03/25のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2644:別記③】ヘボン編『和英語林集成』には「SHAMO シャモ」の見出しはあるが三版(1886)に至っても漢字表記は示されず、大槻文彦編『言海』(1884)「シャモ」の項にも「軍鶏」は見えない。この熟字が定着したのはそれ以降と見られる。 #jhaiku #kigo
03-25 06:19

【時事都々逸】ドリルの次には ドボンと来たぞ どろんこ遊びの どが過ぎる             荒間宗海https://t.co/B0CTYE1R51#時事都々逸 #jijidodo https://t.co/kEQiC1QOMx
03-25 05:46

【今日の季語2644:別記②】例句は春祭の行事に闘鶏を行う神社近くの海岸で詠まれたものと思われるが未詳。和歌山県田辺市には源平の争いにちなむ故事を伝える「闘鶏神社」があるものの特定はできない。 #jhaiku #kigo
03-25 05:31

【今日の季語2644:別記①】例句に出る「軍鶏」は江戸初期にシャム(タイ)から輸入され、日本で改良されたシャモのこと。気性が荒く闘鶏の主役を務めることが多い。江戸期には輸出国の漢字表記「暹羅(シャムロ)」が用いられたが後に「軍鶏」にその座を譲った。 #jhaiku #kigo
03-25 05:21

【今日の季語2644】春祭(はるまつり):三春の神祇季語。田仕事の始まる時季に豊作の予祝として山の神を迎えて行うのが春祭の本来の姿であった。「祭」単独では三夏の扱いを受けるので、他季には「春・秋・冬」の語を冠する。◆軍鶏抱いて風の岬の春祭(小笠原和男) #jhaiku #kigo
03-25 05:00

#笠着 00》清書】たいへんお待たせしました。最終校合を終えた百韻「飽かぬ色に」の巻の清書をこちらにアップしました。ご一座頂いた連衆の皆さまにお祝いと御礼を申し上げます。関屋さんにはこのたびも折本製作のお世話になります。⇒https://t.co/TF1r1pFL0y
03-25 04:34

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5704-6a808331
trackback