いわき文音五吟歌仙「粥の香に」の巻 解題06(名残折裏折立から挙句まで)
hana05.jpg
※画像はブログ「お花見写真館2016/烏城(岡山)」より転載


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音五吟歌仙「粥の香に」の巻         宗海捌
                        起首 2016.04.17
                        満尾 2016.07.06

 発句 粥の香に春の眠りを覚ましけり     宗海 三春
 脇   独活和え添えて床上げの膳      禿山 晩春
 第三 山笑ふ友の集へる故郷に        笑女 三春
 四   演歌の後は校歌朗誦         俊輔 雑
 五  夕暮れの川面に浮かぶ月赤し      遊糸 三秋/月
 折端  ちちろのすだく長屋門筋        海 三秋
初裏
 折立 ぐずる子をなだめすかして冬支度     山 晩秋
 二   亭主の膝で眠る三毛猫         女 雑
 三  ドクターの止めるも聞かずジャムを舐め  輔 雑
 四   自慢にならぬ強がりの癖(へき)     糸 雑
 五  ふつふつと汗の噴き出るサウナ風呂    山 三夏
 六   ヨガを済ませて付ける香水       海 三夏
 七  ふたとせの縁(えにし)をつなぐ赤い糸   輔 恋
 八   逢瀬待つ夜は心蕩(とろ)けて      女 恋
 九  お決まりの喧嘩の種はもの忘れ      糸 雑
 十   四月馬鹿なる真昼間の月        山 仲春/月
 十一 纜(ともづな)をぶらりと垂らす花見舟   海 晩春/花
 折端  鼻毛抜きつつ春の手枕         輔 三春
名残表
 折立 焼き上がる目刺鰯の香ばしく       女 三春
 二   ビーズつなぎに嵌まる此の頃      糸 雑
 三  ジャズラジオ好みはいつもサキソフォン  海 雑
 四   塩辛声が笑ひ振りまくく        山 雑
 五  熱燗が常温になる呑み談義        女 三冬
 六   朝の湯婆は二度のお務め        輔 三冬
 七  喜寿の会焼けぼっくいに何とやら     糸 雑
 八   人目を忍ぶささやきの道        海 恋
 九  触れた手の指絡め取る日暮れ時      山 恋
 十   酔ひの紛れに恋懺悔する        女 恋
 十一 草芝居赤城の月にお捻りが        輔 三秋/月
 折端  越える峠に行き合いの空        糸 初秋
名残裏
 折立 SLが二連で喘ぐ暮の秋         山 晩秋
 二   盆栽までも売れぬ円高         海 雑
 三  理髪より嵩むチワワのトリミング     輔 雑
 四   袖にやさしき絹の手触り        糸 雑
 五  蔵の街綿菓子色の花明かり        笑 晩春/花
 挙句  謡のどかに仕舞ふ老匠        執筆 三春
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


名残裏
 折立 SLが二連で喘ぐ暮の秋         山 晩秋


膝送りは名残折裏に入り連衆各自最終の付番を迎えるに至りました。折立は3飛び早番禿山氏の担当。秋をもう一句続けます。前句が初秋で季戻りの恐れはないので秋三期いずれも可です。人情は二句前から他→自と続いているので、打越に戻る人情他は避けましょう。
これらの条件を承けて呈示された初案5句の中から「SLも二連で喘ぐ秋深し」の初案句を選びました。自解の中に、横文字はどうかという懸念が示されていましたが、これはかえって転じを良くするのに効いています。ただ細かいことながら、「も」に《上り峠の急峻さ》を説明する匂いがあることと、「SL…喘ぐ」の用言がまとめた修飾句をいったん「秋」が承けた後、さらにそれを「深し」と用言を重ねる言い回しにもうひと工夫欲しいところです。そこでこれらの点に僅かな一直を加えて掲句の形に改めました。
前句の「峠」に対してやや付き味が濃い印象はあるものの、転じに工夫の見られる折立が生まれました。

 二   盆栽までも売れぬ円高         海 雑


これに早速5飛び遅番の捌が付けます。前句の「喘ぐ」を付所に、そこからの質的転換を図りました。時事問題を扱った句がまだ出ていなかったので、イギリス国民投票の結果が日本経済に波及し、それが盆栽の輸出にまで影響が及びつつあるとされる当今の世界情勢を絡め、タイムスタンプのつもりで付けたものです。

 三  理髪より嵩(かさ)むチワワのトリミング     輔 雑


ナウ三句目は3飛び早番の俊輔氏にお願いします。場の句が二つ続いたので、ここは必ず人情を起こすことと、《不況》の要素が加わると三句絡みに陥る恐れのある局面なのでこの点は特に注意が必要です。
これらの条件の下に呈示された候補5句の中から選んだのは「散歩させトリミングするチワワにて」という無季の句。「盆栽」から「チワワのトリミング」への転じによい味が感じられますが、構句上「チワワ」に掛かる修飾句に二つの要素を盛り込んだところに説明の匂いがあるため、そこに一直を加えて掲句の形に改めました。「散歩」は捨てて「トリミング」に焦点を絞り、別に飼い主の理髪代との比較の要素を加えて俳諧味を付加したものです。「盆栽」から「チワワのトリミング」に転じた着想の奇抜さが満尾近くの付合に興を添えました。「円高」と「嵩む」にも内容面の響き合いがあります。

 四   袖にやさしき絹の手触り        糸 雑


花前の四句目は初めに記したとおり、本来ならば笑女さんの5飛び付番に当たる句所なのですが、まだ月花いずれの句もお詠みでなかったので、次の遊糸さんと付順を交替して花の座をお譲り願うことにしました。雑をもう一句続けることと、起情の前句を承けて必ず人情を加えることが条件となります。
呈示された候補5句の中、前句に微かに漂う《感触》の要素を付所とした「この感触が忘れられずに」を選り残しました。ただし指示語の「この」が前句をそのまま承ける形になるため、付句の独立性が損なわれる印象を与える点に難があるので、上記の要素のみを活かして大幅な内容の入れ替えを行いました。次の花句が詠みやすくなるような配慮も加えたつもりです。前句から大きく離れて花を招くにふさわしい四句目が生まれました。

 五  蔵の街綿菓子色の花明かり        笑 晩春/花


次は一巻の飾りとなる匂いの花。6飛び遅番でお待ち兼ねの笑さんに花を持って頂きます。品種名を言わずに「花」とだけ詠んで花句の要件を満たすことと、人情は他、あるいは人情無しも可とします。
これらの条件の下に呈示された候補5句の中から、掲句を初案のまま頂くことにしました。「綿菓子色」が心惹かれる決め詞で、「蔵の街」も前句によく映えています。前句にほのかに通う上々の付味を備えた匂の花の句が生まれました。

 挙句  謡のどかに仕舞ふ老匠        執筆 三春


挙句は捌の分身に当たる「執筆」が付けることにします。
前句の候補句中にあった「傘寿」に籠もる《老体》の要素をここに活かすことにして、蔵の街にふさわしい「謡」「仕舞」の句材を用いて、めでたい気分の挙句で一巻を巻き納めました。(この項終り)
関連記事
とびぃ
連句
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5467-30bc473b
trackback