09/24のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2827:別記④】ボラは水面上を躍り跳ねる習性を持ち、例句をはじめ「鯔の飛ぶ夕潮の真ツ平かな(河東碧梧桐)」「鯔飛ぶや遊行寺前の川の幅(石田小坡)」「鯔とべり豊年の川上り来て(茨木和生)」など、その跳躍ぶりを眼目とした詠句が少なくない。 #jhaiku #kigo
09-24 06:40

【今日の季語2827:別記③】この魚が成長しきった最後の呼称がトドであることから、物事が最終的な状態に至ったことを表す成句「とどのつまり」が生まれたとされる。その裏には、先のない状態をいうトドマル・トドメル(止)のトドへの類推も働いていたか。 #jhaiku #kigo
09-24 05:03

【今日の季語2827:別記②】成長期の魚名ボラの語源は不明だが、古い文献には姿を見せないことや濁音が語頭に立つところなどから、中世後期頃の俗称から出たものかと見られる。 #jhaiku #kigo
09-24 05:02

【今日の季語2827:別記①】ボラは地域によって異同はあるが、成長に応じてオボコ>スバシリ>イナ>ボラ>トドなどと名を変えるところから、かつて人が出世するにつれて次々と名を変えたことに擬えて「出世魚」として喜ばれ、めでたい折の料理などに用いられた。 #jhaiku #kigo
09-24 05:01

【今日の季語2827】鰡・鯔(ぼら):仲秋の魚類季語。沿岸海域に棲むが,幼魚期には河川中流域まで遡るところから、成長段階に応じた異名や「江鮒(えぶな)」「名吉(なよし・みょうぎち)」などの傍題も。◆廓女(くるわめ)に鯔とぶ海も暮るるなり(林原耒井) #jhaiku #kigo
09-24 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5887-bf5ef60a
trackback