10/16のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語2849:別記④】松ぼくりは枯れ残った姿を長く留めるので、季語としての独立性は薄く、他季語と併用した吟が圧倒的に多い。これを季語として扱わない歳時記が多いのもそのためであろう。 #jhaiku #kigo
10-16 05:04

【今日の季語2849:別記③】上記のように、マツカサが和歌、マツフグリが俳諧に初出例が見られるのは偶然ではなく、両語には雅と俗の対立があってそれが文芸に反映したものと解される。 #jhaiku #kigo
10-16 05:03

【今日の季語2849:別記②】原形のマツフグリは室町後期の俳諧集『竹馬狂吟集』<1499>に見えるが、これよりも別名「松毬・松笠(まつかさ)」の方が古く、延喜二一年<921>に催された歌合に収める和歌に使用例がある。 #jhaiku #kigo
10-16 05:02

【今日の季語2849:別記①】この呼称は、その形を人間の陰嚢に見立てた「マツ(松)フグリ(陰嚢)」が原形で、その濁音の位置が前項に移ってマツブクリとなり、さらにマツボクリに転じた形に促音が加わってマツボックリの形が生まれた。 #jhaiku #kigo
10-16 05:01

【今日の季語2849】松(まつ)ぼくり:「青松笠(あおまつかさ)」を指す晩秋の植物季語「新松子(しんちぢり)」の傍題で、熟して種をこぼすまでに育ったものをこの名で呼ぶ。「松ぼっくり」はその変化形。◆松ぼくり前に後ろに一茶句碑(高澤良一) #jhaiku #kigo
10-16 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/5909-80238bcf
trackback