FC2ブログ
 
11/03のツイートまとめ
twryossy

【今日の季語3232:別記④】語構成に関する認識を疎かにして、語感面などから「~ドナリ」の連濁形を嫌ったりするのは頂けない。この形が好ましくないのであれば「両隣」「垣隣」なども同列に扱わねば辻褄が合わないことになろう。 #jhaiku #kigo
11-03 05:04

【今日の季語3232:別記③】本題を、「冬」と「隣」が《冬ガ隣ル》の主述関係に立つ名詞句と見れば、傍題「冬隣る」と同様にトナリと清音に読まれるが、これを《冬ノ隣リ》の修飾関係相当句と見れば、「西隣」などと同じ連濁形ドナリの読みも成り立つ。 #jhaiku #kigo
11-03 05:03

【今日の季語3232:別記②】本題の「隣」はトナリ・ドナリの清濁両様に読まれ、同じ歳時記でも季によってゆれを見せることもある。ここには語構成に関する問題が潜んでいる。 #jhaiku #kigo
11-03 05:02

【今日の季語3232:別記①】傍題の「冬隣る」におけるトナル(隣)はトナリの動詞形で、一般にはサトル(悟)からサトリが生まれるように、動詞が名詞を派生することが多いが、本例では逆に名詞のトナリが動詞化してトナルを生んだと見られる。 #jhaiku #kigo
11-03 05:01

【今日の季語3232<310】冬隣(ふゆとなり):晩秋の時候季語で「冬隣る」「冬近し」などの傍題でも。間近に迫った次の季節をいう「隣」は四季いずれにも用いるが、晩秋のそれには何とはなしに慌ただしさが感じられる。◆顔洗ふ水のかたさよ冬隣(手嶋千尋) #jhaiku #kigo
11-03 05:00

関連記事
とびぃ
一般
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://tobby70.blog83.fc2.com/tb.php/6292-a99d13e5
trackback