09/21のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2824:別記⑤】ここに「菜種」とあるところから、このケシは「罌粟」ではなく「芥子」であることは明かであり、当時はカラシナの種がこう呼ばれていたことを示している。 #jhaiku #kigo
09-21 05:12

【今日の季語2824:別記④】南北朝時代の連歌集『莬玖波(つくば)集』<1356>に収める「我が心菜種ばかりになりにけり 人食ひ犬にけしと言はれて」には、「犬を"けし"かける」のケシにこの植物名が掛詞として用いられている。 #jhaiku #kigo
09-21 05:11

【今日の季語2824:別記③】「罌粟」が日本に到来したのは、室町時代の南蛮貿易によりインドから津軽地方に伝来し、初めは地名に因んでツガルと呼ばれたという。それが後に、ケシ(芥子)の粒が小さいところから混同され「罌粟」がケシの名で呼ばれるようになった。 #jhaiku #kigo
09-21 05:03

【今日の季語2824:別記②】ケシには「芥子」「罌粟」両様の漢字が当てられるが、前者は本来アブラナ科のカラシナの実やこれから採った香辛料の呼称で、ケは《からし》を指す「芥」の呉音読み、シは《種》をいう「子」の字音にあたり「罌粟」とは別の植物名であった。 #jhaiku #kigo
09-21 05:02

【今日の季語2824:別記①】発芽したケシにはモルヒネ成分が含まれる品種があるため、日本では『あへん法』に触れるのを避けて、あんパンの皮や七味唐辛子などに用いる種子には加熱による発芽防止処理がなされている。 #jhaiku #kigo
09-21 05:02

【今日の季語2824】罌粟蒔(けしま)く:仲秋の生活季語。この時季に蒔かれた種は十日前後で発芽し、冬を越して五月頃に可憐な「罌粟の花」を開く。◆けし蒔(まく)やこの月の夜にあやかれと(流水) #jhaiku #kigo
09-21 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5884-2ec734e9
trackback