04/23のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2673:別記③】本句の詠まれた時期には下二段動詞の一段化がすでに起きており、作者はこれに基づく「でれば」を用いたか、あるいは一時代前の古形「づれば」に従ったかのいずれかと見て差し支えない。あえて規範文法を持ち出して字余りを招く必要はない。 #jhaiku #kigo
04-23 05:20

【今日の季語2673:別記②】例句中七「出れば」は、文語文法に従って「いづれば」と読めば字余りになるが、この動詞の基本形はイヅ(出)からイヅルを経て中世末期に語頭を脱落したヅル(下二段)に転じ、さらに近世にデル(下一段)に変化したことに目を向けたい。 #jhaiku #kigo
04-23 05:14

【今日の季語2673:別記①】例句の作者は江戸後期の尼僧で美濃派の俳人で寛政三年(1790)に宇治黄檗山萬福寺を参詣した折の吟。寺の中国的雰囲気から唐土にいるような気分でいたのが、山門退出時に耳にした茶摘唄ではっと我に返った、その驚きを詠んだもの。 #jhaiku #kigo
04-23 05:01

【今日の季語2673】茶摘唄(ちゃつみうた):晩春の生活季語「茶摘」の傍題の一つで、「茶摘女」「茶摘籠」などと類縁の季語。かつては晩春から初夏の時季にかけての風物詩の一つであった。◆山門を出れば日本ぞ茶摘うた(菊舎) #jhaiku #kigo
04-23 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5733-ddb2816b
trackback