06/30のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2741:別記④】このウンノミのウンは、相手への同意を表す語で、何でもウンウンと肯定する様子を表したものが、後に《鵜が魚を呑む》意のウノミの意に解され、旧形ウンノミを駆逐して通用するようになったと解することも可能である。 #jhaiku #kigo
06-30 05:04

【今日の季語2741:別記③】一方同書の「ウ(鵜)」の項には、「鵜吞みをする」の用例と語釈の後に、「上(カミ=近畿地方)ではウンノミニスルと言う」とあり、当時の中央ではこの形が通用していたことを示している。なおこのことは日本側の文献からも確認される。 #jhaiku #kigo
06-30 05:03

【今日の季語2741:別記②】キリシタン編『日葡辞書』本編<1603>ウノミの見出しには「ウノミまたは、ウンノミ」とあり、「鵜がするように、噛まないで丸呑みにする」という語義解説を施す。当時すでにこの語源説とともに、両語形のあったことが知られる。 #jhaiku #kigo
06-30 05:02

【今日の季語2741:別記①】食物を噛まずに飲み込む意から転じて、内容を理解せずにそのまま受け入れることをいうウノミという語は、鵜が魚を丸呑みにする様に擬えた《鵜呑み》の意から出たとされ、漢字表記もそれに従うのが通例であるが、これには別の語源解もある。 #jhaiku #kigo
06-30 05:01

【今日の季語2741】鵜匠(うしょう):三夏の生活季語「鵜飼」の傍題の一つ。飼い慣らした鵜に首縄を付けて巧みに操りながら鮎などの川魚を獲る。長良川では伝統的な衣裳を纏って見物客を喜ばせる。◆篝火に影絵のごとき鵜匠かな(金久白楊) #jhaiku #kigo
06-30 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5801-73452804
trackback