08/08のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2415:別記④】ヒヒクのヒヒは現代語のピリピリと同根のオノマトペ(擬態語)で、これに接尾辞のクが付いて派生した動詞。古代日本語のハ行音が[P]であったことを思わせる、これはその一例にあたる。 #jhaiku #kigo
08-08 07:10

【今日の季語2415:別記③】後世この(クチ)ヒヒクをヒビク《響く》の意に取るのは誤り。《刺激で口の中がぴりぴりする》の意と解するのが正しい。 #jhaiku #kigo
08-08 07:09

【今日の季語2415:別記②】『古事記』所載の歌謡「垣下(かきもと)に植ゑし はじかみ 口疼(くちひひ)く 我は忘れじ 撃ちてし止まむ」も山椒の実を指すハジカミの辛さを詠んだもの。 #haiku #kigo
08-08 07:08

【今日の季語2415:訂正】"「山椒の実」(三秋)の古名…"の(三秋)は(初秋)の誤りです。謹んで訂正いたします<(_ _)> #jhaiku #kigo
08-08 06:04

【今日の季語2415:別記】例句の「はじかみ」は句意から《山椒の実》と知れるが、紛らわしい場合もあるので漢字表記「薑・椒」によって使い分けるのも一法であろう。ショウガの芽を甘酢に漬けたものを特定してこの名で呼ぶこともある。 #jhaiku #kigo
08-08 05:02

【今日の季語2415】はじかみ:「山椒の実」(三秋)の古名が別題「生姜(しょうが)」(初秋)の傍題にも。後者は中国からの渡来を表す「呉(くれ)のはじかみ」が短略されて同音衝突を起こすに至った。◆はじかみの熟れて紅涙つづりけり(仁科文男) #jhaiku #kigo
08-08 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5471-c76a1060
trackback