02/26のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2617:別記②】今日では蝶の登場する詩歌は珍しくないが、蝶を詠んだ和歌は上記の源氏物語以前には見られず、古代日本人はこの虫に関心を寄せなかったのか、あるいは何らかの忌避意識があったのではということを思わせる。 #jhaiku #kigo
02-26 05:13

【今日の季語2617:別記①】平安期に編まれた漢字字書『新撰字鏡』(898-901頃)に「蝶」字にカハビラコ(原文万葉仮名)の和訓がある。一方源氏物語には漢語のテフ(蝶)・コテフ(胡蝶)が姿を見せることからこの虫名が定着したのは平安期頃のことと見られる。#jhaiku #kigo
02-26 05:12

【今日の季語2617】胡蝶(こちょう):三春の生類季語「蝶」の数多い傍題の一つ。単独でもその意を表す「蝶」に「胡」字を冠するのは、この字に「ひげ(髯)」の意があり蝶の触角をそれに見立てたことによるとされる。◆釣鐘にとまりて眠る胡てふかな(蕪村) #jhaiku #kigo
02-26 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5677-1dd845fd
trackback