に対して、家事をちっとも手伝ってくれないという主婦の思いも潜んでいるものと解して、これを初案のまま頂戴することにしました。
なお打越に虫類の「ちちろ」がいますが、猫とは「異生類」にあたるので差合にはなりません。前句の場景に別の人物を添えた「対付(ついづけ)」による軽い味の二句目が生まれました。


 三  ドクターの止めるも聞かずジャムを舐め  輔 雑


三句目は俊輔氏の付番。雑を続けます。打越が人情自他半句と解されるので、人情を加えるなら自または他。場の句で承けても構いません。
候補5句の中から捌が目を付けた句の初案は、「餅食らひ踊りを踊る二絃琴」。前句から漱石と猫へ連想を馳せたところは自然な付筋です。しかしそれを『猫』の作中場面にすがって詠んだところが付筋が露わに過ぎる結果になっていることと、説明の匂いのする「~して~する」式修飾句をいささか飛躍のある「二弦琴」に続けた、その二点に不満が残ります。
この着想を活かすには思い切った改案が必要なので、やむなく掲句に見るような大幅な一直を試みました。「亭主」の持つ二義性を利用して、前句が《夫》の意に用いたものを《一家の主》の漱石に見立て替えたものです
前句の「亭主」「猫」から漱石の面影を読み取り、その世界へと大きく転じた付味の良い三句目が生まれました。


 四   自慢にならぬ強がりの癖(へき)     糸 雑


次はお待ち兼ね遊糸さんの付番。もう一句雑を続けます。二句目の「亭主」が人情他に当たるので、人情の打越を避けてここは自あるいは自他半の句を試みることにしましょう。
候補6句の中から選んだ句の初案は「強がる癖は誰かにそっくり」でした。前句の「聞かず」を付所に《人の性格》という付筋を求めた「其人」の手法に従う付けが他の候補句に勝っています。ただし下七の字余りが句調を乱している点と、「誰か」が打越の「亭主」と同じ人倫の詞である点に障りがあるので、ここを改める必要を感じて掲句の形に改めました。
前句の人物を病体から離して性格に目を向けた、転じ味のよい四句目が生まれました。


 五  ふつふつと汗の噴き出るサウナ風呂    山 三夏


膝送りはこれより三巡目入り。付順の入れ換えによって3飛び早番が山どのに回ってきました。しばらく雑が続いたのでここで夏に転じることにします。
候補5句の中でもっとも良しと見た初案は「あと十分汗の吹き出るサウナ風呂」。三夏の季語「汗」を用いて捌の呈示した条件に応えたもので、前句に説明を加えようとせずに対象の描写を優先しているところが好もしい。ただし上五が字余りである点と、ここにまだかすかながら前句への理由付けの意図が感じられます。そこでここに一直を加えて掲句の形に治しました。
前句の「強がり」からサウナで我慢する人物を引き出した、軽い遣句風の味を持った五句目が生まれました。


 六   ヨガを済ませて付ける香水       海 三夏


六句目は捌が付けます。前句の夏の季は一句で離れることも許されますが、ここではもう一句続けることにしました。
前句をジムの場景と見立て、三夏の季語「香水」をこれに配してみました。そろそろ恋が欲しい局面なのでその呼び出しも兼ねています。(この項続く)
関連記事
とびぃ
連句
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5454-eb8d6b99
trackback