02/12のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2603:別記③】《新》の意を含む語を形成する古語の構成要素にはサラよりも古いニヒがある。地名の「新潟」「新座」、姓字の「新川」「新倉」を初め、「新嘗(にいなめ)」「新枕」「新妻」「新盆」など、これを伝える例は少なからず存在する。 #jhaiku #kigo
02-12 10:49

【今日の季語2603:別記②】句中に見える「新(さら)」は《あたらしいさま》を言う和語で「まっさら」の形でも用いられるほか、「新所帯(さらじょたい)」「新湯(さらゆ)」のような接頭辞としての用法も。本語が生まれたのは江戸末期頃でその歴史は意外に新しい。 #jhaiku #kigo
02-12 05:02

【今日の季語2603:別記①】本日の例句は、《稲荷神社に奉納された鳥居がぎっしり立ち並んでいる》意を言外に潜めて、思い切り良く詠み起こした句頭の「その中に」に措辞としての面白さが感じられる。 #jhaiku #kigo
02-12 05:01

【今日の季語2603】一の午(いちのうま):初春の生活季語「初午」の別名傍題。二月最初の午の日に行われる稲荷神社の祭礼にあたるところから「初」や「一」の名を用いる。「二の午」から「三の午」まで続く年もある。◆その中に新(さら)の鳥居も一の午(高澤良一) #jhaiku #kigo
02-12 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5663-cf33aba8
trackback