【佐藤禿山氏追悼連句】いわき文音五吟歌仙『ひよどりは』の巻解題04(名残折表折立から六句目まで)
ikamesi.jpg
※画像はサイト「函館朝市 駅二市場」より転載


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  いわき文音五吟歌仙「ひよどりは」の巻        宗海捌
                        起首 2016.08.09
                        満尾 2016.11.10


  発句 ひよどりは試練の海を越え行きぬ    禿山 三秋
  脇   涼新たなる旅立ちの朝        遊糸 初秋
  第三 来し方を家郷の月に眺むらん      俊輔 三秋/月
  四   薬あれこれ入れるポシェット     笑女 雑
  五  妹は姉に似合わぬ器用者        宗海 雑
  折端  吊り床揺れる薫風の庭         山 三夏
初裏
  折立 水族館人気抜群大くらげ         糸 三夏
  二   酢物味濃き嫁の手料理         輔 雑
  三  四捨五入すれば傘寿よ背の丸み      女 雑
  四   枯蔦からむ宮の狛犬          海 三冬
  五  難問が解けて空には冬の月        糸 冬/月
  六   誕生なるか女性領袖          山 雑
  七  移り香のスーツに残る帰り道       女 雑/恋
  八   逢瀬重ねる焼肉の店          輔 雑/恋
  九  迷惑は口先だけとすぐに知れ       海 雑
  十   相槌打つもうはのそらなり       糸 雑
  十一 ジグソーのゴジラ仕上がる花明り     山 晩春/花
  折端  縞のキルトに蒲公英の絮        女 三春
名残表
  折立 いかめしも開通を待つ春の駅       輔 三春
  二   港目指して下る坂道          海 雑
  三  園児らのラジオ体操靄晴るる       山 雑
  四   集ふママ友尽きぬおしゃべり      糸 雑
  五  家事番は草むしりなど屁の河童      輔 晩夏
  六   女形の台詞やっと覚える        女 雑

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名残表
  折立 いかめしも開通を待つ春の駅       輔 三春


付合は早くも峠を越えて名残表入り。折立は4飛び定時巡行の俊輔氏にお願いします。
春秋の季句は三句以上五句までとされている式目の「句数(くかず)」の定めに従い、前二句を承けて春をもう一句続けます。春三期の別は問いません。場の句を続けてもよく、新たに人情を起こしてもよしという局面です。
このような条件を承けて呈示された候補5句を吟味した結果、初案「開通のイカ飯を買ふ春の駅」をもっとも良しと見ました。
ご当地北海道にふさわしい吟句で、前句の「キルト」から"詰め物"の要素を導いた付心が面白い。ただ、中七がやや只事(ただごと)風の表現に流れている点にもうひと工夫欲しい印象を抱きました。
そこでこれに掲句のような擬人法による曲折を加えた一直案を浮かべてみました。その初案は、上五に「烏賊飯」の漢字表記を用いたのでしたが、ネット上でその画像を見ると平仮名書きになっていたのでこれに従って表記を改め、それがご当地のものであることを暗示しました。
離れ味もよく、明るさを備えて新たな展開の期待される折立が生まれました。

  二   港目指して下る坂道          海 雑

二句目は4飛び定時巡行付番の捌の担当。前に三句続いた春を離れて雑の句に戻ります。
函館を思わせる港町の場景を詠んだ掲句は、前句に対していささか親句(しんく)の気味はありますが、場の句が二つ続いたのを承けて、海の見える坂道をそぞろに下り歩む人物の姿を描いた起情の句を案じました。

  三  園児らのラジオ体操靄晴るる       山 雑

膝送りはこれより五巡目入り。三句目は3飛び早番の禿山氏に付番が回って来ました。
ご当地関連句材は前二句でお仕舞いにして、そこから大きく離れること、人情を起こした前句を承けて必ず人情を加えること、この二つを条件としました。
病床の禿山氏から、数日後に候補5句が届き、その中から選んだ初案に一直を加えたのが掲句です。朝のラジオ体操をする園児たちの姿を詠んだ本句は、前句の人物の目に映った「其場(そのば)」の手法に従ったものと解することができます。
起情の前句を承けてこれに人情他の句で応えた転じ味の良い三句目が生まれました。

  四   集ふママ友尽きぬおしゃべり      糸 雑

四句目は5飛び遅番、お待ち兼ねの遊糸さんにお願いします。雑をもう一句続けること、人情の有無は問わないものの、打越と同じ人情自は避けることを条件として示しました。
呈示された候補6句の中では初案「若き母親尽きぬおしゃべり」を良しと見ました。前句の「園児」への「対付(ついづけ)」として「母親」を配したところに転じの工夫が見えます。ただ「若き」とは言わずもがな、それは「園児」への付けから自ずと知れることなので、別の表現に言語空間を拡げたいところです。
そのような狙いから加えた最初の一直案は「ママ友集ひ尽きぬおしゃべり」で、上七の中止形にやや説明臭のある点にひっかかりを覚えて、さらに韻文性を高めたいと考え、もうひと工夫加えて掲句の句形により治定としました。
程よい付味の人情句によって前句への落着を見た四句目が生まれました。

  五  家事番は草むしりなど屁の河童      輔 晩夏

五句目は3飛び早番俊輔氏の担当。雑が三句続いたのでこのあたりで雑から夏季に転ずることにします。人情の有無は問いませんが、人情を入れるならば二句続いた人情他は避けましょう。
かかる条件を承けて呈示された初案の中から、「家事番はキャベツ料理もお手のうち」を粗選りしました。前句の「ママ友」からその夫へと目を転じて生まれた飛躍が離れ味をよくしています。ただし「お手のうち」の種目に《料理》を持って来たのは、初裏二句目にも「手料理」が出ていたので、別の領域にしたいところです。また付合の流れに目を向けると、片仮名表記語が打越から三連続する点が気になります。
そこでこれらの難点に一直を加えて「家事番は草むしりなどお手のうち」としたのですが、「手の内」は比喩表現ながら八句目の「指」と肢体関連語として障る恐れがあるので、思い切って俗な表現の「屁の河童」に替えて俳味を持たせることにしました。
親句性の強い前句二句の世界から離れた、付味の良い五句目が生まれました。

  六   女形の台詞やっと覚える        女 雑

六句目担当は5飛び遅番でお待ち兼ねの笑女さん。前句の夏を承けて晩夏または三夏で続けるもよく、一句で捨てて雑に戻るもよしという局面です。なお、歌仙では恋は一巻に二箇所で出すのが習わしとなっているので、そろそろ恋句を仕立てたいところ。その気配を感じさせるような「恋の呼び出し」の仕掛けがあれば上々吉です。
間もなく笑女さんから呈示された候補6句に吟味を加えた結果、初案「やっと覚えた江戸の世話物」に目が留まりました
短句に相応しい句調が好ましく響きます。ただ「江戸の世話物」がその《台詞》なのか、それとも《演題やその読み方》を言っているのかが判然とせず、その点にいささか甘い印象が残ります。
そこで、前句の「草むしり」を付所に、その作業をしながら素人芝居の台詞を覚えている人物と見立てた掲句のような一直案を浮かべました。「女形(おやま)」は役柄名なので、打越の人倫「ママ友」には障りなしと見ました。裏声を出す女形の台詞に併せてしなを作りながら草むしりしている姿に、一抹の滑稽味と恋の呼び出しの含みも持たせたものです。
前句を素人芝居の女役と見立てた「其人」の手法に従った、意表を突く転じ味を持つ六句目が生まれました。
(この項続く)
関連記事
とびぃ
連句
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5593-08b4edaf
trackback